So-net無料ブログ作成

2.25 冬越しベゴニアの再生栽培 [プランター・鉢植の草花]

<2018年>
(2月25日)
 夏に店頭に飾るプランターに植えたベゴニア。今冬は暖かくて、店のショウウインドウの前に置いておいたのだが、2プランターがけっこう元気に生き残った。
 これを1月末に納屋の軒先に置いておいたのだが、引き続き元気であり、今日、4月6日の陽気となったので、株分けして4プランターにした。
 プランターに入れる土は、その昔は軽石と園芸用培養土を買ってきて、新品を使っていたが、何年も前から、花が終わったら、これをムシロにぶちあけて干し、篩にかけて軽石と使い古しの園芸用培養土に分け、繰り返し使っている。これでは肥料不足になろうから、牛糞堆肥を半量ほど混ぜ込み、ときには使い捨てカイロから取り出した酸化鉄を足している。
 株分けするときは、思い切ってベゴニアの茎を千切り取り、5分の1程度の大きさにした。なお、根っこもかなりちぎり取った。
 たっぷり水やりし、母屋の玄関口に置き、養生することに。 

<2018年>
(3月5日)
 夏に店頭に飾るプランターに植えたベゴニア。晩秋に元気そうなものを数鉢、玄関先で越年させた。真冬の冷え込みで、半分以上は凍みて溶けてしまったが、生き残ったものが3鉢(プランター2、植木鉢1)ある。
 例年より1か月近く早いが、今日、取り出して株分けし、5つのプランターに植え替えをし、雨が当たるよう、露天に置くことにした。
 これからは大した冷え込みはなかろうから、順調に育ってくれるのではなかろうか。
(4月23日)
 枯れた株1株、あまりに小さい株1株を処分し、1つのプランターに残った2株をまとめる。  

<2017年>
(4月6日)
 夏に店頭に飾るプランターに植えたベゴニア。晩秋にはバッサリ切り取って軒下で越年させた。真冬の冷え込みで、かなりの部分が凍みて溶けてしまったが、ここへ来て、けっこう新芽が吹いてきた。
 今朝、取り出して株分けし、4つのプランターに植え替えをした。
 なお、これでは不足するので、時期が来たら、新たに苗を購入するのは例年どおりのやり方である。
(4月18日)
 4つのプランターに計9株を植え替えたが、3株ほどはパッとしない。

<2016年>
(3月24日)
 店頭の花壇は、冬花のジュリアンが終わり、パンジーだけとなった。
 先日、ヒヤシンスと水仙のプランターを持ち込み、半分が入れ替わったが、昨日、冬越しのベゴニアを持ってきて、パンジーはショウウインドウの前に並べることとした。
 これで、目に付きやすい店頭の花壇はすっかり様変わりした。
 ところで、冬越しのベゴニアは今年初めてである。
 毎年幾鉢かを軒下で冬越しさせるも、冷え込みでかなり痛んでしまい、晩秋には大半を刈り取って、4月に株分けして再生させようと試みるも、凍みてダメになっているものが多い。
 今冬は、ガラス越しに日が当たる場所で室内保管したから、枯葉がどれだけかあるも、それらを除去したり、伸びすぎた枝を切ったら、何とか見られる姿になった。
 花の付き方が少ないが、培養土を入れたり、施肥したりしたから、暖かくなれば綺麗に花を付けてくれるのではなかろうか。
 初めての冬越しのベゴニアである。近いうちに何とか見映えのいい姿になってほしいものだ。
(5月14日)
 たしか4月下旬からきれいな花をポンポンに付けるようになり、伸びすぎている茎を切り取ったり選ったりした。今、見事な見映え。
 先週から日月連休日は自宅へ持って行って日に当てるようにしている。でも、全日にわたっていきなり日に当てると葉が焼けてしまうから、半日だけ日が当たるように置き場所を工夫することにしている。
(5月27日)
 プランターに2株ずつ植えてあるのだが、1鉢は1株がほとんどダメになりそうだ。そこで、勢いのいい1株を植木鉢に植え替えることにした。ダメな1株も小さい茎1本に元気があるので、これも同様に植木鉢に。

<2015年>
(4月16日)
 夏に店頭に飾る、プランターに植えたベゴニア。晩秋にはバッサリ切り取って軒下で越年させるのだが、今冬はビニールハウス内で越年させたら、軒下より冷え込むようであり、半分は凍みて溶けてしまい、残ったのは3株しかなかった。
 これが新芽を吹き出してきているので、今日株分けして3つのプランターに植え替えをした。
 上手に株分けすれば、もう2鉢できたであろうが、付いている根があまりにも少なく、かつ、同色ばかりであるから処分。
 時期が来たら、苗を購入するのは例年どおりのやり方である。
(4月28日追記)
 プランター1鉢は根付かず、枯れそうな状態に。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0