So-net無料ブログ作成

2015年 盆栽棚を撤去し、畑にする [作付け計画]

(9月14日)
 15年前に死んだ親父が盆栽をやっており、冬越し用に納屋の南に棚を作り並べていた。その後、その管理をおふくろがやっていたが、1鉢枯れ、また1鉢が枯れといった状態で、残すは3、4鉢となり、これは母屋の軒下に置いてある。
 よって、これを撤去することにした。
 ここは、適当に鉄柱などを組んで物干しにも利用しているので、まずそれを解体し、板やコンクリートブロック・プラスチックケースを除け、その他諸々の粗大ゴミを片付ける。
 次に、巨大になる樹木のような草花2種類を切り倒し、これの根を掘り起こすのは不可能で、かつ、来年また大きく成長するから、除草剤で枯らすべく、ラウンドアップの原液を切り口に垂らす。これで枯れてくれることだろう。
 雑草を刈り取って堆肥場に捨て、幅1m長さ5mほどの空地ができた。途中に浄化槽へ通じるマンホールがあり、1m四角と1m×3mに2分割して何か作付けできる。なお、物干しは、その直ぐ南側にも設置されているから、作り直す必要はない。
 ここをどう利用するかであるが、1m四角とマンホール併せて1m×2mは植木鉢でも置く場所に使うしかなかろう。1m×3mは、畑のあちこちに1人生えしているフキを移植してフキ畑にでもするかである。
(9月16日)
 納屋側に1畝作り、フキを移植することとした。
(10月)
 隣接して南側に菊を1畝移植することとし、畝整備を始めた。なお、菊はマンホールによって2つに分断されることとなった。翌年2月に菊を移植。
(2016年7月)
 フキは非常に好調で多すぎて食べきれない。菊もビッシリ生え揃っている。2畝がうまく整備できた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0