So-net無料ブログ作成

2014.12.22 ハクサイ・キャベツの防虫ネットを外す [病虫害]

 無農薬栽培をしたいから、飛んできた虫によって虫害が起きないよう、防虫ネットを張っていたハクサイとキャベツ。
 ハクサイは畑に定植した9月30日に掛け、キャベツ(夏キャベツ)は7月13日に掛け、収穫した箇所に冬キャベツを9月初めに定植し、ネット掛けしていた。
 なお、ハクサイは2畝栽培し、1畝は防虫ネット掛けし、1畝はネットなしである。キャベツもネットが掛かっていないもののほうが多い。
 今の時期になっては、飛んできた虫によって虫害が起きることはない。どちらも収穫中だが、今では地中に潜んでいたヨトウムシの類による被害が少しずつ出てきたといったところだ。
 さて、昨日収穫したハクサイ3株はネット掛けした畝で、1株に猛烈にコゴメ(アブラムシ)が湧いていた。隣の株にも少々見られる。一方、ネット掛けしてない畝は、そのようなことはない。
 ということは、ネットにより風通しが悪くなり、コゴメが湧いたとしか考えられない。
 そこで、今日、ハクサイ・キャベツともにネットを外すことにした。
 今年は全体に虫害が少ない感がし、ハクサイ・キャベツともに虫害はネットの有無に関係ない、かえってネットはコゴメを呼びこんだ、という結果になった。
 本格的なネット張りは去年、今年と2年間しか経験がなく、来年も試験的に行う予定だが、ネットは11月終わりには外したほうが良さそうだ。
 ただし、2月には鳥害があることがあり、ハクサイはまれだが、キャベツが狙われる。再度防虫ネットで代用せねばならないだろう。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0