So-net無料ブログ作成

5.5 セリの栽培 [野草・山菜]

 昔は田んぼの淵にセリが生えていたものだ。ところが、耕運機、今はトラクターでかき混ぜるようになってから、セリは絶えてしまった。
 幸いうちの田んぼは何十年も休耕しているから、まだ淵にセリが残っている。毎年、今頃にはセリを摘んで、セリ飯を1回か2回食べている。
 ところが、今年はどういうわけかセリがあまり出ていない。良品を探すのにけっこう苦労した。
 
(2019年5月5日)
 そこで、セリを栽培し、いつでも簡単にセリが摘めるよう目論んだ。
 場所は納屋の淵にある、排水路のU字溝である。以前、何かの拍子で、ここにセリが生え、溜まった泥とともに処分してしまったのだが、けっこう立派に育っていた気がする。
 ちょうど今、U字溝にはまずまず泥が溜まっているから、調子がいい。
 休耕田へ行って、固まって生えているセリを10株ほどに分け取り、それをU字溝に埋め込んでやった。
 ここのところ、雨も降らないし、納屋の洗い場からも水を流していないので、雑草が生えてはいるものの乾き気味だ。よって、U字溝の一番上に溜まっている泥をかき取り、一番下に持っていき、防波堤の形にし、水が溜まりやすいようにしておいた。
 最後に、納屋の洗い場から水をジャージャー流し、たっぷり泥を湿らせて、作業終了。
 今後も、時折水を流すことを心しよう。
 来年は、休耕田へ行かなくても、ここでセリ摘みができよう。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。