So-net無料ブログ作成
検索選択
ピーマン ブログトップ

4.11 ピーマンの作付け計画&栽培 [ピーマン]

 ゴールデンウイークに苗を植えつけるピーマン。毎年順調に成育し、6月下旬から収穫が始まり、10月下旬に冷え込むようになると、さすが生りは悪くなるものの、最終収穫は11月中旬で、非常に長く収穫できる。加えて、9月頃には、生い茂った枝をすぐり、葉っぱを食べることもできる。これを油炒めしたものが実に美味い。
 例年、自宅前と須賀前の両方の畑で栽培してきたが、多すぎるので、2015年から片方の畑で栽培することにし、2016年からは自宅前のみとした。
 施肥について、石灰窒素の特性など調べたら次のとおり。(日本石灰窒素工業会) 参考に記しておく。
 ピーマンの栽培:
 ピーマンに対する太陽熱・石灰窒素法により、センチュウ類の防除および品質と収量を向上させる事例が報告されています。
 また、長野県では石灰窒素の追肥によって高い収量とA級品の比率も高まり優れた効果がみられています。

<2017年>
(4月11日)
 昨年まで、苗を3月初めにお隣さんに頼んでいたが、今年から苗作りを止められたので、JAで8本購入することとし、作付け位置は、小松菜の跡(北西区画)に決めた。
(4月24日)
 畝作りを行い、畝下に肥料(苦土石灰、鶏糞、種粕、有機肥料粒)を敷き込む。苦土石灰を入れ忘れ。
(5月8日)
 昨日、JAへ行ったら、6株しか手に入らず、株間を広く取り、一部余して定植。テボで穴を掘り、牛糞を入れ、土と混ぜ、植え付け。
(5月20日)
 全然雨が降らないので、念のため水やり。
(5月21日)
 小支柱を立て、軽く結わい付け。
(6月4日)
 畝の削り上げ。
(6月18日)
 草引き、支柱立て(3本やぐら)
(6月19日)
 実が少しずつ大きくなっている。たっぷり水やり。

<2016年>
(4月11日)
 昨年は須賀前の畑であったが、今年から自宅前の畑(北東区画)とする。苗は3月初めにお隣さんに8本頼んである。
(4月25日)
 畝下に肥料(苦土石灰、鶏糞、種粕、有機肥料粒)を敷き込む。
(5月1日)
 8株を定植。テボで穴を掘り、牛糞を入れ、土と混ぜ、植え付け。
(5月26日)
 小支柱立て。
(6月2日)
 傾いているもの1本あり、全部を結わい付け。
(6月5日)
 雑草は少ないが、削り上げしておいた。
(6月22日)
 大きくなりすぎているものが2個あり、7、8個を初収穫。
(6月26日)
 3本やぐら仕立て。短めの支柱が1本立ててあり、少々長めの支柱を3本斜めに立て、4本をまとめて縛り付けておいた。
(7月24日)
 1週間に1回、まずますの収穫。まだまだ樹体は小さい。1本枯れ始める。
 両面を削り上げ、雑草を集めてきて被せる。たっぷり水やり。
(8月1日)
 1本枯れ、残りは7株。
(8月8、9日)
 収穫量が落ちてきた。連日水やり。
(9月8日)
 まずまずの収穫が続いている。他のついでに追肥(化成)を畝の峰に。
(9月11日)
 本日大収穫。枝折れが3、4本出た。ビニール紐で枝支え。
 折れた枝は、ピーマンの葉を炒め物に。足りないから、枝選りしたり、葉落として足す。
(9月16日)
 追肥の化成はまだ粒が残っているが、再追肥として畝の法面(下方)に両側から石灰窒素を振っておいた。
(9月20日)
 台風接近の恐れあり、しばらく収穫してないので今日収穫。バカ採れといったところ。赤色が少々混ざる。
(9月24日)
 今までに1本枯れたが、今朝、北3本が萎れてきた。東のほうも部分的に枝が萎れたものあり。
 原因は雨?石灰窒素?石灰窒素は大して振ってないし、まだあらかた地面に残っているから雨が原因か。
(9月27日)
 枯れた3本を撤去。残り4本なるも、一部の枝が萎れてきたもの2本あり、その枝を除去。
 収穫はいたって順調である。
(10月30日)
 萎れたかけては復活し、また萎れ欠けるという不思議な現象が続く。残り3本。今日もけっこうな収穫。
(11月18日)
 10日前に少々の収穫。本日最終収穫。(20日:撤去)
 評価:自宅前は栽培適地ではないが、8本中4本が最後まで残り、まずまずの収穫であった。自家消費分は間に合った。★★☆☆☆

<2015年>
(4月5日)
 例年並みに収穫しようとすると、苗が8本必要となり、これは既にお隣さんから苗を分けてもらうよう依頼済みである。
 そして、今年は同じ畝にパプリカ(2種類)も栽培することとしたい。よって、1畝にピーマン8株、パプリカ8株と半々に植えることとしよう。
(4月24日)
 本日、畝立て。冬野菜の畝を利用し、その畝の麓に叩いた雑草を集め、土寄せ。施肥は草木灰のみ。
(5月10日)
 本日、定植。植え付け穴に牛糞を入れ、土にまぶしてから植え付け。株間は60cm強。お隣さんからいただいた苗8株。
 なお、株下法面に有機肥料(種粕を中心に、鶏糞、有機肥料粒)を埋め込み。
(5月31日)
 まだ小さいが、紫ナスのついでに小支柱立て。斜めに支柱を差し込み結わい付け。
(6月14日)
 パプリカとともに、なかなか大きくならない。雑草が繁茂しだし、負けてしまわないかと心配になった。
 そこで、株周りと畝の草を引き、法面をテンワ(手鍬)で軽く叩いておいた。
(6月29日)
 ピーマンは、まだ小さな樹形であるが、既に実を付け、もう収穫できるものが2個ほど目に付いた。
 昨年の初収穫は6月11日と早かったが、例年6月20日過ぎで、今年も例年並みといったところ。
(7月5日)
 収穫するのを忘れており、今日、初収穫。数個。
(7月7日)
 長めの小支柱で3本やぐらを組む。
(7月20日)
 3回目の収穫。まずまずの量。調子がいい。
(7月25日)
 一部が雑草に負けそう。長靴で草を踏んで横倒し。
(7月26日)
 まだ樹体は小さいが、可能な限り、枝を3本やぐら支柱に結わい付け。
 株間に施肥(混合肥料をばら撒く)。
(7月29日)
 けっこうたくさん収穫。今年は調子いい。
(8月14日)
 株周りの雑草を刈り、畝に敷く。収穫は一時ストップした感じ。
(8月16日)
 所々の株が葉っぱが薄いから、肥料不足が疑われる。そこで、生長促進のため、液肥をジョウロで撒き、さらに混合肥料を7月26日に引き続き株周りに撒いた。
(8月31日)
 今年のピーマンは、大半が赤く色付いてくる。こんな年は初めてだ。
 例年より生長が悪いが、少しは大きくなり、枝の垂れ下がりが出てきたから、ビニール紐で釣り上げておいた。
(9月17日)
 その後もしばらくは大半が赤くなったが、今日の収穫では赤いのはわずかしかなかった。今後も同様であろう。
(9月19日撮影:手前は白ナス、後方がピーマン)
DSCN0433.JPG

(9月27日)
 樹体は元気良く成長を続けている。赤いのは皆無に近い。今日、けっこう収穫できたが赤はなし。
(10月16日)
 1週間に1回程度の収穫だが、今回は10日以上間が空いた。ばか採れ。毎年のことだが、他の夏野菜が終った頃に最盛期となるピーマンである。なお、赤色が少々混ざる。
(11月13日)
 本日、最終収穫。けっこうな量あった。後日煮物にしたら皮が硬かったがピリッと辛くうまかった。
(11月17日)
 撤去作業と草叩き

<2014年>
 昨年は須賀前の畑に12本も植え、多すぎたので、今年は半分にしようと思っている。その代わりに、今年初めてパプリカの苗3色を2本ずつ(計6本)をJA売店で買って栽培することにする。
 畑に定植するのは、ゴールデンウイークに入って直ぐを予定している。植える位置は、ゴーヤを半畝(幅は2畝分取る)とし、残りの半畝に2列(ピーマン・パプリカ各1列)を植えることにする。
(5月2日)
 昨日、パプリカの赤と黄色を各3本購入。品種が異なるが大きな実が生るものは各色1種類ずつしかなかったのでやむを得ない。1本300円と高い。緑がないかと思ったが無し。
 今日、お隣さんからいただいているピーマンとともに植付け。例年より株間が狭くなってしまった。半畝をピーマンまたはパプリカ、半畝(ダブルで使う)をゴーヤと目論んでいたが、4分6分となった。
(5月8日)
 畑が乾き始めており、乾燥防止を兼ねて土寄せ。
 それに先立ち、たっぷり施肥(種粕、有機肥料粒)。
(5月11日)
 畑が乾いてきており、トマトのついでに水やり。
 支柱を株際に1本ずつ立てた。
(5月12日)
 万田酵素1000倍散を噴霧。植物の滋養になる。
(6月3日)
 東面に追肥・土寄せ。まず、畝の裾をクワで削って溝を作り、鶏糞、種粕、有機肥料粒を適度にばら撒き、大きく土寄せした。次に、西面も畝の裾をクワで削って溝を作っておいた。1か月後に追肥しよう。
(6月11日)
 自宅前の畑に植えたものは、柿木の影になって日当たりが悪く、ひょろ長い。花は咲いているが、まだ実はなっていない。
 一方、須賀前の畑の6本は、まだ小さな樹形であるが、既に実を付け、だいぶ大きくなってきた。もう食べ頃のものが数個あり、少々小さいものを併せて10個ほど初収穫した。
 昨年は6月26日、一昨年は6月20日だから、随分と早い。品種の違いか?
(6月13日)
 夕べの嵐で傾いたもの2本。今朝、結わい付けておいた。
(6月21日)
 雑草が繁茂しだし、削り挙げ。
(7月1日)
 その後1回収穫。近日3回目の収穫。
 ピーマンの樹もだいぶ大きくなり、本日(7月1日)西面に施肥。
 溝立てはできているので、軽くさらえ、種粕、鶏糞、有機肥料粒を適当に撒き、たっぷり土寄せ。
(7月8日)
 大型台風が日本列島を横断する恐れが出てきた。1本の支柱では持たんだろう。そこで、支柱を引き抜き、3本仕立てにし、主な枝を1本結わい付け直した。
(7月21日)
 畝と畝間の雑草を叩き、熱射・乾燥防止のため、畝に被せておいた。
(7月29日)
 休耕田から春に刈った枯草を軽トラで運び、畝の峰や法面にビッシリ敷き、熱射・乾燥防止をした。
(8月8日追記)
 枝の垂れ下がりが目立ちだし、折れそうな枝をビニール紐で吊り下げ。紐が不足し、一部のみ実施。
(8月10日)
 ビニール紐で吊り下げたものでも台風で風にもまれて枝折れしたものがある。全体で数本の枝折れが生じた。これは翌日持ち帰り、葉っぱを切り取って油炒めにする。
 なお、6株のうち、3株は大きく成長しているが、3株はズングリムックリで地べたに枝がくっ付いているような状態にあり、実の成長も悪い。
(9月17日)
 ズングリムックリの3株は、実が大きくならない。本日処分。
 通常のピーマンは樹勢は良く、10日に1回ぐらいの収穫ができよう。枝の垂れ下がりをビニール紐で支え。
(10月24日)
 3株のうち1株はパッとしないが、2株は葉が生き生きしており、まだまだ収穫できている。
(11月24日)
 1週間ほど前から大きくならず。今日最終収穫。

<2013年の須賀前の畑での作付け記録>
 昨年は、お隣さんが種を間違えて買ったようで、育ちが悪く、収穫量も半減以下となってしまった。
 そこで、昨年は須賀前の畑に5本、自宅前の畑に5本と少なめであったから、今年は5割り増しとし、須賀前の畑に6本×2畝(半畝ずつ)、自宅前の畑に3本を作付けすることとする。
 4月28日に、予定どおりの本数を定植。
(5月5日追記)
 定植後、雨なしで畑が乾いてきた。そこで、東面に施肥・土寄せすることに。施肥は、種粕・有機ペレット・牛糞。
 支柱を1本ずつ立てるも、まだ小さいので結わい付けは不可能。
(5月26日追記)
 5月5日に追肥したことを忘れており、本日再度東面に追肥してしまった。前回は株元にしたから分からなかった。肥料は、前回と同様に、種粕・有機ペレット・牛糞だが、溝を立て、水やりし、土を湿らせた後、たっぷり入れ込んだ。そして、土寄せ。
 今年も昨年同様、雨の少ない5月であり、生長はあまりしていない。2、3度水やりしたが、焼け石に水だったろう。
(6月17日)
 だいぶ伸びてきて、倒れるものが出てきた。そこで、昨日、支柱に結わい付けた。そして、雑草退治のため、削り上げ。
 なお、今日、もうかなり大きな実を付けている1株を発見。
DSCN0172.JPG

<須賀前の畑のピーマン>
 6月26日、数株から食べ頃の実が10数個ほど収穫できた。
(7月7日)
 本日、2回目の収穫。かなりの量。
 成長がけっこう著しいので、西面に追肥(種粕、有機肥料ペレット、牛糞)
 これで、東面に2回追肥、西面に1回追肥となり、今後当分追肥は行わないことにする。
(7月13日)
 雑草退治のため東面を削り上げ。
(7月22日)
 雑草退治のため西面を削り上げ。
 成長が著しく、ほとんどの株が順調に育っている。
 今年は豊作であり、数日前にかなりの量を収穫。
 枝折れ防止のため、小支柱を斜めに3本立てて、4本の頂点をビニール紐で結わいた。そして、伸びた枝は、ビニール紐で持ち上げておいた。(支柱の頂点と枝を紐の輪でもたせる形)
(8月2日)
 10日間でまた大きく生長。昨日が実質の梅雨明け。畑の湿り気がほど良く、ここまで生長したのであろう。1週間に1回程度、順調に収穫中。
 (8月4日撮影:雑草を敷き、熱射・乾燥防止)
DSCN0201.JPG

(8月10日)
 8日から猛暑で当分雨なし。よって、土寄せ。そのあと株間に追肥(鶏糞)して簡単に土被せ。
(8月20日)
 数日前から水やりを2度ほどたっぷり行った。
 1週間に1回程度の収穫で、今日も大収穫であった。
(8月26日)
 25日の雨で、もう水やりの必要はない。20日についで本日収穫。今回も大収穫。
(9月9日)
 毎週月曜に収穫。今日も大収穫。一部枝折れがあったので、混んでいるところを選り、葉っぱを食すことに。おふくろが葉を切り取ってくれてが、昨年までは調理もしてくれたが、今年は面倒がって行わず。
(9月17日)
 昨日の台風で被害が心配であったが、支柱と1株当たり3本程度の枝をビニール紐でぶら下げておいたこと、そして株元への雑草敷きで大丈夫であった。ただし、枝折れが2本あり、ついでの混んでいるところを選り、葉っぱを食すことに。
(9月30日)
 1週間に1回の収穫だが、今日も大収穫。
(10月12日)
 ピーマンが生り過ぎる。よって、今年3回目であるが葉っぱを食すことにし、良さそうな葉っぱが付いた枝を剪定する。
(10月17日)
 昨日の台風の吹き返しが長く強かったのでチェックしたが枝折れなし。
 1株当たり3本程度の枝をビニール紐でぶら下げておいたのが思いのほか効果的だ。
(10月27日)
 秋の涼しさで実の成長が悪くなった。自家消費分くらいしか採れない。
(11月18日)
 11月上旬に収穫したピーマンは既に固かった。その後収穫しておらず、本日、少々遅れたが最終収穫とした。
<自宅前の畑のピーマン> 
(8月2日)
 日照時間が少なく、まだ小さな樹形であり、収穫も少ない。
(9月17日)
 日陰になることが多く、あまり生長しておらず、収穫もほとんどできない。
 加えて、1か月ほど前からカメムシが茎にビッシリ張り付き、今までにキンチョールを2度噴霧してみたが、十分には効かず、スミチオンは全く駄目だ。先日から枝の上部が枯れるものが出てきた。カメムシが齧ったからだろう。今日もキンチョールをたっぷり噴霧しておいた。
(9月30日)
 カメムシはいつの間にかいなくなった。
 弱々しい樹体であり、どれだけも収穫できない。これは、どうやら、おふくろが全く施肥をしなかったようで、それが原因しているかも。
(10月17日)
 枯れた1本を除去。もう1本も引いてよいくらいに生りが悪い。
 以後、収穫せず、放置。

<2012年>
(6月20日)初収穫。小支柱を斜めに3本立てて、4本の頂点をビニール紐で結わいた。
(7月16日)自宅前の畑の5本のうち2本が枯れる。東面のみ軽く土寄せ。
(7月18日)須賀前のピーマンに施肥。
(7月19日)自宅前の畑の2本が枯れ、残ったのは1本だけ。例年ほとんど枯れないのだが何故だろう?原因不明。
(7月29日)須賀前の畑が乾いてきた。たっぷりと水やり。
(8月4日)自宅前の畑に1本だけ残ったピーマンが枯れかけた。
(8月12日)自宅前の畑に1本だけ残ったピーマン。とうとう枯れてしまった。須賀前の畑の5本中元気なのは3本だけで、2本はほとんど実が付かない。
(8月7日)両面を削り上げ、西面に施肥し、土寄せ。
(8月19日)昨日、枝折れしそうなものに小支柱を立て、結わい付け。両面を削り上げ、東面に溝立てし、たっぷり追肥し土寄せ。
(9月14日)その後もピーマンは成長を続け、5株とも実を付けている。ただし、2株はたいして期待できない。1週間ほど前に、再度小支柱で枝を固定した。収穫は、これからが本番といったところである。
(9月18日)本日大収穫。台風の影響で枝折れしたものあり。ついでに混んだ所を折り取り、ピーマンの葉を食すことに。
(11月19日)2011年は11月25日まで収穫できたが、今年は本日をもって最終収穫。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2015.3.17パプリカの栽培 [ピーマン]

 ピーマンだけでは何だからと、昨年からパプリカの苗3色を2本ずつ(計6本)を購入して、両方を栽培することにした。
 ところが、パプリカの苗をホームセンターで買ったのだが、だんだん大きくなって実が生りだしたら、何とシシトウ。騙された!である。
 今日、たまたまJAの売店を覗いたら、パプリカの種が売っていた。そこで、種を衝動買いしてしまった。近日、種不足でネット注文したトマトの種が届くから、それと一緒に種蒔きすることに。
 購入した種は、黄色のものと、緑色から赤に変わるものの2種。
 種から作るのは少々面倒だが、管理はお隣さんがハウスでやってくださるから、それに甘えることにする。
(3月20日)
 白ナスが生え損なったので、本日もう1トレイに種蒔きし、そのついでにパプリカを種蒔きした。
(3月31日)
 いくつも芽吹きが見られた。
(4月9日)
 本日ポット苗づくり。2色各10ポット作る。苗の約半分は捨てる。ポット苗はお隣さんのハウスで管理してもらい、うちで定植するのは各色4株、残りはお隣さんに差し上げる予定。
(4月24日)
 本日、畝立て。冬野菜の畝を利用し、その畝の麓に叩いた雑草を集め、土寄せ。施肥は草木灰のみ。
(5月10日)
 本日、定植。植え付け穴に牛糞を入れ、土にまぶしてから植え付け。株間は60cm強。各色4株で、予備苗として黄色1株植え付け。
 なお、株下法面に有機肥料(種粕を中心に、鶏糞、有機肥料粒)を埋め込み。
(5月31日)
 まだ小さいが、紫ナスのついでに小支柱立て。斜めに支柱を差し込み結わい付け。
(6月14日)
 ピーマンと同様になかなか大きくならない。雑草が繁茂しだし、負けてしまわないかと心配になった。
 そこで、株周りと畝の草を引き、法面をテンワ(手鍬)で軽く叩いておいた。
(7月20日)
 ピーマンはだいぶ伸びてきたが、パプリカは背が低い。
 でも、幾つも実が付いており、少しずつ膨らんできた。まだ青々としているが、一部が部分的に変色しかけた。
(7月25日)
 雑草に負けそう。長靴で草を踏んで横倒し。
(7月26日)
 3本やぐらの支柱立て。枝を支柱に結わい付けるほどまでには成長していない。
(7月29日)
 赤パプリカ2個初収穫。まずまずの大きさ。
(8月4日)
 黄パプリカを1個、赤を1個収穫。少しずつ色付き始めている。樹体は依然として小さい。
(8月14日)
 本日、初めてまとまった収穫(大半は黄色)
 赤、黄ともに腐りがチョコチョコある。樹体は小さくなかなか生長しない。
 株周りの雑草を鎌で刈り、畝に敷く。
(8月16日)
 樹体は小さく、葉っぱの色も薄いので、肥料不足が疑われる。そこで、生長促進のため、液肥をジョウロで撒き、さらに混合肥料を株周りに撒いた。
(9月17日)
 樹体は依然として小さく、実もあまり大きくならないし、収穫量も少ない。
(9月27日)
 ここ10日間収穫してないが、樹体は少し成長している。実が膨らみつつあるが、2品種とも緑色のままで色付かない。
(10月5日)
 緑色のままで色付かないが、まあまあの大きさになっており、収穫。
(10月21日)
 少しだけ緑色が赤色になった。本日けっこうな量を収穫。

<2014年の記録>
(5月2日)
 昨日、パプリカの赤と黄色を各3本購入。品種が異なるが大きな実が生るものは各色1種類ずつしかなかったのでやむを得ない。1本300円と高い。緑がないかと思ったが無し。
 今日、お隣さんからいただいているピーマンとともに植付け。植える位置は、ゴーヤを半畝(幅は2畝分取る)とし、残りの半畝に2列(ピーマン・パプリカ各1列)を植えることにした。
 例年より株間が狭くなってしまった。半畝をピーマンまたはパプリカ、半畝(ダブルで使う)をゴーヤと目論んでいたが、4分6分となった。
 ところで、パプリカの育て方はピーマンと全く一緒だと思っていたが、鉢に付いていた札の裏側を見てみたら、発売元は同じだが微妙に違うではないか。
 初めての栽培だから、素直にそれに従うことにしよう。
(赤パプリカ)フルーティーパプリカ赤
 1m程度の支柱を立てる。整枝は行わず放任栽培。(これはピーマンと同じ)
(黄パプリカ)ガブリエル黄
 仮支柱を立てる。枝は3~4本仕立てにし、各枝に沿って支柱を立てる。
 1、2段目の花は摘み取る。こうすると、樹の生長が良くなり、たくさんの実が生る。
(5月8日追記)
 畑が乾き始めており、乾燥防止を兼ねて土寄せ。
 それに先立ち、たっぷり施肥(種粕、有機肥料粒)。
(5月11日追記)
 畑が乾いてきており、トマトのついでに水やり。
 支柱を株際に1本ずつ立てた。
(5月12日追記)
 万田酵素1000倍散を噴霧。植物の滋養になる。
(6月3日追記)
 東面に追肥・土寄せ。まず、畝の裾をクワで削って溝を作り、鶏糞、種粕、有機肥料粒を適度にばら撒き、大きく土寄せした。次に、西面も畝の裾をクワで削って溝を作っておいた。1か月後に追肥しよう。
(6月12日追記)
 黄パプリカは枝を3~4本仕立てにするとあり、赤パプリカは整枝は行わず放任栽培とあるが、どちらがどちらか分からなくなってしまった。よって、どちらも適当に整枝しておいた。
 なお、細長い実が既に付きだした。
(6月13日追記)
 夕べの嵐でピーマンが2株傾いた。パプリカは大丈夫だったが、今日、支柱に結わい付け。
(7月2日追記)
 だいぶ前から、実が随分と生ってきている。ところが、皆、細長い。これから膨らむのだろうか?
 どちらも適当に少しだけ整枝しておいた。
(7月8日追記)
 大型台風が日本列島を横断する恐れが出てきた。1本の支柱では持たんだろう。そこで、支柱を引き抜き、3本の支柱で持たせることにし、主な枝1本を支柱に結わい直した。
(7月20日追記)
 細長い実が丸くなるわけがない。一部真っ赤になっている。2品種ともシシトウであった。本日、シシトウを大収穫。
 苗に付いていたパプリカの札を捨ててしまったのは失敗。札と写真を苗を買ったホームセンターに持って行き、今後このようなことがないよう、管理を徹底させるべく、話をすべきだが、それができない。
(7月29日追記)
 休耕田で春に刈った枯草を軽トラで運び、畝の峰や法面に敷き、熱射・乾燥を防止。
(8月11日追記)
 昨日の台風で風にもまれ、枝折れするものが数本出た。普通のピーマンより葉が小さいが、葉を切って油炒めにして食べることに。
(9月17日追記)
 シシトウとしての生りも小さなもので何ともならない。本日、冬野菜の作付けのため処分。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2015.4.5 ピーマンの作付け計画(自宅前の畑) [ピーマン]

 ゴールデンウイークに、お隣さんから分けてもらった苗を作付けするピーマン。
 毎年、栽培の主体は須賀前の畑であるが、自宅前の畑でも毎年3、4本、ときには5本作付けしている。
 本来ならば、ピーマンは1週間に1回程度収穫すればよく、須賀前の畑だけの栽培で済むのだが、おふくろが少しは自宅前の畑でも作付けせよとうるさく言うものだから、それに従ってきていた。もっともまもなく97歳になるおふくろは最近は何も言わなくなったから、自宅前でのピーマン栽培は今年から止めていいのだが、惰性で作付けしてきた。
 しかし、栽培効率や栽培適地を考えると、自宅前の畑での栽培は不用だ。よって、今年から須賀前の畑だけでの栽培にすることとした次第。
 参考までに過去の栽培記録を残しておこう。

<2014年の記録>
 今年も、お隣さんから苗を10株分けてもらえそうだから、須賀前に6株、自宅前に4株を植えることにしよう。(須賀前は別記事に)
(5月2日追記)
 本日、所定の位置(東南区画の柿の木の際)に4本定植。
(5月8日追記)
 施肥(種粕、有機肥料粒)し、土寄せ。
(5月12日追記)
 支柱立て。
 万田酵素を噴霧。植物の滋養になる。
(6月8日追記)
 柿木の影になり、あまり日が射さないがほぼ順調に生育中。今日、南面に施肥(鶏糞、種粕、有機肥料粒)を行い、土寄せ。
(6月13日追記)
 夕べの嵐で傾いたもの1株。今日、支柱に結わい付け。
(7月2日追記)
 お隣さんからいただいた苗10本皆同じ品種のピーマンと思っていたが、2種類あった。たまたま須賀前6本と自宅前4本がきれいに2品種に分かれての作付けとなった。
 須賀前は普通のピーマンであるが、自宅前はシシトウだ。
 1週間前におふくろが収穫し、小生に“持って行け”と言ったが、“自分で採ったものは自分で食え。俺が欲しいときは俺が採る。”と言っておいた。こうしたことがけっこうある。こちらには収穫の段取りというものがあり、気紛れ的に収穫されては困るのである。
(7月6日追記)
 本日、北面に施肥(化成1:種粕3)し、土寄せ。
(7月20日追記)
 本日、北面に第二回目の施肥(化成1:種粕3)を行い、両サイドから削り上げ。
(10月24日追記)
 順調にシシトウが収穫できていたが、今日で終わりそうな感じ。
(11月22日追記)
 どっこい、その後実が膨らみ、本日かなりの量を収穫。

<2013年の記録>
 自宅前の畑に3本を作付けすることとした。
 ピーマンは、多少湿り気の多い畑の方が適しているようで、一昨年の自宅前の畑の箇所選びは正解だったのだが、昨年は、少々荒れた畑で湿り気も少なく、次々と枯れて、ほとんど収穫できなかった。
 今年は、うんと湿り気のある場所を予定しているから、期待できそうである。4月28日に予定どおりの本数を定植。
(5月26日)
 自宅前の畑の3株中、1株は虫に根元を齧られ、2本になってしまった。こちらの施肥はおふくろ任せ。
(8月2日)
 場所が悪く、日照時間が少ない。そのせいか、まだ小さな樹形であり、収穫量も少ない。
(9月17日)
 その後の生長も思わしくなく、収穫もほとんどできない。加えて、1か月ほど前からカメムシか茎にビッシリ張り付き、今までにキンチョールで2度噴霧してみたが十分には効かず、農薬スミチオンは全く駄目であった。先日から枝の上部が枯れるものが出てきた。カメムシが齧ったからだろう。今日もキンチョールを噴霧しておいた。
(9月30日)
 カメムシはいつの間にかいなくなった。しかし、弱々しい姿形であり、どれだけも収穫できない。
 これはどうやら、おふくろが全く施肥をしなかったようで、それが原因しているかも。
(10月17日)
 枯れてしまった1本を除去。残った1本もほとんど収穫できず、放置。以後、収穫せず。今年は、須賀前の畑に12本も作付けしており、高収穫が続いていたから、カメムシ対策の勉強にしただけ、といったところ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ピーマン ブログトップ