So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

11.17 晩生枝豆の種取り [枝豆]

 通常の枝豆は夏に収穫できるのだが、10月下旬にやっと食べられるようになる晩生枝豆(大豆)は虫が付きにくく、重宝している。
 この種つまり大豆を何年か前に、小生がお世話になった方(製薬会社を退職され埼玉県在住)からいただき、それ以来毎年種取して作付けしている。

<2018年>
(11月17日)
 種取り用に1株(3本立て)残してあったが、鞘が全部枯れた状態になっており、本日種取り。ほんの一部、まだ乾いていないものがあった。しばらく日陰干ししてから収納しよう。
 昨年と違って須賀前の畑での栽培であったから、ほとんど虫食いがなく、種は2年分は十分にある。
(11月26日)
 紙袋に入れ、冷蔵庫保管。

<2017年>
(11月下旬)
 今年は自宅前の栽培で虫食いが多かった。種取するも不良が大半で、来年の種蒔きに事欠く状態となった。

<2016年>
(11月20日)
 種取り用に1株(1本立て)残してあったが、鞘の過半が枯れた状態になっており、本日種取り。まだ青いものは後日(26日収穫)。
(11月27日)
 鞘から種取り出し。箱に入れ、とりあえずは日陰干し。
 2年分は十分に確保できた。→翌年、全部を使ってしまった。

<2015年>
(12月6日)
 種取りを今日行った。例年なら11月下旬に行い、完熟の種がたくさん取れる。
 須賀前に1本(ただし、枝の半分は食用に)種取り用に残しておいたものを引き抜いてきた。
 ところが、今年の11月は冷え込みがなかったせいか、まだ完熟していない豆がけっこうあり、また、完熟したものの大半が虫食いになっていた。
 よって来年必要な量を確保できなかった。
 まあ、ここは平成24年産の種がたっぷり残っているから、来年はそれを使うことにしよう。→4年も経っていたから全然発芽しなかった。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0