So-net無料ブログ作成

2013.9.27 サツマイモの葉が害虫に食われる被害発生 [病虫害]

 サツマイモの栽培を始めて2年目。昨年は虫害はありませんでした。でも、今年は、1週間ほど前に気が付いたのですが、一部のサツマイモにかたまって虫害が発生していました。葉っぱが部分的に茶色になり、それが1枚の葉っぱ全体に広がり、中には部分的に葉脈だけが残っているものもあります。
 それがだんだん広がり、昨日には5割方が全体にどれだけかの被害を受け、隣接する晩生枝豆にも影響が及びそうな状態になってきました。
 被害は下の写真のとおり。
DSCN0224.JPG

 晩生枝豆を長年栽培しているのですが、この時期になると同様な虫害が発生することが時々あります。被害が軽ければ放置し、強ければ適当に農薬を選んで噴霧してきました。
 今般のサツマイモの被害は、放置しておいては葉っぱが大半なくなってしまいそうに思え、収穫量に影響しそうですから、今日、農薬噴霧することに。
 たまたま噴霧器にけっこう残っていたものをそのまま使うことにしました。柿のヘタ虫駆除に使っている「パダン」で、柿ではなく、適当にビタミン大根に使った使い残しです。
 
 後から調べてみると、サツマイモも晩生枝豆も葉っぱを食った害虫は、どうやらハスモンヨトウのようですが、そうでもない感じもし、何ともいえません。「パダン」は、どちらも適用作物にも適用害虫にもなっていませんが、似たようなイモムシ。効いてくれないかと祈っています。

 それにしても、小生の農薬の使い方は実にいいかげんなものです。
 今日、この記事を書くに当たり「パダン」の説明書きをじっくり見たら、「ナスには薬害があり使用してはならない」とありました。“へえー、農薬は昆虫類には害になるものの植物には無害だと思っていたが、そうでないものもあるんだわ。”ということを初めて知った次第です。
 小生が農薬使用をきちんと決めているのは、柿のヘタ虫に「パダン」、コゴメ(アブラムシ)には「ベストガード」、ハクサイには「定植穴にオルトラン粒を撒く」だけで、あとは“何でもいいや”とばかり、噴霧器に使い残しがあればそれを使い、空であれば何だか知らない残り物の農薬を溶いて使っています。気まぐれ、思いつきで農協に注文してしまった農薬が3瓶ほどあるのですが、何に使っていいのか分からなくなってしまっています。
 先日、ビタミン大根に「パダン」を使ったのですが、その畝に張ってある防虫ネット内に小バエがたくさん飛んでいましたから、これを全滅させるには、たぶん強い農薬と思われる「パダン」(これを買うにはハンコがいり、未開封が2瓶もある)が良かろうと、素人考えで選択したところです。数日後に見てみたら、きれいさっぱりいなくなっていました。“よく効いたな、やっぱ、これは。”です。
 なお、農薬を溶くときに展着剤をほんの少し垂らし、葉っぱに農薬が乗りやすいようにはしています。でも、葉がツルツルしているキャベツ類や里芋には展着剤の効果はなさそうな感じですが。

 最近、といっても農薬なんてなかなか減らないですから一昨年、広範囲に使えるスミチオン乳剤(これはハンコがいりません)を購入して、以後これをなるべく使うようにしています。
 ついでながら、今年、自宅前の畑に2本植えてあるピーマンの軸にカメムシがいっぱい張り付き、スミチオン乳剤を噴霧しても効果はなく、代わりにキンチョールを噴霧してやったらけっこう効いた感じがします。でも、全滅させることはできず、ゴキブリ用殺虫剤なら効くかも、なぞと素人考えをしています。そのカメムシも朝が冷え込むようになったせいか、今は見あたりません。

 それと、もう一つ。農薬の濃度ですが、以前は、説明書きに書いてある濃度の2倍ぐらいにして使っていました。“濃ければ、しっかり効くだろう。”との思いからです。しかし、そうしたところで駆除効果が高まるものではないということを専業農家の同級生から聞き、以降は所定の濃度にしています。濃くすると、きっと植物に余計な負担が掛かるのでしょうね。

 いずれにしても、あまり使いたくないのが農薬です。今年はコゴメ(アブラムシ)の発生が少なく、「ベストガード」を使わずに済みました。冬野菜ではハクサイが玉を巻いたら何か使わねばならないかもしれませんが、できたら農薬不使用で済ませたいものです。

(10月2日追記)
 農薬の効果はなかったみたいだ。あれから被害がほんの少しだが広がっている。お隣の畑もサツマイモの葉っぱが同様だ。葉っぱに虫が付いているのかな、と思い、見てみるも虫は発見できず。
(10月5日追記)
 その後も被害が広がるも大したことはなさそうだ。
(10月17日追記)
 被害は10月5日ぐらいで止まった感じ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0