So-net無料ブログ作成

24節気毎の野菜収穫見込み:小満から芒種まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 「24節気の健康と食養:小満から芒種まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

<2019年>
 畑では、イチゴがピークとなりました。今年は食べきれないほどに。
 絹さやエンドウがピークを過ぎ、残りはほんのわずかになってしまいました。
 昨年から栽培を始めたソラマメの収穫時期となりましたが、今年は実の付きようが悪く、不作となりそうです。
 フキは、少しばかり生えている金柑の木の際で収穫できましたが、栽培箇所を引っ越した半日陰ではまだ十分な太さに生育しておらず、収穫は当分先になりそうです。
 ニンニクがそろそろ収穫できる状態となりましたが、それに先立ち“とう”摘みしてそれをいただくのが例年のことですが、今年も、らしい“とう”が出ず、少々がっかりです。
 柿の木の際に種蒔きしたチマサンチュは、欠き葉にする株を残して、しばらくしたら選り、おひたしなどにします。
 夏大根の選りを今節の終わりには食すことができましょう。
 しだれ梅の際で栽培しているニラが豊作で、すでに2回収穫しましたが、今節も刈り取っていただくことにします。
 ミツバが大群生し、いつでも薬味に使えます。所々で花が咲きだしましたから、これが秋には芽吹いて晩秋以降に摘むことができ、年中使える状態になりました。

<2018年>
 畑では、イチゴと絹さやエンドウがピークを過ぎましたが、今しばらく毎日いただけそうです。
 今季初めて栽培したソラマメの収穫時期となり、2、3回に分けて収穫することとしています。
 フキは新設した栽培場所の条件が悪く(日当たりが強すぎ)て、半日陰へ引っ越しの過渡期にあり、まだ十分な太さに生育しておらず、収穫は当分先になりそうですし、今年は収穫量も少なくなりそうです。
 ニンニクがそろそろ収穫できる状態となりましたが、それに先立ち“とう”摘みしてそれをいただくのが例年のことですが、今年は品種を変えたせいか、“とう”が出ず、少々がっかりです。
 一昨年から栽培を始めたチマサンチュは、欠き葉にする株を残して、しばらくしたら選り、おひたしなどにします。
 夏大根の第2弾の選りを今節の終わりには食すことができましょう。
 一昨年、しだれ梅の際に移植したニラが豊作で、すでに2回収穫しましたが、今節も刈り取っていただくことにします。
 ミツバが大群生し、いつでも薬味に使えますし、所々で花が咲きだしましたから、これが秋には芽吹き、晩秋以降に摘むことができましょう。
 春キャベツの生育が悪く、今頃になって食べごろとなり、収穫がまだ続いています。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。