So-net無料ブログ作成

24節気毎の野菜収穫見込み:小寒から大寒まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 「24節気の健康と食養:小寒から大寒まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

 うちの自家栽培野菜などの状況をご紹介させていただきます。
 冬野菜は今期は高いようです。11月にまれにみる低温となり、生育が随分と遅れたからでしょう。うちも、大根、小松菜、カブの成育が遅れて小振りであったり、ハクサイは玉を巻かなかったりしています。でも、自家消費分は十分に採れ、毎日幾種類も食卓にのぼります。
 順調に生育したのは、キャベツ、カリフラワー、ブロッコリー、ホウレンソウ、春菊で、ただいま収穫中です。ニンジンの収獲は年末に終わり、冷蔵庫で少々保管中。
 畑の際に1本あるユズも例年どおり実を付け、何かと使わせていただいています。
 ゴボウは栽培していませんが、ゴボウの特徴的な成分「フラクトオリゴ糖」(これはすぐれものです)をゴボウの3倍も含むヤーコン芋をたくさん作付けし、毎日のように料理に入れています。ヤーコン芋は、そのフラクトオリゴ糖の働きで整腸効果抜群。ヤーコン芋の大半を当店のお客様に差し上げているのですが、お通じが良くなったと大好評です。参考までに、ヤーコン葉は糖尿病改善にとてもいいです。
 (参照 当店[三宅薬品]のホームページ:ヤーコンの魅力

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。