So-net無料ブログ作成

2.2 この2月の農作業は実に暇となる [ファーマーの“一日一楽”日記]

別立てブログ「薬屋のおやじの“一日一楽”&“2日前”の日記」で投稿した記事で、ファーマーに関するものは、このブログで再掲することにします。

  明日明後日の当店連休、さて何をやろうか、たいてい土曜日には、そう考える。
 明日から明後日にかけて夜はかなりの雨が予想され、百姓仕事は明日の午前中に限られる。でも、やらねばならないのはユズの収穫ぐらいなもので、他にたいしてない。
 よって、あとは、ここのところ始めた2階の居室の断捨離だ。
 さて、2月は始まったばかりで、この先、百姓仕事は何があろうかと、昨年の百姓日誌を見てみた。それなりにけっこうあれこれ何かやっている。でも、1つずつ見ていくと、今年はこれはやらなくていい、それもやらなくていい、あれは今年からやめにしよう、というものが大半となり、らしい仕事は月末のヤーコン芋掘りだけとなってしまった。
 ズルして楽しようと横着を決め込んだかというと、そうではない。ここ1年ほど自然農法を積極的に取り入れ、それがだいぶ軌道に乗ってきたから、あまり手を加えなくてよくなったせいが大きい。
 ところで、自然農法の本質は、小生思うに“ズルして楽しようと横着を決め込む”ことだから、今、“そうではない”と否定したが、これは訂正せねばならんだろう。
 いずれにしても、今年から農作業がかなり簡素化できそうで、有り難いことである。
 もっとも、そうそう容易に自然農法がうまくいくとは思えないから、場合によっては、一汗、二汗かかねばならぬ事態が生じようが。まあ、それはそのとき考えよう。
 地の神様、わが畑の自然農法がうまくいきまうように。
 神様には、ただただ感謝するのみで、願いをかなえてもらおうと祈るのは失礼千万甚だしことであるのは重々承知しているものの、小生にとって世紀の大冒険である自然農法を何が何でも成功させたく、つい祈ってしまいました。失礼をお許しください、地の神様。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。