So-net無料ブログ作成

24節気毎の野菜収穫見込み:雨水から啓蟄まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 「24節気の健康と食養:雨水から啓蟄まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

<2019年>
 今季の冬野菜は、ネギとハクサイ以外は無肥料栽培です。全般に生育が若干悪かったですが、まずまず成功した無肥料栽培です。
 畑では各種の冬野菜がだいぶ少なくなりましたが、余裕があるのは、春菊、小松菜、ネギ、キャベツ、大根、カブ、玉を巻いていないハクサイそしてニンジンです。
 ホウレンソウは遅蒔きが生育遅れで大きくならず、鳥に葉っぱを食われつつあり、ほとんど収穫できそうにないです。カリフラワーはすでに終わり、ブロッコリーはもう少し暖かくならないと脇芽の収穫ができそうにありません。
 自家用には、幾種類も何とか毎日食卓にのぼっていますが、この先も大丈夫でしょう。
 なお、これからが旬の甘夏がたわわに実っています。今年は大豊作です。よって、すでに収穫を始めましたが、まだ気持ち酸味が強いです。<主・酸味、従・甘味、添・苦味>この三味の組み合わせになっている甘夏です。皆さんも食後のフルーツにどうぞお召し上がりください。

<2018年>
 畑では各種の冬野菜がだいぶ少なくなり、余裕があるのは、春菊、小松菜、ネギ、キャベツ、カブそして玉を巻いていないハクサイぐらいのものです。
 例年、かなり余る大根は11月以降の冷え込みで大きくならないものが多く、残っているのはニンジン並の大きさ。ホウレンソウは間もなく終わりそうですし、カリフラワー、ニンジンはすでに終わり、ブロッコリーはもう少し暖かくならないと脇芽の収穫ができそうにありません。
 自家用には、幾種類も何とか毎日食卓にのぼっていますが、この先少々心配です。
 なお、今冬の冷え込みと山での降雪により、野鳥が例年より野に下りてくることが多いようで、6日前に可能なかぎり冬野菜に防鳥ネットを掛けることとしました。

 果物についても紹介しておきましょう。これからが旬の甘夏がたわわに実っています。そろそろ収穫して良さそうです。<主・酸味、従・甘味、添・苦味>この三味の組み合わせになっている甘夏です。皆さんも食後のフルーツにどうぞお召し上がりください。 
 注文しておいた「わけありリンゴ」をまもなく食べ終わりますので、そろそろ甘夏をいただくこととします。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。