So-net無料ブログ作成

24節気毎の野菜収穫見込み:清明から穀雨まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 「24節気の健康と食養:清明から穀雨まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

<2019年>
 畑では各種の冬野菜が底をついてきて、例年十分に残っているのは冬キャベツぐらいなものですが、今年も昨年同様に玉が大きくならず不作ですし、次々とパンク(はぜる)するようになります。また、例年ならネギやホウレンソウが少し残っていますが、今年はともに不作で収穫が終わっています。小松菜の菜の花も終わりました。唯一、春菊だけがまだ当分収穫できますが、蕾が付き始めています。
 こうして、今の時期は何もかも端境期といった状態ですが、唯一ニラだけがこれから収穫することができますが、そうそう多く食べることはできません。絹さやエンドウが早く実を膨らませないかと期待しているところです。
 果物は甘夏がありますが、今季はもう食べ終わりました。
 うちで入手できる山菜・野草についても紹介させていただきます。
 栽培種ですが、タラの木があり、一斉に芽吹いてきましたが、今年初めてのことですが、随分と枯れてしまい、たいして収穫できそうにありません。そのうち、保存してある大根でたっぷり大根おろしをつくり、タラの芽のてんぷらを時々いただくことにしています。
 少し遅れてウドの芽も吹いてきます。これも毎年てんぷらにしていたのですが、昨年から藁で囲い込んで黒ビニールを被せ、本格的なウド栽培としました。これはおいしいです。
 そして、休耕田のあちこちでセリが少しずつ大きくなりました。春の七草にあげられ、旬のセリです。セリ飯は風味が良くて美味しいです。摘んできていただくことにします。
 また、樹木畑の淵で一人生えのミツバが若葉を広げだし、十分に食べ頃となりました。これも摘んできて、あれこれ料理に添えることにします。今年もものすごく群生しています。

<2018年>
 畑では各種の冬野菜が底をついてきて、例年十分に残っているのは冬キャベツぐらいなものですが、今年は玉が大きくならず不作ですし、次々とパンク(はぜる)するようになります。また、例年ならネギやホウレンソウが少し残っていますが、今年はネギが残っているだけで、それもネギ坊主が出だしましたから、白根の部分は味か落ちます。小松菜の菜の花も終わりました。唯一、春菊だけがまだ当分収穫できますが、蕾が付き始めています。
 こうして、今の時期は何もかも端境期といった状態ですが、唯一ニラだけがこれから収穫することができますが、そうそう多く食べることはできません。
 果物は甘夏がありますが、今季は不作で、間もなく食べ終わります。
 うちで入手できる山菜・野草についても紹介させていただきます。
 栽培種ですが、タラの木があり、一斉に芽吹いてきましたので、収穫を始めました。保存してある大根でたっぷり大根おろしをつくり、タラの芽のてんぷらを時々いただくことにしています。少し遅れてウドの芽も吹いてきます。これも毎年てんぷらにしていたのですが、今年は藁で囲い込んで黒ビニールを被せ、本格的なウド栽培としました。はたしてうまくいくか?
 そして、休耕田のあちこちでセリが少しずつ大きくなりました。春の七草にあげられ、旬のセリです。セリ飯は風味が良くて美味しいです。摘んできていただくことにします。
 また、樹木畑の淵で一人生えのミツバが若葉を広げだし、十分に食べ頃となりました。これも摘んできて、あれこれ料理に添えることにしましょう。今年はものすごく群生しています。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。