So-net無料ブログ作成

休耕田に繁茂していたヨシが除草剤で絶滅したが… [休耕田]

 自宅前の万年休耕田。年々ヨシが繁茂し、拡大してきている。年に3回の草刈で、地面すれすれまで刈り取っても、勢いを殺ぐことはできない。
(2015年5月)
 ヨシを退治するには、ラウンドアップの原液を筆で葉に塗るとよいと同級生に聞いたが、あまりに本数が多いから、とてもその真似はできない。
 そこで、2015年の5月から6月にかけて、ラウンドアップは普通の雑草なら100倍散、スギナは50倍散だから、その4倍の濃さの12.5倍散で噴霧することにした。
 第1回目は、噴霧器でざっと噴霧しただけだから、大した効果はないかもしれないと思ったが、雑草は1週間から10日で枯れ始めるから、ヨシもそうならないかと期待した。
 10日経過したときに田んぼに入ってみると、ほとんどが枯草になっている。ただし、一部は青さがきつい。
 そこで、もう1週間後に、部分的に青々している所にラウンドアップ12.5倍散を噴霧した。
(2016年5月)
 さて、その結果はというと、2016年5月29日に休耕田の草刈をしたのだが、ヨシは全滅し、1本も生えていなかった。大成功であった。

(2019年6月)
 休耕田の草刈をしたところ、絶滅宣言してから3年経っているのだが、枯らしたエリアの所々にヨシがポツンポツンと生えているのを発見。今年は放置。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0