So-net無料ブログ作成

東庭の改造に2016年から着手し、アジサイ園づくり [庭木・雑木畑の手入れ・改造]

 自宅前畑と道路の境に垣根があり、果樹を除いて樹木を2015年晩秋に全部伐採してしまったが、アジサイは残してある。しかし、アジサイは日が当たりすぎるとよくない。
 そこで、午前中しか日が当たらない東庭に順次移植し、東庭は大半をアジサイにしたいと考えている。
 そのためには松その他の樹木を伐採せねばならないが、おいおいこれを行い、東庭を改造し、アジサイ園にしたいと考えている。

<2016年>
(4月10日)
 アジサイの移植は時期的には遅いが、真っ白な大きな花をつけうる小木のアジサイを1株移植した。
(6月18日)
 今日現在の東庭の姿を記録に残しておこう。
DSCN0472.JPG

(6月26日)
 北端の花木を大きく剪定。椿の木2本とも伐採し、枯れるようラウンドアップ原液をかけておいた。
 ドクダミはじめ雑草を引き、その場で堆肥化させることに。
(9月4日)
 つつじ2株、無名の花木1株を伐採し、枯れるように除草剤ラウンドアップ原液をたらす。
 アジサイの剪定はO氏によると今時分がいいとのことで、前方にあるものを低くし、後方を高くするように枝を剪定。
 2日前にO氏からいただいた新品種「天使のホッペ」を空いた所に植え付ける。

<2017年>
(2月20日)
 槙の木、ツツジ、花木の3本を残し、松の木と樫の木を伐採。非常にすっきりした。
 なお、伐採した2本の切り株には、枯れるようラウンドアップ原液を塗り込み、雨模様だから鍋を被せておいた。
(5月17日)
 先日O氏からいただいたアジサイの苗木「アナベル」を空いた所に植え付けた。
(6月19日)
 JAへ行ったらアジサイの苗木を売っていたので3株購入し、植え付け。
(9月3日)
 角の花木を剪定。いずれは伐採したいが、春に綺麗な花が咲くから、残すしかないか。
 南庭から掘り出したスイセンを東庭の最前列に移植。
 アジサイを若干剪定。なお、今時分に咲くアジサイもあって、だいぶアジサイ園らしくなってきた。

<2018年>
(2月26日)
 前方を低く、後方を高く、といった調子になるよう、アジサイの上部を剪定。
(5月28日)
 水仙の葉を鎌で切り、雑草抑えにする。真っ白で大きなアジサイの花が隠れそうになっており、余分な晩生アジサイを切ったり、シャクヤクを剪定したりする。ボケの木も脇枝を全部切る。これでだいぶアジサイ園らしくなってきた。
(5月29日撮影)
DSCN0561.JPG

(6月24日)
 アジサイも花が枯れるとみっともない姿になる。そこで、枯れたり枯れかけたりしている花を全部除去。咲いている花が少なく、少々寂しいが、すっきりした。
(10月1日)
 晩生のアジサイがまだ咲いているが、もう終わろう。
 変わり種のアジサイは枯れてしまうものが多く、せいぜい真っ白な小木が残っている程度だ。
 春咲き球根で今までプランター栽培してきたものを植え付け。水仙の球根が多いので、南北両端にかためて埋め込んでおいた。
 なお、ニラが多く、極力引き抜く。

<2019年>
(6月2日)
 2品種がきれいに咲いてきて見栄えが良くなった。ここ2、3年頂き物や購入品を植え付けたが、ほとんどが絶えてしまったようだ。
 右際の花木(ぼけ)を大きく剪定したり、花が済んだシャクヤクやスイセンを刈り取り、スッキリさせておいた。
(6月23日)
 アジサイも花が枯れるとみっともない姿になる。そこで、早咲き2品種の枯れたり枯れかけたりしている花を全部除去。すっきりした。
 少々寂しい感がするも、他品種で咲きだした花があり、何とか様になっている。
(7月9日)
 2番手の花が概ね枯れ、再びみっともなくなった。それらを全部除去。
 晩生のアジサイが、まあまあ様になっている。
(9月2日)
 その後、アジサイ園の前面を草引きし、今日、草絶やしのため除草剤を噴霧。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0