So-net無料ブログ作成

小松菜の無肥料栽培 [小松菜]

 例年、自宅前の畑で栽培している小松菜。当地では、“正月菜”と呼び、これは、雑煮に必ず入れる野菜であることから、そう呼ぶようだ。うちは、ほとんど雑煮を食べなくなったから、近年は少しの作付けで済ませることにしている。
 種蒔き時期は2013年から、10月10日、22日の2回、時差蒔きすることにしている。  例年、有機肥料で慣行農法栽培してきたが、2018年からは、同じ畝で連作し、かつ、無肥料・無農薬(自然農法)栽培とする。
 自然農法で参考としたのは次のものである。
 「たんじゅん農」との出会い、そして河名秀郎さんの「自然栽培」との出会い  三浦伸章「ガッテン農法」を知る
 なお、従前の有機肥料栽培の記録は「従前の小松菜有機肥料栽培」に残す。

<2019-20年>
(トウモロコシⅠ跡の整備)
 8月1日、トウモロコシの残骸を刻んだり、畝の草引きは先日済ませてある。
 畝に乗っている刻み藁やトウモロコシの残骸などを畝から除け、鍬で畝の法尻に鍬で溝を掘り、手で順次埋めていく。
 8月27日、びっしり生えた雑草をテンワで叩く。

<2018ー19年>
<第1弾>
 十六豆第1弾収穫跡の畝に小松菜第1弾を作付けする。
 十六豆の垣根撤去後、9月17日、草引きを行った後、細かい草の草叩きしておいた。あらかじめ草引きを行なったのは、秋雨前線の停滞で土が湿りすぎているからである。
 一切の肥料も入れなければ、畝起こしもしていない。ただし、スコップで畝起こしもどき(スコップを差し込み、前方に軽く押し、隙間を作り、空気を入れる。後退しながら、20cmピッチで順次行っていく。参照:三浦伸章「ガッテン農法」の一手法)を行なっておいた。
(10月10日:種蒔き)
 隣の畝の雑草などで畝を覆ってあり、雑草の生え方は少ない。
 今日、枯草や十六豆の残骸をピーマン畝に退け、テンワで粗削りした後、台形に整形。鍬で鎮圧し、真っ平にする。
 使った種は、昨年JAで購入した「トーホク 正月菜(もち菜)」で、気持ち粗目に種をばら蒔くも、若干不足した。残りは第2弾のときに種蒔きしよう。
 法尻の土を軽く覆土し、再び鍬で鎮圧し、終了。
(10月12日)
 今朝、見てみると、地表近くを虫が這って土が盛り上がった箇所が例年以上にけっこうあり、鍬で全体を再鎮圧せねばならなかった。 
 昨年ネット検索したら、次のとおり。
 地表近くを虫が這って土が盛り上がった状態になるのは「ネキリムシ類(ガの幼虫)の可能性が高いように思います。ネキリムシ類は、カブトムシの幼虫と同じ形をしていますので、一度土の中を探ってみていただき、カブトムシの幼虫のような虫が出てくれば、間違いなくそれが原因だろうと思います。もし、見つからなければ、他のコオロギのような昆虫が悪さをしている可能性もあります。
(10月23日)
 その後順調に発芽し、生長中。地表近くを虫が這って土が盛り上がった箇所が乾いてきており、先日も行ったが、その部分にジョウロで散水。
(11月11日)
 ここのところの暖かさでグングン生長し、本日、大きいものを初収穫。
(11月18日)
 1週間で大きくなるもの。第2回収穫。葉の虫食いは少ない。去年は低温で年末に小さなものを雑煮に使ったが、今年は高温傾向で大きくなりすぎ。
(11月25日) 
 さほど冷え込まないが、生長スピードはガクンと落ちた。虫食いは大したことない。3回目の収穫。食べきれない。
(12月2日)
 畝の法面の雑草を削り上げる。
(2019年1月30日)
 12月下旬から生育が止まった感がする。葉が硬くなってきたようでもあり、虫食いも少しずつ進んでいる。評価★★★☆☆
(3月3日)
 今年になってからは、ほとんど収穫していない。暖冬で菜の花の芽がどんどん出だし、今日、ざっと全部花芽を摘む。今年早かったツクシと一緒に料理。
(3月14日)
 皆、菜の花になり、一部咲きだした。第2回目のツクシ採りを今日行ったから、それと一緒に料理。
 第1弾は肥えているが、第2弾は痩せている。種蒔き時期による違いか、土壌の違いか、不明。
(3月18日)
 菜の花を全部収穫。これで終わりだろう。
(3月27日)
 花が咲いたものがあり、それは捨て、蕾の菜の花を全部収穫。
 株元から切り取り、全部処分。残骸はその場に置く。

<第2弾>
 トウモロコシ第1弾収穫跡の畝に小松菜第2弾を作付けする。
(7月30日)
 昨日、トウモロコシ収穫跡の雑草を畝の両サイドに削り落としておいた。今日、小型ビッチュウで土を5cm強削り落とし、トウモロコシの枯れた残骸と萎れた雑草を手で入れ込み、テンワで土寄せし、畝を粗整形。なお、トウモロコシの切り株は掘り起こさずに、そのまま埋め込み。
(9月17日)
 草引きを行った後、細かい草の草叩きしておいた。あらかじめ草引きを行なったのは、秋雨前線の停滞で土が湿りすぎているからである。
 一切の肥料も入れなければ、畝起こしもしていない。ただし、スコップで畝起こしもどき(スコップを差し込み、前方に軽く押し、隙間を作り、空気を入れる。後退しながら、20cmピッチで順次行っていく。参照:三浦伸章「ガッテン農法」の一手法)を行なっておいた。
(10月10日)
 トウモロコシ第1弾を無肥料で栽培した畝であり、その後、雑草などで少々畝を覆ってあり、雑草の生え方は少ない。テンワで粗削りし、雑草を絶やしておいた。
(10月18日)
 枯草を隣のニンニクの畝の淵に退け、テンワで細かな草を叩き、テンワで畝を台形に整形。
(10月21日)
 畝を鍬で鎮圧し、真っ平にする。新しく購入した昨年と同様の種「トーホク 正月菜(もち菜)」の半分ほどを適当にばら蒔く。畝の法面の土をほぐして覆土し、再び鍬で鎮圧。
 なお、第1弾の畝で種が不足した1mほどにも同様に種蒔き。
(10月23日)
 地表近くを虫が這って土が盛り上がった箇所が、第1弾ほどではないがけっこうあり、鍬で鎮圧。その部分が乾いていたのでジョウロで散水。夜には雨となり、以後、水やり不要。
(11月25日)
 その後、順調に芽吹く。まだまだ小さい。
(12月2日)
 少し大きくなった。畝の法面の雑草を削り上げる。
(2019年1月30日)
 12月下旬から生育が止まった感がする。種蒔き時期が遅かったからか、全体に少々小振りだが、まあまあ十分な大きさ。評価★★☆☆☆
 今日に至って、外葉が黄変しだしたが、虫食いはごく少ない。
 第1弾は十六豆の跡で調子良かったが、第2弾はトウモロコシの跡であり、その差もあろうが、しかし、第1弾畝の種不足で第2弾のときの種を第1弾の空き(少々日当たり悪し)に種蒔きしたが、その部分は第2弾以下の成績である。
(3月18日)
 菜の花を全部収穫。これで終わりだろう。
(3月27日)
 花が咲いたものがあり、それは捨て、蕾の菜の花を全部収穫。
 株元から切り取り、全部処分。残骸はその場に置く。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。