So-net無料ブログ作成
いんげん豆 ブログトップ

2013.8.22 いんげん豆の栽培失敗宣言 [いんげん豆]

 昨年から須賀前の畑にいんげん豆を新規に作付けすることにした。
 昨年の実績は次のとおり。
  5月6日 直播き 半畝 6月26日初なり 20日間ほど収穫
        「つるなし いんげん豆」(すじなし種)(アタリヤ農園)
        半分ほどの株が綺麗に生長し、けっこう美味しく食べられた。
  7月11日 ポットに種蒔き 苗を定植 半畝 時期が遅すぎ失敗
         収穫量なしで終わった。

 よって、今年は次のとおり予定し、その結果を併せて示す。
  第1弾 5月5日ポット苗作り、5月27日定植8株
       昨年の残り種「つるなし いんげん豆」(すじなし種)(アタリヤ農園)
       収穫量は昨年の2割程度とお粗末であった。
  第2弾 5月下旬 直播き 3分の1畝
       5月27日「レマンいんげん」(つるなし、すじなし種)(野口のタネ)を
       6株(1株に3粒)直播き。
       あまり美味くなかったし、大して収穫できなかった。
  第3弾 6月中旬 直播き 3分の1畝
       計画変更し、7月14日に種蒔き。第2弾と同じ種。
       どれだけも生長せず、収穫もゼロとなりそう。

 このように、2年目の方が悪い結果となってしまった。
 同じ時期に十六豆(ささげ)が収穫でき、同じような味だから、来年の作付けは止めにして、何か他の物を新規に作付けすることにしよう。それとも、再挑戦するか。

(後日追記)
 類似したものに十六豆(ささげ)があるから、2014年は作付けせず。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2013.7.14 いんげん豆第3弾の栽培 [いんげん豆]

 昨年から須賀前の畑にいんげん豆を新規に作付けすることにした。
 昨年の実績は次のとおり。
  5月6日 直播き 半畝 6月26日初なり 20日間ほど収穫
  7月11日 ポットに種蒔き 苗を定植 半畝 時期が遅すぎ失敗

 よって、今年は次のとおり予定した。
  第1弾 5月5日ポット苗作り、5月27日定植8株
       昨年の残り種「つるなし いんげん豆」(すじなし種)(アタリヤ農園)
  第2弾 5月下旬 直播き 3分の1畝
       5月27日「レマンいんげん」(つるなし、すじなし種)(野口のタネ)を
       6株(1株に3粒)直播き。
  第3弾 6月中旬 直播き 3分の1畝

 第1弾と第2弾は品種が違い、第2弾の成長が早く、収穫時期に余り差が出ず、今現在、両方の収穫が始まったところである。
 よって、第3弾は1か月先送りし、本日7月14日に種蒔き。梅雨が明けたから、直播きでは発芽しない恐れがあるので、ポット苗とした。1ポットに3粒埋め込み、8ポットを用意。
 なお、発芽までダンボールを載せておくことに。

(7月20日追記)
 きれいに発芽し、18日にダンボールを除け、今日、ネット(網戸用)を掛ける。
(7月22日追記)
 所定の位置に5株定植。第1弾の枯れたものや生らないもの南3株の位置に3株定植。
(8月22日追記)
 いんげん豆は猛暑に弱いのか。どれだけも生長せず、収穫もゼロとなりそう。
(9月1日追記)
 無収穫で全部の株を除去。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2013.5.27 いんげん豆第2弾の栽培 [いんげん豆]

 昨年から須賀前の畑にいんげん豆を新規に作付けすることにした。
 昨年の実績は次のとおり。
  5月6日 直播き 半畝 6月26日初なり 20日間ほど収穫
  7月11日 ポットに種蒔き 苗を定植 半畝 時期が遅すぎ失敗

 よって、今年は次のとおり予定した。
  第1弾 5月5日ポット苗作り、5月27日定植8株
       昨年の残り種「つるなし いんげん豆」(すじなし種)(アタリヤ農園)
  第2弾 5月下旬 直播き 3分の1畝
  第3弾 6月中旬 直播き 3分の1畝

 本日27日、第2弾として「レマンいんげん」(つるなし、すじなし種)(野口のタネ)を直播きした。畑が乾いているから、穴を掘りたっぷり水を入れて湿らせ、種を3個ずつ埋め込み、再度たっぷり水やり。
 第3弾の場所を残すため、6株しか用意できなかった。

(6月4日追記)
 昨日か一昨日に既に芽吹いていたようだ。
(6月10日追記)
 畝の東面に施肥(種粕、牛糞、有機ペレット)し、土寄せ。
(6月18日追記)
 畝の西面に施肥(種粕のみ)し、土寄せ。
 なお、第1弾とどれほども違わない程度に成長。
(7月10日追記)
 一昨日少々初収穫。本日まずまず収穫。第1弾に追いついてしまった。
(7月31日追記)
 中旬まで少々の収穫で、もう終了近い。
 あまり美味くない平べったいいんげん豆で、大した収穫もなく、失敗であった。
(9月1日追記)
 全部を引き抜き処分。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2013.4.15 いんげん豆の作付け計画&第1弾の栽培 [いんげん豆]

 須賀前の畑、438平方メートルのうち400平方メートルをうちで作付けし、ヤーコンが110㎡、グラジオラス40㎡、残りが野菜で250㎡といったところ。(この他に自宅前の畑での野菜作付けが約100㎡)
 畝幅をなるべく広く取って畝立てするのだが、それでもだいぶ余剰地が出るので、昨年は、サツマイモとニンジン、そして、いんげん豆を新規に作付けすることにした。
 品種は、カーマで“当ホームセンターのおすすめ”のポップに釣られて買った「つるなし いんげん豆」(すじなし種)(アタリヤ農園:35ml 148円)である。

 昨年の実績は次のとおり。
  5月6日 直播き 半畝 6月26日初なり 20日間ほど収穫
  7月11日 ポットに種蒔き 苗を定植 半畝 時期が遅すぎ失敗

 よって、今年は次のとおり予定した。
  5月上旬 直播き 3分の1畝 →5月5日ポット苗作り
  5月下旬 直播き 3分の1畝 →5月27日直播き6株(野口のタネ)
  6月中旬 直播き 3分の1畝 →7月中旬に変更(野口のタネ)

(5月5日追記)
 畑が乾いており、今後も雨なしの予報。よって、直播きとせず、ポット苗作りに変更し、本日種蒔き(1ポットに3粒)
(5月13日追記)
 数日前に芽吹き、順調に芽が伸び始めている。
(5月26日追記)
 本日定植。1ポット1本のものは2本のものと一緒にし、計8株(各2、3本)とした。
DSCN0145.JPG

(6月10日追記)
 畝の東面をクワで溝を立て、施肥(種粕、牛糞、有機ペレット)し、土寄せ。
(6月18日追記)
 畝の西面をクワで溝を立て、施肥(種粕のみ)し、土寄せ。
(7月1日追記)
 初収穫10本弱。育ちの悪い1株を引き抜き処分。
(7月7日追記)
 2回目収穫5本。葉が黄変し、縮れる株が半分ある。種(アタリヤ)が悪いのだろう。第2弾(野口にタネ)はそのようなことはない。
(7月22日追記) 
 その後の収穫はわずかしかない。昨年の1、2割程度だ。
 完全に失敗。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
いんげん豆 ブログトップ