So-net無料ブログ作成
検索選択
奉仕活動 ブログトップ

公園「ちびっこ広場」の草刈・除草剤噴霧記録 [奉仕活動]

 自宅の隣にある公園。その名は「ちびっこ広場」。10アール程度はあろうか。隣にある寺の所有だが、町に無償で貸して公園として整備してもらったもの。その管理は、町から地元の自治会に任せられている。そして、近年は、自治会長一人で草刈と除草剤を撒くことが慣例となっていた。
 これでは自治会長に負担がかかりすぎるから、隣のよしみで、小生と隣家の新家(分家)の若い衆が草刈を手伝うことにしていたものの、その若い衆が若死にして、手伝いは小生一人になってしまった。
 自治会も改革せねばと、2011年度の自治会長さんが班長さんと子供会役員に呼びかけ、5月定例の町内清掃の日の日曜日に花壇の草取りを中心に手伝いをお願いされた。
 それ以降は、清掃の日の前日辺りに、自治会長と小生が草刈りを行ない、当日は班長さん方が花壇の草取りをし、自治会長と小生が中心になって草の搬出(隣にあるうちの休耕田へ)をするといった形になった。
 さらに、2人での草刈りは大変だからと環境美化監視員が加わったり、また、ボランティア1名も参加されたりし、2013年は3人になり、2014年は草刈隊が4人に。その後は概ね4人でやることができるようになった。
 2015年頃からは除草剤噴霧もけっこう行うようになり、公園が草ぼうぼうとなることはまずなくなった。また、自治会長が広く会員に呼びかけて、年に2回ほど何人かが清掃(刈った草の収集と花壇の草引き)に加わるようになって来た。
 なお、自治会長は年間計画を立てたり、実施の1、2か月前に役場へ補助申請したり、大変だが、草刈や除草剤噴霧の適期は天候に大きく左右されるから、実施日は小生が決めることにしているも、その調整に苦労させられるところである。

<2017年>
(5月20日:草刈:第1回)
 参加者は小生の他に歴代自治会長3名。8時頃から始め、途中に休憩を挟んで11時半頃に終了。草刈機の使用に慣れた者は小生を含めて2人しかいなく、けっこう時間がかかってしまった。
 4月に部分的に除草剤を個人的に散布しておいたので、雑草が繁茂した場所は少なかった。
(5月21日)
 自治会会員が8時過ぎに10名ほどあつまり、皆で草集めや花壇の草引き。8時45分には終了。子供会が9時15分に来るというから、しばし待機。
 今年は一輪車が1台しかなく、休耕田への搬入は最小限で済んで、後処理が助かった。大半を町指定ごみ袋に詰め、直ぐ近くの集積場へ。
(6月10日:除草剤:第1回)
 草刈(5月20日)して20日ほど経つ。除草剤散布していい時期だ。5日前に西側フェンス際を小生がついでにやっておいた。
 予定を1日早めて今朝実施。新旧自治会長と小生の3人で行なう。
 花壇にコスモスが生えているが、西の方だけは今朝除草剤を散布し、絶やすことに。他は自治会長に話をして後日実施。これで今年はコスモスの残骸処理をしなくて済む。
(6月12日)
 休耕田土手(南)の道路沿いに除草剤噴霧のついでにコスモスにも除草剤噴霧。
(6月19日)
 公園のやり残しが3か所あり、須賀前の土手(東側)のついでに除草剤を噴霧しておいた。
(7月11日:除草剤:第2回)
 今年は6月7日に梅雨入りしたが、そのご2週間雨なしで草の伸びは少ない。7月21日ラジオ体操開始から逆算して10日前の7月11日に除草剤を噴霧することに。新旧自治会長と3人で実施。
(7月16日)
 公園のやり残しを部分を除草剤噴霧。なお、除草剤に非常に強い草(双子葉植物)があることを今回初めて知った。
 21日のラジオ体操の後で、子供会と公園清掃があるが、枯草は小さいからそのままでよく、ほとんどなにもすることがない。
(8月10日:除草剤:第3回)
 今年は実質上、梅雨がずっと続いており、草が伸びる。急きょ除草剤噴霧することにし、新旧自治会長と3人で実施。
(10月8日:草刈り:第2回)
 一応予定しておくことに。

<2016年>
(5月13日:草刈:第1回)
 参加者は小生の他に自治会長や前自治会長など有志で総勢5名。9時頃から始め、途中に休憩を挟んで11時半頃に終了。やっぱり人数が多いと簡単に終わるものだ。刈った雑草は部分的にだが所々にかき集めておくだけで終了。
 腰痛をかばいながら、何とか無事に済んだ。
(5月15日)
 町内清掃の後、9時頃から班長さんなど人が集まり始め、最初は4人で開始し、遅れて1人参加。子供会は30分ほど遅れて何人か参加。
 2、3人が一輪車で、公園と道路を挟んで北側にあるうちの休耕田の隅に、2日前の草刈で出た雑草や落ち葉を運び込む。そして、花壇の草引きで出た雑草も同様に運び込み。
 10時過ぎに終了。
(5月29日:除草剤:第1回)
 昨日の晩に自治会各種団体の会合があり、今年の除草剤散布日を自治会長と相談しようと思っていたが、自治会長は会合中は何かと忙しく、話半分で終ってしまった。
 ところが、帰りがけに前自治会長と顔を合わせ、明日除草剤を散布すれば夕刻から雨だから立入禁止は1日だけで済み、2人で撒かないかと呼びかけたら、いいよと返事があった。
 そこで、朝8時から1時間半ほど除草剤を散布。終ってから自治会長に報告。そしたら、これにも補助金がつくから写真を撮りたいとのことで、自治会長の到着を待つ。なお、公園封鎖は自治会長が行う。
 雑草の多くは、まだ芽吹いたばかりといったところだが、十分に除草剤が効いてくれたことだろう。
 去年より2週間ほど早めの散布だったから、7月半ばの草刈のときには雑草が伸びすぎているかも。
 なお、花壇や公園の西際にはコスモスが生えていたが、除草剤を掛けて絶やすことにした。花が散った後の後始末が大変だからである。
(6月6日)
 ついでがあったので、一人で勝手に除草剤を追加で散布。西側フェンス近くで雑草の芽吹きがあり、西面花壇でコスモスの芽引きがあり、これらを絶やすことにした。
(7月初め:除草剤:第2回)
 自治会長が除草剤を噴霧。
(7月16日:草刈:第2回)
 除草剤のお陰で枯草が大半で草はわずかしか生えていない。でも、間もなくラジオ体操で使うから、綺麗にしておきたい。自治会長、環境美化監視員の3人で、ざっと草刈をする。8時前に始めて9時には終る。
(7月21日)
 今日から始まったラジオ体操の後で、刈り取った草を少々集めたり、花壇の草引きを皆で行う。落ち葉がけっこうあったものの、草は少々であった。
(8月13日:草刈:第3回)
 あれ以来、けっこう雑草が伸びた。自治会長に話をし、ついでがあるから1人で刈っておくことに。東半分をあらかた草刈機で刈り取った。
 そのまたついでだが、神社の草が生えているところを草刈機で草刈。
(9月30日:草刈:第4回)
 ここ4年間、夏の雨が段々多くなり、それに伴って、公園の雑草が茂りに茂り、今年は過去最大となった。
 8月下旬には草刈せねばならない状態であったが、そのとき草刈しても、また1か月後には草刈せねばならないだろうから、自治会長とも相談し、見送った。
 9月半ばの大きな行事(神社、自治会)が終わり、下旬には草刈することにしていたが、自治会長の都合で、29日に予定されたが、雨で順延となり、今日となった。
 総勢4人の参加。新旧自治会長と3年前の自治会長それに小生。4人いれば早いもの。実働1時間半。
 さて、刈った草をうちの休耕田へ搬出せねばならないが、それは10月9日が予定されている。少々先になるが止むを得まい。
(10月10日)
 予定の9日は雨で順延。本日、放置してある枯草ををうちの休耕田へ搬出した。
 広く呼びかけがあり、初めての参加者が数名あったが、班長さんの参加は少なかった。

<2015年>
(5月15日:草刈:第1回)
 参加者は小生の他に、自治会正副会長、環境美化監視員、前自治会長。
 8時頃から始め、途中に休憩を挟んで10時頃に終了。やっぱり人数が多いと簡単に終わるものだ。その日は刈った雑草は所々にかき集めておくだけだ。
(5月17日)
 今年初めてのやり方だが、自治会役員、子供会役員と子供たちが3班に分かれて、公共施設(通学路地下道、神社境内、公園)の清掃を行うことになった。
 小生は神社総代長の役職にあるから神社に行ったので、例年行う公園の刈り取った草や当日行う花壇の草引きで出た雑草の処理がどのようになされたのかは分からなかった。単に、公園と道路を挟んで北側にあるうちの休耕田の隅に放って置けばいいと言っておいただけ。
(6月10日:除草剤:第1回)
 今年の除草剤散布は、自治会長と小生の2人で今日の午後に行うことになった。噴霧器を使用して1時間半かかって終了。5月15日の草刈後、わりと雨が少なかったから、雑草の伸び方は大したことなく、除草剤を撒くのにちょうど良い時期と思われた。
 なお、そのあと、小生(神社総代長)一人で神社の除草剤噴霧。こちらは1時間で終了。草の生え方はごく少ない。
(6月26日)
 草刈りから1か月以上経った今日、休耕田に山と積まれた枯草を、うちの畑でヤーコンなどの畝の雑草抑えと乾燥防止に使おうと、かき集めてダンボール箱などに詰め始めた。ところが、公園の小砂利や石っころが随分と混ざっている。これでは、そのまま畑へもっていくのはまずい。そこで、少しずつ手で篩い、石っころは跳ねだし、小砂利はなるべく入れないようにして箱に詰めることにした。
 こうして、過半は持ち出したが、まだ随分と残っている。というのは、昨年の第2回公園草刈で出た雑草はそのままにしてあったからだ。下の方はけっこう堆肥化しており、これは、うちの休耕田の道路側にコスモスを栽培しているから、コスモスが十分な背丈に生長した後で、雑草抑えと肥料化をかねてばら撒くことにしよう。小砂利が混ざっていても、ここなら問題ない。
 いずれにしても、公園から出る雑草の処理は、毎年毎年その都度行わないと、なんせ量が多いから大変だ。
(7月20日:草刈り:第2回)
 明日からラジオ体操で公園を使うから、今日、自治会長さん他3名で今年度第2回目の草刈。8時前から始め、10時には終了。
 今年の草丈は短く、草集めは明日のラジオ体操後に実施することに。
(7月21日)
 初めてラジオ体操に参加。その後で、子供会役員と子供、自治会班長で、花壇の草引きと昨日刈り取った草集めを実施。
(9月中旬:除草剤:第2回)
 自治会長一人で実施。
(10月11日:草刈り:第3回)
 一昨年も夏に雨がけっこう多かったが、昨年はさらに雨が多かった。そして、今年は過去に例がないほど雨が多かった。よって、雑草が茂りに茂った。
 9月初めには草刈せねばならない状態であったが、放置され、9月中頃に自治会長が1人で除草剤を撒かれた。全面が枯草で覆われた。
 9月末に自治会長が班長の他に有志を回覧板で募り、10月11日に草集めを計画された。自治会長は、熊手で引っ掻けば雑草が抜けると考えられたのである。そのような報告が月初めにあったのだが、経験者語るであり、“それは不可能。草刈機を持ち出すしかない。”と話をした。そしたら、8、9、10日あたりに自治会長の会社従業員が大半の草刈をされた。なお、班長さん1人も9日に少し草刈をされた。
 そんなことから、11日は残り少ない雑草を小生ともう1人の班長さんで草刈し、他の方は草集めの仕事。枯草は刈りにくく手間が掛かったが、9時過ぎには終了。

<2014年の記録>
(5月11日:草刈り:第1回)
 サラリーマンの自治会長の都合で清掃の日の1週間前の今日実施することになった。8時半頃から始め、途中に休憩を挟んで10時頃に終了。やっぱり4人ともなると簡単に終わるものだ。
(5月18日) 
 清掃の日に公園周りの花壇の草引きと今日刈った草の搬出作業。これは、道路を挟んで反対側にあるうちの休耕田に積み上げれば良い。一輪車を提供し、小生も少々手伝う。
 なお、休耕田に積み上げた落ち葉(今年は自治会長が事前に大半をかき集めごみ出ししてしまった)と雑草は、後日、小生が作付けしているコスモスの畝に敷き、雑草押さえにすることとする。それは翌年度の堆肥となり、一石二鳥。
(6月8日:除草剤:第1回)
 除草剤噴霧は、過去、やったりやらなかったりであったが、今年はやることになり、初めて小生もその手伝いをすることになった。雑草が伸びだしてきており、少々遅いぐらいである。
 4人で行うことになったから、早いものである。ただし、草刈と違って、既に除草剤を散布した場所かどうか判別できない。ダブって撒いたり撒き忘れがあったりしただろうが、まあ良かろう。
 1時間もかからず終了。何人かでやると苦にならないものだ。
(7月12日:草刈り:第2回)
 初夏の陽気で雑草も伸び始め、6月上旬に自治会長さん他3名(小生を含む)が除草剤を噴霧したので、雑草の勢いは一旦弱まったが、ここのところの雨で、けっこう目立つようになった。
 )自治会長さん他3名で今年度第2回目の草刈。8時前から始め、刈った草の処分も行い、10時半過ぎに終了。
 なお、昨年と同様に、子供会の最初のラジオ体操のとき、花壇の草引きが行われるとのこと。
(9月22日:草刈り:第3回)
 昨年も夏に雨がけっこう多かったが、今年は過去に例がないほど雨が多かった。よって、雑草が茂りに茂っている。
 本来ならば、8月下旬にやらねばならない状態であったが、小生も自治会長も日程が採れず、その後も延び延びになり、やっと今日9月22日に実施することとなった。
 参加者は他に環境美化監視員さんと前自治会長で、計4名の予定であった。でも、うち2名は大型ゴミ集積場監視で9時ごろにしか来れない。よって、前自治会長と小生で8時から先に取り掛かることになった。
 間もなくして自治会長の奥さんが見えたし、前自治会長のお孫さんは初め遊んでいたが、途中から草運びを手伝ってくれた。
 人手が多かったものの、終了したのは12時。少々疲れました。

<2013年>
(5月中旬:草刈り:第1回)
(7月中旬:草刈り:第2回)
 自治会長さんと相談し、本日、草刈機で草刈りすることにし、7時過ぎから2人で作業開始。なお、自治会長夫人も草の片付けの応援に来てくださった。
 途中2回休憩を入れ、11時を過ぎたところで、あと少しで草の片付けが終わろうというものの、暑さで中止。残りは自治会長夫妻が夕刻に行われることとなって、小生はお役御免。
 なお、今年は花壇の草が少ないので、班長さん方の草引きは無し。
 子供会の最初のラジオ体操のとき、花壇の草引きが行われるとのこと。
(9月23日)
 今年は夏に雨が多く、9月初めには草ボウボウとなってしまった。
 自治会長は9月15日までは諸行事で忙しく、それが済んでからやろうということになり、自治会長は勤め人であり23日がいいと言う。しかし、小生は都合が付かない。そこで、先に小生だけで今日草刈りを半分実施することにした。
 朝7時から始めようとしたが、納屋へ行くとチップソウの予備がない。3枚はいるだろうから、買ってこなければならない。よって、ホームセンターが開く10時過ぎまで草刈りは遅らせ、家の雑仕事をして、その後、先日の台風で倒れた公園のフェンス内側のコスモスを起こして、ビニールテープを張って倒れないようにしておいた。9時前に開店準備を済ませ、10時にホームセンターへ行きへ行き、チップソウを4枚購入。
 そして、3時間ほどかけて、公園の半分を刈り終える。グッタリ。
 刈り取った草を搬出する気力はもうなく、そのまま放置。
(9月22日追記)
 今朝、時間があったので、刈り取った草をうちの休耕田へ搬出した。2時間弱かけて終了。

<2012年>
(5月中旬:草刈り:第1回)
 自治会長と2人で草刈り
(7月13日草刈り:第2回)
 自治会長と2人で草刈り(一部残る)
(7月15日)
 朝、時間があったので、やり残しを30分ほど草刈機で草刈り。町内清掃の後、班長さん方が花壇の草引きをし、小生はもっぱら草の運搬。一輪車でうちの休耕田へ搬入。
(7月22日)
 明日、子供会が公園の清掃をするとのことで、本日やり残しの草刈りを実施。
(9月?10月?)
 たぶん1回草刈りをした。
nice!(0)  コメント(0) 

11.21 公園から出た雑草などの処理 [奉仕活動]

 自宅の隣に公園があり、毎年3回ほど小生と自治会長そして助っ人若干名でもって草刈機で草刈する。そこで出た草は、公園と道路を挟んでうちの休耕田があり、その角に一輪車で運びこみ、積み上げておく。
 休耕田で野焼きするときに、燃えそうなものは燃やすのだが、湿っていたり半分堆肥化したものは野焼きできず、処理に困る。
 以前は、そうしたものを休耕田のコスモス畝に運び入れて肥料にしていたが、これはかなりの重労働になる。
 よって、2015年の分から積み上げたままにしておいた。
 そうしたところ、一部しか野焼きできていないから、けっこう盛り上がってきた。このまま放置し続けると山になってしまう。
 体がいうことを利くうちに何とか処理せねば。それが不可能となったら、皆にお願いしてゴミ袋に入れてゴミ出ししてもらうしかない。
(11月21日)
 先日、野焼きするときに、積んであった雑草のうち燃えそうなものを一緒に野焼きしたが、どれだけも減ってはいない。
 今日は、休耕田3畝そして土手のコスモスを草刈機で全部刈り取ったのだが、それが終ってから、積んであったもの、つまり堆肥場を、全部処理することにした。
 休耕田の土手にコスモスが咲き、来年の対応として、土手になるべく幅広く一人生えさせたく、土手と畝の間の溝を埋めるのに使うことにした。
 堆肥場の上のほうの半堆肥化しているものは土手の法面に撒き、ほとんど砂の状態のものは舗装境の低くなっている箇所に埋め、堆肥化したものを溝に埋めることにした。
 2年分が溜まっていたほぼ全部が堆肥場から片付いたが、その運搬の繰り返しで疲労困ぱい。
 来年、今の時期に同様なことをやるとすると、半分の量だから、何とかなろうが、いつまで続けられるやら。

9.6 新家(分家)の畑のお手伝い [奉仕活動]

 新家(分家)の老夫婦は、間もなく90歳と87歳になられる。お二人とも体に鞭打って毎日百姓をやっておられるが、こうも高齢だと力仕事は無理だ。
 そこで、耕運機や草刈機の取り扱いは誰かに頼まねばならないが、やってくれるのは名古屋住まいの孫だけであり、それも余りあてにならない。
 今年はお盆以降、雨模様の日が多く、引き続き秋雨前線が居座って、土日に孫を頼っても天気都合でままならない。加えて夏の日照りがなかったから、雑草が繁茂し放題である。
 お手上げ状態であったので、8月25日に小生が新らしい草刈機の試運転だと言って、勝手に畑の半分ばかり草刈をしてあげた。それ以降、小生も忙しく、その続きができなかったが、今日の日曜日、朝2時間かけて、これまた勝手にではあるが草刈の続きをし、所によっては2度刈りし、きれいに仕上げておいた。
 これで、枯草の塊を搬出すれば耕運機を入れられる。今度の土日あたりで耕運し、畝立て(耕運機で可能)すれば大根の種蒔きができよう。ぎりぎり間に合う。

 昨日、老主人と会ったとき、トマトの残骸を引き抜いていて腰を痛めたと言っておられたから、それよりも力がいるナスの残骸の引き抜きは大丈夫だろうかと心配になる。
 新家の老夫婦は百姓をいつまでできるであろうか。もう何年もは無理だろう。余程の手助けがないことには続けられないのは必至である。少なくとも須賀前の畑はそうなるであろう。
 手助けするとなると、一番下の弟さんと小生だが、そこまでの手助けはきっと遠慮されるに決まっている。
 となると、今しばらく続けられるのは自宅前の畑だけだ。
 さあ、どうなるやら。

2015年 休耕田で しめ縄用の稲作りに挑戦するも失敗 [奉仕活動]

 神社には正月に真新しいしめ縄を飾らねばならない。そのしめ縄用の稲は、肥料を少し多くし、稲穂が実る前に刈り取ると、青々した長いものとなり、縄をなうにもやりやすくていい。
 その稲を提供する方が、ご老体となり今年限りとなった。
 そこで、来年対応として、総代長である小生が今年ためしに休耕田で少々しめ縄用の稲作りをすることにした。
 先日、専業農家の同級生に、稲の苗の残りを少々くれるように頼んでおいた。それが、昨日届いた。何と2ケースも。こりゃ、多すぎる。
 とても全部は作付けできないが、休耕田で可能な限り栽培してみようと考えた。
 ところが、田んぼの草刈も済んでいないし、しろかきは重労働だ。加えて、考えてみるに、うちの田んぼは少々小高く、ちゃんと水張りするのが大変だ。
 そこで、まずは、コスモス用に畝が作ってある北側は畝に土あげしたために凹んでいるから、そこに田植えすることに決めた。次に、その北側にビッチュウで溝を作り、その溝に田植えする。
 こんなことで、何とか2列栽培できようが、生育段階で土あげした箇所に雑草が繁茂し、稲に雑草が混ざるだろうから、収穫時の選り分けが面倒となる。
 そもそも、こんなやり方で、たとえ肥料を十分与えたとしても、しめ縄用に適する長い稲が収穫できるのか、はなはだ疑問だ。
 まあ、ここは素人のお遊びとして、きっと今年限りとなるであろうが、来年は誰かに頼んで、しめ縄用の稲を作ってもらわねばならぬ。そう覚悟しておこう。
(6月11日)
 目論見どおり、コスモス用の畝の北側にビッチュウで1列溝を作りにかかった。しかし、所々雑草の根張りがひどいがためにビッチュウの刃先が曲がってしまう。そうした所は少しずつ掘り進む。重労働につき、7割程度できたところでギブアップ。
(6月13日)
 コスモス用の畝の法下は窪んでいるが、雑草がけっこう生えており、草引きした後、長靴の底で代掻き。
 一昨日溝立てした列は、少々浅いが水が溜まっている。少々手で土上げしながら、長靴の底で代掻き。北の方は大して土上げができていなかったので鍬で土上げし、代掻き。
(6月14日)
 本日、田植え。通常は1株に3、4本と思うが、隣の老主人と話をしたら、細い稲のほうがしめ縄にはいいから5本1株としてはどうかというアドバイスを得た。
 そこで、1株5、6本植えとした。株間は適当にやったが、後から他の田を見たら、少々広すぎた感がする。 コスモス際は少々深すぎ、新設溝は少々浅すぎた。
(7月22日)
 その後、コスモス際の東の方1/4程度は苗が浮き上がって流れてしまった。
 コスモス際は生長がよく、新設溝は生長が悪い。と言っても、一般の田んぼに比べれば、丸で駄目。
 本日施肥。使ったのは化成(窒素、カリのみ) 
(9月1日)
 久し振りに覗いてみた。両側に雑草が生い茂り、稲が負けそう。やはり、コスモス際は生長がよく、新設溝は生長が悪い。といっても、普通の田んぼに比べれば、株別れも少ないし、長さも足りない。
 両側の雑草を長靴で踏んで、稲に日がよく当たるようにしておいた。
(その後)
 とてもしめ縄用にはならず、放置し、雑草の草刈時に処分。

2013.4.14 恒例の水路清掃 [奉仕活動]

 毎年、今時分の日曜日に地域の水路清掃があります。
 先ずは、自治会単位の排水路の清掃。下水道が整備され、近年、排水路もどれだけか綺麗になりました。でも、ヘドロは溜まるところには溜まります。それを自治会会員全員で、道路端に揚げます。この作業も、少しずつ水路の改修が進み、昔に比べれば随分と楽になりました。
 しかし、体力が年々落ちてきますから、楽になったとは言え、疲労感は変わらないように思えてしまいます。顔ぶれを見ると、10年前は、小生はまだ若者組のような感じでしたが、還暦を過ぎた今、年寄り組に属するようになってきました。
 でも、楽をしてはいかんと思い、ヘドロが溜まっているポイントは十二分に分かっていますから、そこに入り込み、ボツボツ作業開始。だれぞ、一緒にやってくれる者が来んかあ・・・と、期待するものの、なかなか来ない。やっと来たかと思いきや、小生の先輩。次の箇所でも、おんなじ調子。
 毎年、こんな感じでヘドロ揚げ作業をやっています。
 一般的に、やらなくても良いような所や楽な所に人が集中する傾向があります。どうせやっても、またヘドロが溜まり、大雨があれば、ヘドロが流されるとでも考えている人が多いようです。でも、小生のような少数の“変人”が何人かいて、そうした人たちの“活躍”が、毎年、繰り返されます。
 そうこうしているうちに、本日の作業終了。8時から始めて9時半には終わってしまうのですから、早いものです。10年前は10時頃までやっていたと思うのですが、世の中忙しくなったのか、早く終わらせてしまう傾向にあります。
 
 この自治会の排水路清掃が終わると、今度は、農業者だけで、田んぼへ水を入れる用水路、これは、小さなU字溝ですが、ここに溜まっている土をクワで掻き揚げる、溝ざらえ作業が行われます。
 これは、1時間もあれば終わってしまう簡単な作業です。たいていは、田んぼの所有者がその際を走る用水路の溝ざらえを事前に行ってみえるからです。また、宅地に隣接する箇所は、役場が蓋をしてくれますから、詰まらないかぎり、その部分は溝ざらえを省略できますし。

 さて、共同作業というものが終了すると、これは昔からの風習ですが、何がしかの飲食会が催されます。
 自治会の排水路清掃が終わって集合する場所は、神社の境内ですから、お神酒とスルメ・昆布が振舞われ、のどが渇いていますから、ペットボトルのお茶も用意されています。
 農業者組合の用水路の清掃が終わった後も、神社内にある公民館に入っての飲食会。ビールとツマミを準備して、しばし懇談。
 これが、恒例となっています。しかし、世の中は忙しくなりました。どちらも短時間で切り上げます。10年前は、両方が終わると、正午になったのですが、近年は11時半には終了します。
 いずれは、終了後の飲食会が廃止になるかもしれません。事実、隣の自治会では、随分前から、両方とも廃止になっています。皆、早く帰りたいでしょうし、飲食会を設営する役員も、事前準備や後片付けで手間が掛かりますから、いずれ、当方もそうなる運命にあるかもしれません。
 小生も若かりし頃、といっても、親父の代わりに参加するようになったのは、40歳頃からですが、そんな頃は、付き合いが嫌で、飲食会はない方が良いと感じていたのですが、還暦を過ぎると、逆に飲食会がないと寂しい感じがするようになってしまいました。
 年寄りともなると、こうしたことに慣れてしまうのでしょうね。

 でも、年寄りの仲間の小生ですが、自分が音頭をとって、飲食会を廃止した事例もあります。
 従前、お寺で年に2回の大きな集まりがある法要の後に、住職と総代とで、ご苦労さん会を開いていたのですが、3年前に小生が寺の総代長となったとき、若い総代もみえることから、これをばっさり廃止しました。
 廃止の理由は2つ。ひとつは、行事の後片付けは午後3時には終わり、例年4時から飲食を始めていたのですが、時刻が早過ぎて腹が減っておらず、誰も食いたいとは思わない。もうひとつは、住職と総代との飲食会は、毎年1回新年懇親会として別途開催しているから、年に3回も飲食会を設けなくても良い。
 2つの行事の準備をどれだけか簡素化する改革をしたのを契機に、このような改革もしました。
 これは、一面、大改革でして、長老の一部の方は渋い顔をなさったようですが、今後総代に当たるであろう多くの方から喜んでもらえました。

 ついでに、もう一つ。昔からの風習に「一党」の付き合いがあります。
 一昨年の水路清掃の日のことでしたが、午後は、我が一党のある家の跡継ぎ長男坊の結婚披露宴。これに一党の家長が招待されるのです。我が一党は17軒もあり、2年に1度は、これがある計算になります。今回、その家では、一党の招待を止めようかと真剣に考えられたようですが、やはり本家筋でない者がこれを始めるのは僭越として、従前どおり一党を招待されました。 
 出席者の大半の者は、一党の長男坊の名前も顔も知らなければ、その後、当分の間、彼らは付き合いの場に出てくることもないのですから、どの出席者も招待されることを迷惑に思っています。
 そしたら、昨年、概ね本家筋に当たる方が、これを止められました。理由は、長男坊が遠方に住んでおり、帰ってくる予定はないとのことでしたが、これを契機に、どこに住んでいようが廃止される雰囲気にあって、喜んでいるところです。

2011.6.13 “楽しい”公園便所掃除 [奉仕活動]

 自宅の隣にある公園の便所掃除。
 1ヶ月に1回、小生1人がボランティアでやっています。あまり使う人がいないので、いつもは汚れが少ないのですが、今日は、汚れていました。誰かが下痢便したのでしょう。便所の裏に引っ掛けてあるホースが放ってありましたから、一応、ご本人が水を掛けたのでしょうね。後から使った方かもしれませんが。
 タワシでゴシゴシ擦り、綺麗になったところで、ホースで回りの砂なども洗い流しました。
 この便所掃除は、もう2年以上になります。
 便所掃除をすると、心が洗われ、とても楽しい気分になると教えられ、“ほんまかいな”と、自分でやって確かめたところ、“ほんま”でした。
 さて、昨年暮れに大ヒットした“トイレの神様”。
 トイレ掃除をすると、“美人になる”、“儲かる”など、御利益がありそうですよ。
 そのあたりは、小生の別立てブログで紹介していますので、覗いてみてください。左の「読んでいるブログ」の中の「薬屋のおやじのボヤキ」をクリックし、開いたら、左サイドバーの中の「カテゴリー:心に安らぎを」をクリック。トイレの御利益の記事が4本あります。(ブログ内検索で、「トイレ」と打ち込んでいただいても良いです。)
 
奉仕活動 ブログトップ