So-net無料ブログ作成

24節気毎の野菜収穫見込み:小暑から大暑まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養「小暑から大暑まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

<2019年>
 キュウリは足が短く、例年第1弾が今ピークで間もなく終り、引き続き第2弾が生りはじめるのですが、無肥料栽培2年目の今年、チョウ不作となり、自家消費にも事欠きます。トマト第1弾、紫ナスも同様で不作です。ピーマンはポツポツ生り始めていますが、昨年に比べてもイマイチです。一方、十六豆(十六ササゲ)、枝豆は例年どおり期待できそうで、2、3日前から採れ始めました。これに、オクラが続くでしょう。苦味食材で夏にふさわしいゴーヤは昨年同様に大幅に遅れています。
 こうして、夏野菜の多くは苦戦しています。
 薬味としては、随分と大きくなってきた青シソがありますし、ミョウガが間もなく頭を出し始めます。
 近年、栽培を始めたチマサンチュ(韓国では焼き肉にこれを巻いて食べることで有名)が大きく育ちはじめ、下のほうの葉から順次もいで、おひたしや味噌和え、そしてサラダにできるようになりました。菜っ葉類が少ない夏ですから、貴重な葉野菜です。
 なお、苦味食材の代表格であるフキは、栽培場所を変えたこともあって、これからの収穫となり、それが終わればゴーヤとバトンタッチです。
 ニラも少々栽培しており、いつでも刈り取って料理に使うことができます。
 これ以外にも、時期外れですが夏大根の収穫が続いており、間もなく夏キャベツの収穫が始まります。そして、間もなく夏ニンジンの収穫が始まります。
 果物はメロンを栽培していますが、梅雨明け後に、枯れなければの条件付きですが、どれだけか収穫できることでしょう。
 なお、イチジクは3本(3種類)あり、例年この時期に夏の分が収穫できるようになるのですが、今年は、幼木であったり、冬にバッサリ枝落としをしたがために、実が熟すのは随分先になりそうです

<2018年>
 キュウリは足が短く、第1弾が今ピークで間もなく終り、引き続き第2弾が生りはじめましょう。トマト第1弾、紫ナス、ピーマンがこれから最盛期を迎えます。そして、ゴーヤ、オクラ、十六豆(十六ササゲ)、枝豆が採れ始めます。こうして、夏野菜が出揃うのがこの時期です。また、薬味として、随分と大きくなってきた青シソがありますし、ミョウガが間もなく頭を出し始めます。
 一昨年から栽培に取り組んでいるチマサンチュ(韓国では焼き肉にこれを巻いて食べることで有名)が大きく育ち、下のほうの葉から順次もいで、おひたしや味噌和え、そしてサラダにしています。菜っ葉類が少ない夏ですから、貴重な葉野菜です。
 なお、苦味食材の代表格であるフキは、栽培場所を変えたこともあって、これからの収穫となり、それが終わればゴーヤとバトンタッチです。
 ニラも少々栽培しており、いつでも刈り取って料理に使うことができます。
 これ以外にも、時期外れですが夏大根の収穫が続いており、間もなく夏キャベツの収穫が始まります。なお、大根は時差蒔き3回とし、選り葉を炒め物にしていただいています。そして、今年は出遅れている夏ニンジンの収穫が間もなく始まります。
 果物はメロンを栽培していますが、今年も出遅れており、梅雨明け後に、枯れなければの条件付きですが、どれだけか収穫できるかもしれません。
 なお、大玉のイチジク「ダルマティー」は防鳥ネットをしっかり張ったのですが、わずかな隙間から鳥が入り込み、未熟な状態で全部食われてしまいました。今、小さな実の秋収穫まで待たねばなりません。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。