So-net無料ブログ作成
検索選択
使っている肥料 ブログトップ

鶏糞を常用するようになったが正しい使い方はいかに [使っている肥料]

 有機肥料にこだわって化成の代わりに発酵鶏糞を使うようにした。亡きおふくろに言わせると、鶏糞は使いにくいから使わん、であった。
 なぜ使いにくいか、その訳は聞かなかったのだが、使い出して、3、4年になるが、調べてみたら次のとおりであった。
 そこで、なるほどと合点したところである。小生は、畝に敷き込む方式で鶏糞を使っているが、かなり早めに畝立てをしておかないと、根焼けするようで、小生の経験からしてもそのように思われる。
 以下、ざっとネット検索して得た情報を記しておく。今後はこれを頭に置いて施肥することにしよう。

(一般的肥料効果)
・窒素:リン酸:カリのバランスが取れた肥料で、比較的栽培期間が長い野菜の基肥や追肥として使う。

(元肥として畝に混ぜ込む場合)
・鶏糞は元肥として使う場合は、土になじむまで最低でも3週間くらいは待つ必要があります。 すぐにタネを播いても発芽不良となります。
・種蒔きや苗の植え付けの少なくとも1か月前に施肥してください。できれば3か月前が理想的です。
・鶏糞は、種まきや植え付けの1週間前くらいに土へ混ぜ込んでおきます。これは、鶏糞をまぜてから1週間くらいたたないと土の中の窒素が不安定になり、その後4週間で窒素成分がなくなってしまうためです。

(元肥には避けたほうがいい作物)
・根菜類に使う場合は、地中にまとめて施肥せず、地上にサラっと撒く。伸びてきた根菜が、突如強い肥料に当たると、股割れを起こします。

(追肥として使う場合)
・追肥として利用するときはカブから離れた所に浅い溝を掘って埋め込む。
・肥当たりをすごくしやすいので使う際には、作物からしっかり離して「置いてやる」ことを忘れない。
・追加で施すときは、植物の根に直接触れないよう土の表面においていきます。雨や水やりで土の表面がカチカチに固まっているときはこまめにほぐすとよいですよ。

(適さない作物)
・アルカリ性が強いので、ブルーベリーには向いていない。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

9.4 石灰窒素を使うことにしよう [使っている肥料]

 有機農法にこだわりすぎたためか、ホウレンソウ栽培が失敗の連続であるので、原点に立ち返って2016年から石灰窒素を使うことにした。
 石灰窒素の特性など調べたら次のとおり。(日本石灰窒素工業会)

 ホウレンソウ栽培:
 ホウレンソウは硝酸態窒素を好んで吸収しますが、アンモニア態窒素も吸収させると葉色が濃く葉肉が厚くなり品質のよい(ビタミンC含量の多い)ものが穫れます。また、ホウレンソウは極めて酸性土壌に弱く養分として石灰を多く吸収します。このようなホウレンソウの性質から、1.窒素がアンモニア態窒素として長効きする、2.酸性土壌の改良効果がある、3.石灰を含有する、と云う石灰窒素の特性とよく合います。

 その他にも興味ある説明があった。うちで栽培しているもので、特に効果的なものを拾い出してみた。

 ナスの栽培:
 ナスは生育期間が長いため、品質のよい実を長期間にわたって収穫するには養分吸収に合った施肥を行い「成り疲れ」をさせないことが大切です。
 また、ナスは酸性土壌を嫌いアンモニア態窒素と硝酸態窒素の両方ある方がよく生育するので石灰窒素の肥効特性にピッタリ合い品質・収量の向上に結びつくわけです。基肥として施す場合は、なるべく早めに堆肥などと一緒に60~100kg/10aを全面に施し、土とよく混和するように耕うんしておきます。
 さらに、石灰窒素を追肥として畦間施用すると増収効果があります。この場合、畑の乾燥が著しいときは畦間に潅水してから施し、施用直後に降雨が予想される場合には施用を避けて下さい。

 ピーマンの栽培:
 ピーマンに対する太陽熱・石灰窒素法により、センチュウ類の防除および品質と収量を向上させる事例が報告されています。
 また、長野県では石灰窒素の追肥によって高い収量とA級品の比率も高まり優れた効果がみられています。

 ネギの栽培:
 石灰窒素は鮮やかな色沢、葉は鮮緑色で、軟白茎は純白色、肉質は緻密でしまりのよいネギづくりには欠かせません。さらには雑草、センチュウを防除します。
 ネギは酸性土壌を嫌い、湿害も受けやすいので石灰窒素に含まれる石灰が酸性土壌の改良や湿害の軽減(亜酸化鉄の吸収抑制)にも有効です。
 また、ネギは生育期間が長くアンモニア態窒素と硝酸態窒素の両方を吸収すると、よく生育するので石灰窒素の肥効特性がピッタリ合います。
 特に、ネギの葉は“ろう質"であることと、畦間が広いので石灰窒素を追肥としても使用できます。

 里芋の栽培:
 サトイモは栽培期間が長く肥持ちのよい肥料が好まれています。石灰窒素をl0a当たり40~60kgを植え付け2週間ぐらい前に全面施用して耕起、作畦する。
 ほかの肥料は植え付け時に溝施用をします。石灰窒素を施用すると親芋の肥大がよく、子芋の着生数も増加します。
 また、石灰の欠乏によると云われている、芽つぶれ症にも効果があります。

 ニンニクの栽培:
 ニンニクの大球を多収するためには、土づくりが欠かせません。これには良質堆肥の施用、あるいは緑肥すき込みなど有機物の投入が必要となります。その際に石灰窒素をl0a当たり50~100kgを施用すると、肥切れ防止、センチュウ対策に大きな役割を果たします。
 青森県では9月中旬~10月上旬の植え付け20日前に緑肥と石灰窒素を10a当たり40kg施用し、3回以上耕うんするよう指導しています。

 ニンジンの栽培:
 ニンジンは根菜類のなかで色沢や形状の良否が一番問われることから、窒素肥料より、りん酸、カリなどに視点がおかれるむきがあります。
 しかし、石灰窒素を施用すると肌は、滑らかで艶があり、鮮紅色で色づきがよく、増収に結びつくことなどで主産地では欠かせないものとなっています。
 また、連作圃場で問題となるネコブセンチュウなどの被害についても、いろいろな施用事例から軽減される効果が認められております。

 桑の栽培:
 桑樹は栽培期間が長く採桑量も多いので、緩効性で流亡の少ない石灰窒素は肥効が高く、特にその連用がきわめて効果的です。
1.使用時期
桑の肥料は冬肥、春肥、夏肥の3回に分けて施肥されますが、石灰窒素はその特性から冬肥と春肥が一番よいでしょう。
(1)冬肥:12月~1月ごろ。
(2)春肥:発芽1ヵ月ぐらい前。
2.使い方
(1)畦間に溝を掘って石灰窒素を散布し土とよく混ぜる。
(2)畦間全面に石灰窒素を散布してから表土と混ぜる。

(10月3日)
 石灰窒素のことを知って、早速9月にホウレンソウ(ついでに小松菜にも)畝に他の肥料と混ぜ込んで施肥したし、ネギは石灰窒素を振った後、それが隠れるように土寄せしておいた。また、里芋、ナス、ピーマンには畝の法面に振っておいた。ついでにオクラも。
 ところで、今日気が付いたのだが、ピーマンの畝、引いた雑草がかなり畝に被せてあるが、石灰窒素が雨で固まった状態になっている。今年の9月は雨が多いが、このようになかなか溶けないのでは、施肥効果が弱いのではなかろうか。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
使っている肥料 ブログトップ