So-net無料ブログ作成

2014.6.30 ぺピーノの苗木をいただき栽培するも枯らかす [果樹一般]

 ヤーコンの種芋や苗を差し上げたお礼にと、ある方が花木、果樹、ハーブなどの珍しいものを、事ある毎に何かくださる。
 先日は、ぺピーノをいただいた。ぺピーノもいろいろあるようで、いただいたのは「ペピ-ノ ロイヤル」で早生種らしい。
 謳い文句は、“そのまま食べられる高級トロピカルフルーツ、生食・サラダ向き、ジャム向き”となっている。スイカとメロンを足した味で、食感は洋ナシとのこと。
ぺピーノ.jpeg

 原産地はヤーコンと同様に赤道直下のアンデスであり、低温・高温ともに弱いようだ。
 ヤーコンはキク科の多年草だが、室内に避難させても冬の寒さでたいていは枯れてしまうから、実質1年草の扱いとなる。芋ができるから、その芋(上部の根塊)を切り分けて春に芽吹かせる。
 ペピーノはナス科の多年草とあるが、ヤーコンと同様に寒さに弱いから、実質1年草の扱いになるようだ。種から芽吹かせるのは難しいようで、挿し木が一般的なようである。

 果物大好き人間の小生であるからして、何とかして実を収穫したい。しかし、もうこの時期、最高気温は30度を越える日が出てくるから、ペピ-ノとっては暑すぎる。
 繊細な野菜のようであり、ヤーコンよりも栽培が難しそうだが、何とかして実を収穫したいものだ。取りあえずは鉢植を置く場所を吟味しよう。

 栽培法について参考になりそうなサイトが幾つかあったが、その一つを示しておこう。
 http://tropikalfruit.net/plantguide/pepino.html

(7月26日追記)
 昨日から猛暑となった。庭石の上に置いてあり、これでは土の温度が上がり過ぎるから、半日陰に避難させた。なかなか大きくならない。鉢を大きくしないといかんか?
(後日追記)
 真夏の水やりを切らかしてしまい、枯れてしまった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0