So-net無料ブログ作成
検索選択
自然農法の導入 ブログトップ

2015.6.16 畑を緑の絨毯に=雑草との共生 [自然農法の導入]

<2015年>
 昨年あたりから、順次自然農法を取り入れている。そのことについては、このブログのカテゴリー「土づくり」や「自然農法の導入」に記事を入れてある。
 究極の自然農法は、無起耕、無除草、無肥料、無農薬で、人の手を一切加えることなく雑草との共生を図るものである。
 これを取り入れ始めて、一番の課題は無除草であり、放置しておくと野菜が雑草に負けてしまいそうになる。どうやら雑草の選択が必要なようで、単子葉の大型雑草は駆除せねばならないようだし、双子葉の大型雑草もそのようである。
 夏野菜の畝一般に、そうした大型雑草は引きぬいたり叩いたりしているが、それだけでは負けそうに感ずる野菜もある。先日、まだまだ小さいピーマン類とこれから芽吹く山芋の畝は、心配になったから、草叩きなり草引きをザッとしておいた。
 また、今日と明日、サツマイモの苗を追加して植えるのだが、その畝に単子葉の大型雑草が所々で大きくなりつつある。これを含めてその他の雑草も気になるから、苗の植え付け時に引くことにした。
 そして、ちょうど咲き出したグラジオラスの畝は、放置しておくとドンドン広がるスギナがけっこうあるし、大型雑草でこれからドンドン大きくなるものがけっこう目に付く。よって、グラジオラスの倒れ防止の土寄せを兼ねて、畝全体の草引きをせざるをえなかった。
 畑全般に、今夏はこうした程度にしか草引きや草叩きをしていないから、畑がみっともない状態になっているが、以前だったら全面的に土がむき出しになっていたものが、今年は緑の絨毯になっている部分が明らかに多い。
 悪く言えば、草引きや草叩きをサボっていることになるのだが、冷静に考えてみると、緑の絨毯は野菜君たちにとっても、この先、真夏の猛暑を過ごすに楽であろう。
 さて、もっとも自然農法に近付けたいと思っているのがヤーコンである。
 これは芋ができるから、無起耕というわけにはいかないが、無除草でいけないかと思っている。苗を定植してからまだ除草をしていない。ここは毎年、単子葉の大型雑草が繁茂するのだが、畝間は分厚い緑の絨毯と化している。畝は最初から高畝にして収穫まで手を加えないことにしており、5月は表土が乾いていたし、法面を枯草で覆ったから、まだ雑草の進出は部分的だ。
 いまのところ、ヤーコンが圧倒的に優勢であり、かつ、成長しつつあるから、毎年行っている草叩きはせずに済みそうだ。
 こうして、随分と楽をさせていただいているのだが、自然農法を少し取り入れてみて驚いたのは、先に書いたように、毛嫌いされる雑草の繁茂を、これでよしとしてしまうと、何と「緑の絨毯」に感じられて、小生の心に安らぎを与えてくれることである。
 「野菜は雑草に負けず、けっこう丈夫なもの」と聞いているから、今後は必要最小限の草引きに止めることにしよう。
 うちの畑を緑の絨毯に、だ。
 なお、肥料が雑草に吸い取られてしまい、肥料不足になりはしないか、という心配はあるが、たいていの畝は、各種有機肥料を畝に埋め込んであるし、苗の植え付け時には植え付け穴に牛糞をたっぷり入れたから、追肥もなしでいけると思っている。翌年は、枯れた雑草が肥料になるだろうから、埋め込む肥料も順次減らしていけるのではなかろうか。
(6月21日)
 何日も経っていないが、雑草の勢いがすさまじくなった。
 そこで、ヤーコンと白ナスの周りは草刈機でザッと草刈し、雑草に負けないようにしておいた。
(6月25日)
 自宅前の畑の一部を写す(手前から、仏花2畝、ナス、キュウリ、トマト)。仏花2畝とナスは雑草に負けそうだが、しばらく様子見。
キュウリとトマトは雑草に勝っているが、雑草に隠れたキュウリの千切り忘れが出る。
DSCN0413.JPG

 ヤーコン畑を写す。雑草を草刈機でザッと刈った後。
DSCN0415.JPG

(7月20日)
 1か月前にヤーコン畑をザッと草刈し、雑草に負けないようにしておいたが、再び雑草に負けそうになった。でも、梅雨明けしたから、熱射に弱いヤーコンだから、このまま放置することに。でも、大丈夫かなあ?
(7月26日)
 雑草を放置しておいたがために、困った問題が発生した。
 ネギの伏せ替えをそろそろせねばならないのだが、予定地はニンニクやタマネギの跡地である。6月に収穫して放置してあったから、草ボウボウになっているから、ここに畝立てするのは人力では不可能である。
 やるとすれば、草刈機でていねいに草刈りし、耕運機を借りてきて耕すしかない。
 そこで、計画変更し、ここには、冬野菜の苗を植えたり、大根の種蒔きをすることに。それにしても、大変な作業となる。
 なお、ネギの伏せ替えは、ネギの仮伏せ場2畝をそのまま使い、あと2畝分を自宅前の畑(トマト、第1弾キュウリ、草に負けてしまった紫ナス=北東区画)とするが、ここもけっこう草ボウボウであり、大変な作業となる。
(7月28日)
 自宅前の北東区画の草刈・草引きを鎌を使って行う。案外スムーズにいった。また、ビッチュウでの起こしもスムーズにいき、放り出す必要のありそうな根っこも思ったほどではなかった。
(8月2日)
 あまりの雑草繁茂のため、部分的にざっと草刈することにした。紐タイプの草刈機を使用。
 紫ナス・オクラの畝:両サイド及び中央の枝豆
 ヤーコン:隣の畝や隣地の邪魔にならないよう周りだけ
 グラジオラス:畝間
 山芋:畝の両サイド
 トマト:大した雑草なくほんの一部だけ
 白ナス:畝間と雑草のひどい株間
 オクラ:畝間
 タマネギ・ニンニク・エンドウの跡:冬野菜の作付け場所につき、ていねいに草刈
 畑の両サイド:道路へのはみ出しを中心に刈る
(8月5日)
 連日の猛暑で、例年ならヤーコンが心配になるが、今年は雑草に守られて熱射でやられることはない。畝間の雑草の方が倒れだした感がする。
 おふくろの命もここ2、3日であり、当分農作業はできないから、雑草は放置。
(8月16日)
 ヤーコンの畝の雑草は、なかば枯れて、ヤーコンの株元が少々見えるほどになった。雑草のお陰で熱射は防げたが、下葉に日が当たらず、下葉は枯れている。雑草を叩いておくと下葉は熱射で枯れるが、それと同じ姿になっている。これが収穫にどう影響するか。→(後日追記)ヤーコンは史上最大の収穫となり、雑草との共生が功を奏した。
 タマネギ・ニンニク・エンドウの跡は、冬野菜の作付け場所につき、8月2日にていねいに草刈したのだが、その枯草を除けたり、少し芽吹いている雑草を引いたりする作業を昨日今日行ったのだがけっこう時間がかかる。自然農法に近い農法は面倒なものである。
(8月18日)
 自宅前の畑の一部が雑草だらけになっている。
 そこで、草刈機でざっと草を刈る。柿の木の周り、南区画、西区画、南東区画、北通路、西通路、ハウスとその東の花畝といったところ。
 8月8日に他界したおふくろには申し訳ないが、何でもない草花は雑草と一緒に刈り取ってしまった。
 なお、菊の畝は夏の雨で雑草がビッシリ生えだし、もう1回草引きをしないと絶えてしまいそうだ。→(後日追記)草引きしなかったところ、8、9割が絶えてしまった。
 雑草のたくましさを思い知らされた、今年の自然農法である。

<2016年>
(6月7日)
 昨年、雑草との共生で予想以上にうまくいったのはヤーコンであり、これは大成功を収めた。今年も昨年の例にならって進めることにする。
 その他については、びっしり張った雑草の根がために、土が肥沃になったではあろうと思われるが、定かではない。トマトについては肥料過剰が出た成育(生り芽に葉っぱがけっこう付く)をしており、その証拠が出たとも言えるが、今年は鶏糞を多用しているから、これが原因しているかもしれない。
 雑草の根張りがすごいと後作の畝作りが重労働となるから、今年はヤーコン以外は元に戻し、今の時期は徹底的に草叩きをし、雑草が繁茂しないようにした。昨日6月6日で2、3回回り草叩きし、現時点で畑全体が草1本ないほどにきれいになった。
 叩いた雑草なり、野菜の残骸(エンドウなど)は、枯れた後で極力その場に埋め込んでいるから、やがてこれが堆肥化してくれよう。
 雑草との共生は、夏野菜の後作を何にするかで違ってくるから、夏野菜が大きく生長したところで考えることにしよう。
 なお、果樹については、その多くの樹木周りにラジノクローバを育成中であり、これの成育に支障となる大きな雑草を小まめに引いているのだが、クローバが大きく生長したら雑草に勝つとのことであり、クローバとの共生を図らんと画策している。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2015.4.24 夏野菜の作付け畝に自然農法を取り入れる [自然農法の導入]

 過去記事「8.14 雑草との共生が進む夏野菜」で、概略次のように記した。
 ブログ友だちが熱心に自然農法の勉強をなさっており、大いに注目し、容易にできることは早速真似しようと取り組んでいる。
 その最大のものは、雑草との共生であり、今年、前からやっていることを本格化させ、新たに一つ組み入れた。
 トマトなど短期間で収穫が終わるものは別だが、秋まで長く収穫できる白ナスとピーマンの畝には、今年は例年以上にしっかりと雑草(他から持ち込んだもの)を被せることにした。これで、熱射と乾燥を防ぐことができる。
 新たな取り組みは、畝や畝間の雑草を刈り取らずにそのままにしておくことだ。けっこう見っともない状態になってきたが、これで土が見えなくなり、完全に熱射と乾燥を防ぐことができる。白ナスがほぼこの状態になり、間もなくピーマンもそうなるだろう。
 もっとも、野菜を打ち負かして大きくなるような雑草は別だが、そうした雑草は毛嫌いされて徹底的に除去されてきているから生えることはなく、せいぜい目に付いた大きな雑草を野菜の収穫時に収穫鋏で株元から切り取る程度のことだ。
 草むらの中に野菜がそそり立っているといった情景であり、なにかしら自然に近い感がする。

 さて、その後の状況だが、冬野菜の作付けに当たっては、畝を作り直す必要がある箇所が多かったが、そのまま使える畝は土起こしをすることなく、野菜苗を定植した。
 大根など種蒔きするものは、有機肥料を畝の下に敷き込むこととしたために土起こしをせざるを得なかった。
 なお、雑草は畝の下なり際に埋め込み、堆肥化させた。

 そして、夏野菜の作付け畝の大半を今日(4月24日)整備した。
 サツマイモの栽培跡は概ねフラットになっているから、両側から土を寄せて畝を立てるしかない。雑草はさほど生えていなかったので、雑草ごと鍬で畝立てし、テンワ(手鍬)で整形。
 冬野菜を作付けした跡は雑草だらけであり、まず草叩きをし、夏野菜作付け予定位置の冬野菜の畝の際を鍬で少し掘り、鍬で土寄せして雑草を埋め込み、テンワで畝を整形。よって、幅広の畝となった。
 この土寄せ作業で、雑草がびっしり根を張っているのが良く分かった。この根っこがやがて土壌細菌で分解され、有機肥料となる。これが自然農法のうまみだそうだ。なお、前の年のオクラの株がかすかに形状をとどめていたが、大半は有機肥料になっていることだろう。
 こうして、耕運機もビッチュウも使わないで、夏野菜の畝の整備を行ったところである。
 ただし、概ね1列置きに冬野菜の畝を壊してしまったのであるが、今後の課題としては、土寄せ作業をせず、冬野菜の畝を壊すことなく、1列置きに夏野菜を作付けすることを考えてみたい。つまり、鍬を使わず、土をいじらないやり方である。もっとも芋類やネギは収穫時に土を掘るから、跡作は鍬で畝立てすることになるのだが。そして、間もなく収穫となるタマネギやニンニクも台形のベット状の畝となっているから、畝の建て直しを要する。これも工夫して、土いじりを最小限にしたいものだ。
 
 施肥についても検討せねばならない。自然農法は無肥料であるが、うちの畑はまだまだ雑草の根張りや枯草が不十分だから施肥せねばならない。今日、今冬の野焼きで出来た草木灰をばら撒いたのだが、これだけでは不十分であろう。よって、野菜苗の植付けのとき、植付け穴に牛糞を入れることとする。そして、株間に有機肥料(鶏糞、種粕、有機肥料粒)を埋め込むことにするが、その量は従前より控え目にしたいと思っている。
 なお、今回は苦土石灰を振るのを忘れた。化成肥料を使わないから不用かもしれないが、明日にでも畝に振りかけておこう。

 こうして、なるべく自然農法に近づけるべく夏野菜の畝の整備を行ったところであるが、随分と課題が多い。
 一つ書き漏らしたが、スギナ対策が必要だ。これを野放しにしておくと畑中がスギナだらけになる。スギナの根は残り、地中深くどこまでも伸びていく。地上に伸びてきたものは見つけ次第引き抜いたり叩いたりして勢力を殺がねばならない。これはけっこう根気がいる。
 困っているのは、南隣の畑の方がご老体であまり手入れをされないから一面スギナが生えており、そこからの侵入がひどい。また、畑の東側排水路の土手からの侵入もひどい。
 自然農法では、スギナとの共生は良いとされているかどうか知らないが、小生思うに、腸内細菌に善玉と悪玉があるように、スギナは悪玉雑草に思えてならない。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2014.8.14 雑草との共生が進む夏野菜 [自然農法の導入]

 ブログ友だちが熱心に自然農法の勉強をなさっており、大いに注目し、容易にできることは早速真似しようと取り組んでいる。
 その最大のものは、雑草との共生であり、今年、前からやっていることを本格化させ、新たに一つ組み入れた。
 トマトなど短期間で収穫が終わるものは別だが、秋まで長く収穫できる白ナスとピーマンの畝には、今年はしっかりと雑草を被せることにした。これで、熱射と乾燥を防ぐことができる。本来なら、休耕田で先日刈った雑草がいくらでもあるから、これを持ちこみ、作ろうと思えば分厚い保護層を作れるのだが、ここのところずっと雨模様が続いているから、今年は、もう、そこまでやる必要はなかろうと思われる。
 新たな取り組みは、畝や畝間の雑草を刈り取らずにそのままにしておくことだ。けっこう見っともない状態になってきたが、これで土が見えなくなり、完全に熱射と乾燥を防ぐことができる。白ナスがほぼこの状態になり、間もなくピーマンもそうなるだろう。
 もっとも、野菜を打ち負かして大きくなるような雑草は別だが、そうした雑草は毛嫌いされて徹底的に除去されてきているから生えることはなく、せいぜい目に付いた大きな雑草を野菜の収穫時に収穫鋏で株元から切り取る程度のことだ。
 草むらの中に野菜がそそり立っているといった情景であり、なにかしら自然に近い感がする。
 できれば、休耕田から持ち込んだ雑草や畑で生えた雑草が、冬から春にかけて、その場で堆肥化されるのを待ち、翌年に再び夏野菜を植えつけることができると、グーンと自然農法に近づけるのだが、残念ながらその跡地には晩生の冬野菜を植栽せねばならず、そのようには参らない。
 なお、白ナスやピーマンが終わった頃には、法面保護に使っていた雑草が少々堆肥化しかけているだろうが、畑起こしをするときに、これを混ぜ込むか、除けてからにするのか、どうするのか迷うところである。
(8月24日追記)
 昨日今日でトマトを処分した。今年は真夏の長雨で随分と雑草が伸びており、草を叩くだけでもけっこう手間取ったが、その雑草の一部はトマトの残骸とともに堆肥場へ、大半は白ナスの株周りに入れ込んだ。
 また、猛暑はもうないであろうから、白ナスの畝間に伸びた雑草も叩き、畝の法面に被せ込んだ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
自然農法の導入 ブログトップ