So-net無料ブログ作成
検索選択
除草剤の噴霧 ブログトップ

今年の除草剤の噴霧記録 [除草剤の噴霧]

 例年、年に3回ほど除草剤を散布している。対象とするのは、休耕田の土手、畑に隣接する公地部分、自宅の屋敷周り、アパート駐車場、南屋敷貸地駐車場(今年まで)で、これは従前から行っている。
 2013年からは、対象とする箇所を増やした。一つは、自宅の庭や自宅前の畑に植わっている樹木周りである。ここは薄めに除草剤を撒く。以前はおふくろが小まめに草引きをしていたが、寄る年波に勝てず放置されがちになったからだ。そのおふくろも2015年8月に他界した。
 もう一つは、勤労奉仕として自宅隣の公園(これは自治会役員さんたちと一緒に)そして店の南数十mにある排水路の土手(セイタカアワダチソウが繁茂。これは任意に)である。なお、2015~16年は神社も総代として除草剤を撒く。

<2017年>
(3月19日)
 午前中2時間ほど除草剤噴霧をあちこちで行う。
 先ず神社でラウンドアップ100倍散。次にアパート駐車場で同100倍散。自宅に戻って庭の周りと庭の中を同100倍散で大ざっぱに。

<2016年>
(3月31日)
 午前中をかけて除草剤噴霧をあちこちで行う。
 先ず神社でラウンドアップ50倍散。次にアパート駐車場で同100倍散。自宅に戻って、屋敷周りを同75倍散。旧樹木畑とビニールハウス内外を同100倍散。庭の周りと庭の中を同100倍散。
 以上、徹底的に除草剤を噴霧。庭の中は多少草花にもかかったが雑草繁茂防止のため止むを得ない。
(4月9日)
  やり残しの公園の淵、須賀前畑両サイドの土手と南隣住宅との境、南屋敷貸地、自宅前の他の両サイドの土手。
 再度散布:旧樹木畑と樹木周り(特にスギナを重点に)、南排水路沿いと屋敷周り
(5月29日)
 公園の除草剤噴霧とあわせて実施。庭の周りと庭の中そして屋敷周りをラウンドアップ100倍散。
(6月6日)
 やり残してあった、自宅・須賀前の畑の敷地境界、アパート周り・店前の道路と排水路土手、自宅前の田の両側の土手と用水路両側、グラジオラス畝間に除草剤噴霧。
 そして、墓地へ行き、当家や親戚、無縁仏にも、今年初めてだが行っておいた。
(6月18日)
 あちこちにスギナが目立つ。ラウンドアップ25倍散で噴霧する。残り液は須賀前の土手・隣地境界などに噴霧。(6月23日:畑に噴霧し、効果があったが、既に新たなスギナが芽吹いている。イタチゴッコになろうか。)
(7月3日)
 1か月経ち、庭に草は生えだした。ラウンドアップ100倍散を噴霧。除草剤が残ったので、屋敷周り、公園側道路、北側道路に噴霧し、さらにミニビニールハウスの内側と北側にも噴霧。
(7月31日)
 ラウンドアップ50倍散を用意。須加前土手、隣地境、アパート駐車場、店斜め向かいの道路、排水路に噴霧。
 ラウンドアップ100倍散を用意。庭、屋敷周りに噴霧。
(8月29日)
 ラウンドアップ100倍散を用意。庭、屋敷周り、アパート駐車場、店斜め向かいの道路に噴霧。  

<2015年>
 昨年の反省記録にも書いておいたのだが、第1回は3月末なり4月当初に行うとよい。
 今年は何とかそうしようと思ったのだが、3月末は忙しくてできず、4月に入ったらずっと雨模様で何ともならない。それがまだしばらく続き、週間予報で晴れマークが出てくるのは、やっと12日(日)だ。その日は諸行事でできないだろうから、今年の除草剤散布はそれ以降となる。
 4月初日からずっと梅雨真っ盛りと同じ気象が延々と続くなんぞ経験がないことだ。参った参った、である。除草剤を撒く頃には、随分と草が伸びているだろうがやむを得ない。
(4月11日)
 久し振りに今日お昼前から晴れ、明日も1日晴れだ。よって、急きょ午後に除草剤を噴霧。
 ラウンドアップ100倍散を使用。
 庭木と畑の樹木周り、屋敷周り、公園の西淵。須賀前畑両サイドの土手と南隣住宅との境。アパート周辺。南屋敷貸地。
(4月18日)
 1週間経つがなかなか枯れる素振りを見せない。使い古しの残り物だから、効いたのかどうか不安になる。
(4月22日)
 やっと除草剤が効いてきたのが確認された。
 ところで、ネットで検索したら、ランドアップ・マックスロードを使ったのだが、1時間後に雨が降っても効果は95%とあった。これからは、天気を気にせず使うことにしよう。
(6月10日)
 公園・神社の除草剤噴霧と併せて、うちも除草剤を噴霧。
 休耕田のヨシは5月下旬に行ったが、薬剤がかからなかった青々した部分を本日再噴霧。(これについては、別記事)
 ラウンドアップ100倍散を作り、庭木・畑の木の周り(部分的)、屋敷周り、休耕田の公園側法面(やりかけで終る)に噴霧。
 須賀前の畑回り、アパート周辺、南屋敷貸地は後日。
(7月26日)
 神社の除草剤噴霧と併せて、うちも除草剤を噴霧。アパート周辺、南屋敷貸地を行う。

<2014年の記録>
(4月8日)<少々遅い>
ラウンドアップ200倍散 庭木、畑の木の周り
         100倍散 須賀前土手、屋敷周り、休耕田の公園側法面(部分的)、アパート周辺、南屋敷貸地
(6月8日)
ラウンドアップ100倍散 庭木、畑の木の周り、屋敷周り
          50倍散 公園の西方<根張りの雑草にばっちり効いた>
(6月17日)
ラウンドアップ 70倍散 休耕田の道路面、アパート周辺、南屋敷貸地、屋敷周り(若干)
(9月18日)
ラウンドアップ100倍散 南屋敷貸地、家の北側

<2013年の記録>
(5月6、8日)
 昨日、芽吹き前に効く除草剤の粉末を、畑の両サイドの水路周りと隣接住宅との境に濃厚に撒いてやった。これは畑の中にも使えるもので、2、3年前に買ったもの。
 加えて、今朝、最も一般的なラウンドアップの希釈液を同じ箇所に上乗せして噴霧。
 そして、ラウンドアップは、休耕田のコスモスの畝間と畝の法面にも噴霧。
 次に、公園の外周りに除草剤を噴霧。
 また、道路を挟んで北隣のうちの休耕田(コスモスの畝のある田)の法面上部にも噴霧。
 2日後、自宅の屋敷周りと休耕田の北面の土手、そして、店斜め前の町道とそれと交叉する排水路の土手。
(6月30日、7月2日)
 今年、第2回目の除草剤噴霧(散布)。前回は噴霧器を使って噴霧したが、今回は専用の散布器を使用。
 撒いた場所は、須賀前の畑の西サイドと、東は排水路の両サイドと道の土手。余ったものを店前方の道路の官民境の伸びた雑草に散布。
 2日後、休耕田の南北の土手、屋敷周り、樹木の周り、隣地境界、庭園の石畳に散布。
(9月10日) 
 ・須賀前の畑の西サイドと、東は排水路の道側。隣接住宅との境。
 ・アパート駐車場、北の排水路。店前方の道路の官民境と排水路北側。
 ・自宅屋敷周り。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

5.29 休耕田に繁茂していたヨシが除草剤で絶滅 [除草剤の噴霧]

 自宅前の万年休耕田。年々ヨシが繁茂し、拡大してきている。年に3回の草刈で、地面すれすれまで刈り取っても、勢いを殺ぐことはできない。
 ヨシを退治するには、ラウンドアップの原液を筆で葉に塗るとよいと同級生に聞いたが、あまりに本数が多いから、とてもその真似はできない。
 そこで、2015年の5月から6月にかけて、ラウンドアップは普通の雑草なら100倍散、スギナは50倍散だから、その4倍の濃さの12.5倍散で噴霧することにした。
 第1回目は、噴霧器でざっと噴霧しただけだから、大した効果はないかもしれないと思ったが、雑草は1週間から10日で枯れ始めるから、ヨシもそうならないかと期待した。
 10日経過したときに田んぼに入ってみると、ほとんどが枯草になっている。ただし、一部は青さがきつい。 そこで、もう1週間後に、部分的に青々している所にラウンドアップ12.5倍散を噴霧した。

 さて、その結果はというと、2016年5月29日に休耕田の草刈をしたのだが、ヨシは全滅し、1本も生えていなかった。大成功であった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
除草剤の噴霧 ブログトップ