So-net無料ブログ作成

2019月年2月 左手の甲の肉離れ? [ファーマシーの疾病]

(2019年2月4日)
 昨日の夕刻から左手の手首が痛みだした。夜になると指を動かすだけでも痛みを感ずる。どうしたことだろう?
 思い当たる節は、昨日のユズの収穫のとき、12、3kgユズが入った籠を3つ運んだ時か、脚立を動かした時、たいていは左手を使うから、そのときに過剰な負荷がかかり、左手首の関節か筋を痛めたのだろう、そうとしか考えられない。
 夕刻から風呂に入るまでは冷シップを貼ったのだが、今朝になって見てみると、手首ではなく、手の甲が腫れていた。原因は、手の甲の筋肉の肉離れである。恐れ入った。
 こんなことで肉離れになるなんて、俺も年を食ったものだ。こんなんは気を付けようと思っても気を付けようがないじゃないか。弱ったものである。
 幸い丸1日経って痛みは随分と減じたが、これは今朝も貼った冷シップで痛みをごまかしているだけであろうし、肉離れなんて日にち薬でないと治るものではなく、1週間や10日は少なくともかかる。当分の間、極力左手を使わないで済ませるしかない。
 そうしたことから、今日予定していた店の2階の居室の断捨離も左手が使えないために日延べしたところである。鼻風邪がちっとも治らないことも重なって、今日一日ゆっくり休養。
 たまにはこうした日があってもいいだろう。
 いずれにしても肉離れも鼻風邪も早く治ってほしいものです。
(翌2月5日)
 冷シップは夕べ風呂に入る前に剥がし、それ以来貼っていない。今朝起きてみると、腫れはなく、痛みも大幅に減少。かすかに違和感が残るのみ。
 こんなに早く治るなんてビックリ!
 ということは、自分で下した「左手の甲の肉離れ」は誤診か?
 じゃあ、本当の原因は何か? さっぱりわからん。
(2月7日)
 もう完治。原因不明で終ってしまった。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。