So-net無料ブログ作成

2013.6.25 権兵衛が種蒔きゃ烏がほじくる [鳥害など]

 直播きする豆類として、いんげん豆、十六豆(ササゲ)、晩生枝豆の3つがある。種を畝に埋め込んでおけば勝手に芽吹き、勝手に育ってくれるから楽である。
 それが、昨年は、晩生枝豆が全滅した。カラスかどうかは不明だが、根が出て豆が地面から持ち上げられると、鳥が突いてしまうのである。
 従前はこうしたことはマレであったのだが、昨年から被害に遭うようになった。
 そして、今年はどれもこれも被害に遭う。
 大した被害でないものは追加種蒔きで済ますのだが、十六豆の第2弾は追加種蒔き分もやられた。
 今朝、被害を発見した十六豆は、ポット苗を明日にでも作るしかなかろう。

 なお、鳥害が酷いという友人は、畑の何処かにまとめて種を蒔き、不織布を掛けて発芽させ、ある程度の大きさになったら移植していると言う。
 でも、うちは栽培株数が少なく、ポット苗の方が面倒くさくない。

 来年からは、全部ポット苗にした方が早いかもしれない。
 権兵衛が種蒔きゃ烏がほじくる、参りますなあ。 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0