So-net無料ブログ作成

四十肩に30年近く悩まされるも、それが改善してビックリ [ファーマシーの疾病]

<2014年>
(11月13日)
 左肩の“だるやめ”に悩まされている、ここ数日。
 これは30年近くになる。厄年を迎えようとする頃、ソフトボールの親睦試合を行ったあと、しばらくするとだるやめしだし、翌日によりひどくなり、車のハンドルが握れなくなるほどであった。
 これは、キャッチボールで肩関節に加わった衝撃により、炎症をひどくしたのであろう。
 また、肘掛のない椅子に長時間腰掛けていてもだるやめがしてくる。何か力仕事をして、どこか分からないが、炎症部分に過剰な刺激が加わったときにも、あとからだるやめがしてくる。
 こうしたことは、そうめったに起きないから、これは四十肩だ、腕は回るし上げ下げもできて不自由しないから、うまく付き合っていくしかない、と何もしないで、もう30年近くになる。
 しかし、高齢者となってからは、数日以上連続してだるやめに悩まされることが年に何度か起きるようになった。
 ここは運動療法で治療するしかなかろう。
 その道の達人である久野接骨院院長:久野信彦氏の講演を数年前に聞いいたこともあり、著書も買っている。また、その奥様は同業者(薬屋)であり、懇意にしていただいているから、どうしたらいいかを講演の何年か後に聞いてみたところ、プーリー運動をするとよい、あなたなら簡単に器具を作れるでしょう、とおっしゃった。
 ご主人の著書を見てみると、プーリー運動は、丈夫な梁に滑車を取り付けて、輪を付けたロープを掛け、下げる腕の力で逆の腕を引っ張り上げるというもの。これを椅子に腰掛けて行うのである。
 何かのついでにホームセンターへ行ったときに滑車と吊り輪を買ってくるか、と思うも、そんなにしょっちゅうだるやめするわけではないから買うのを忘れ、あれから2年は経とうとしている。
 何ともいいかげんで、ずぼらで、ちゃんと行動しろよ、と自分でも言いたくなる。まあ、我慢できる程度だから、面倒なことをしたくないという横着さで、ずるずると来てしまった、といったところである。
 しかし、しかし、である。前に2度ほど経験したのだが、夜寝るとき、仰向けになるとだるやめがひどくなってきて寝付けないのである。昨日がそうであった。
 そこで、とうとう重い腰を上げて、今日、ホームセンターへ行って、部品を買い、器具作りをすることにした。
 でも、教科書どおりではなく、単にぶら下がるだけのものとした。というのは、左肩は右肩とほぼ同様に腕は不自由なく回るし上げ下げもできるのだから、典型的な四十肩とは違い、引っ張りだけしてやればよかろうと思われるのである。
 (後日追記:これは素人考えで、誤った方法)
 よって、取っ手を2個買うにとどめた。これを店の売り場と事務室の境にある仕切りの梁に取り付けて、ぶら下がればいいというもの。しかし、指4本が入るほどの取っ手はない。そこで、両サイドに下駄を履かせねばならない。つまり、2cm角厚さ5mm程度の端切れ材木をあてて木ネジで固定するしかないのである。
 うまい具合に、10年ほど前の日曜大工で出た端切れが残っており、電気ドリルで穴開けし、簡単に固定できた。電気ドリルの使い方は慣れたもの。
 片方だけに全体重がかかっても引き抜けはしないか、慎重に試してみて、十分に耐えうることを確認し、これでOKとなった。
 これまでの道のりの何と長かったこと。こんなことぐらい、講演を聞いたその直ぐにやっておけよ、である。
 さて、運動の所要時間と回数だが、片腕30秒(両腕で1分)、1日5回が目安とある。早速、今日から毎日、真面目に行うこととしよう。
 して、その効果はいかに、ということになるが、1月2月経ってみないことにはわからないだろう。
 そんな頃に追記して結果をお知らせしましょう。
(11月19日)
 ぶら下がりを始めて1週間が経った。毎日5回は忘れてしまって、とてもできない。2、3回がせいぜいである。
 ぶら下がったあとに鈍痛が来る。四十肩は痛くても、やることによって効果が現れてくるとのことだから、根気よく続けねばならぬが、夜床について仰向けになったとき、鈍痛がしてくる。これは小生の四十肩の特性のようだが、何もしなければ1週間もすれば和らぐのだが、今回は変わりなく鈍痛が毎夜続く。
 ぶら下がりは逆効果のような気もしてきた。でも、もうしばらく我慢して続けてみよう。
(11月20日)
 ぶら下がりにより鈍痛がひどくなり、入浴後に小さな温湿布「点温膏」を女房に貼ってもらった。貼った箇所は、ツボ押しをして痛い床呂箇所。ツボ押しもあって、これで直ぐに鈍痛が和らぐ。
(11月21日)
 今日もぶら下がり。点温膏の効果もあって鈍痛は少ない。かぶれ防止のため、夕食前に剥がす。寝るときに鈍痛は全くせず。
(12月21日)
 その後、だるやめは少し減ったが、2週間ほど前に整体に予約し、今日行ってきた。
 状況説明したところ、ぶら下がりは2、3秒に止めるべしとのことであった。運動としては両手を上、横、後ろに真っ直ぐ伸ばし、肩関節を右、左、右、左とひねるべしとのこと。
 1クールを少しだけやっただけであるが、左手がかなり真っ直ぐ上にあげられるようになったのには驚かされた。
 肩関節の整体は少々されただけで、全身の関節の整体をしていただいたのだが、あちこち歪みが少しあると指摘されたものの大した歪みではないとのことで、施術後の痛みは全くなく、全身スッキリしたと感じられた。
 何だか病み付きになりそうな整体治療であった。
(12月22日)
 柚子の収穫や住まい屋の照明器具の大掃除を行った。どちらも腕をいっぱい上にあげることが多く、左肩がだるやめする。我慢してこれを行う。
 すると、その夜、だるやめが酷くなった。そこで、入浴後に小さな温湿布「点温膏」を女房に貼ってもらった。貼った箇所は、ツボ押しをして痛い床呂箇所。ツボ押しもあって、これで直ぐに鈍痛が和らぐ。

<2015年>(5月12日)
 3月頃までは一進一退であったが、暖かくなった最近、左肩のだるやめを感じなくなった。有り難いことだ。もっとも違和感はずっとある。整体院で教えてもらった体操をやったりやらなかったり。
<2016年>(11月10日)
 去年も今年も、だるやめが酷くなることはまずない。助かる。教えてもらった体操は、たまにやるだけ。もっとも違和感は時々感ずるが。 
<2017年>(12月31日)
 ここ1年ぐらいの間に、知らないうちにだるやめも違和感もほとんど感じなくなった。
 どうやら、これは本格的な「平床寝台、硬枕利用」(2015年10月から)を始めたからだと思われる。だんだん背骨や肩の骨が矯正されて正常な形に近づいてきたからであろう。思うに、これを始めた最初は左肩のだるやめが酷いときがあったから、肩関節がゆがんでいたのであろう。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世界三大健康野菜 ヤーコン、キクイモ(菊芋)、アピオス(ほど芋)  [ヤーコン・キクイモ・宇宙芋]

 世界三大健康野菜とは、ヤーコン、キクイモ(菊芋)、アピオス(ほど芋)の3つだそうです。誰が言い出したのかは定かでなく、また、順番もまちまちに紹介されていますが、小生の独断で並べました。
 ヤーコンも芋がメインとなりますから、3つとも芋類と言ってもいいでしょうね。なお、ヤーコンはうちで長年大量栽培しています。

 ネットで調べた世界三大健康野菜の説明書きの1例は次のとおり。
 <ヤーコン>
中南米アンデス高地原産のキク科の根菜で、サツマイモの形をしています。
究極のダイエット食材として現在注目を集めています。
今、確認されている野菜の中でもっともフラクトオリゴ糖を含んでいると言われており、食物繊維やミネラルも豊富に含んでいることからダイエット効果と味を兼ね備えた野菜です。
フラクトオリゴ糖とは、ビフィズス菌を増やしてお腹の調子を整えたり、ミネラルの吸収を促進したり、血糖値の改善、脂質の代謝改善、腸内腐敗産物の低減したりする効果があります。
なお、葉っぱは、糖の吸収抑制とインスリン様作用があり、糖尿病の方は葉を乾燥させてお茶として飲むといです。
<キクイモ>
格好はショウガに似ている。
北アメリカ原産のキク科の植物で、近年成分の研究が進み、非常に栄養価が高いことが判明しています。
菊芋の糖質はイヌリンという多糖体によって構成されており、肝臓・膵臓への負担を減らし、血糖値の上昇を抑えることができます。
イヌリンはさらに、体内に脂肪が蓄積されるのを抑制し、腸内環境の改善、便秘予防などの効果があります。
<アピオス>
北アメリカ東部原産。1個が小さいものは、親指の第一関節くらい。 大きい物ではピンポン玉ぐらいになる。
栄養価がとても高い豆科の植物です。 栄養価が高すぎて、あまり食べるとお腹を壊すそうです。
アピオスの栄養価はジャガイモと比較すると・・・•カルシウム30倍、•鉄分4倍、•繊維5倍、•タンパク質が6倍、•エネルギーが2.5倍だそうで、血圧降下作用があります。
青森県八戸市辺りが栽培地で、「ホドイモ」と呼ばれています。

味のほうはというと、
<ヤーコン>
生は水っぽい梨、揚げると水っぽいレンコン、おでんにして煮れば大根、という味がします。どんな料理にも合います。ヤーコン芋だけをキンピラ風に炒め、すりゴマをかけて食べるのが一番おいしくて万人向けです。
<キクイモ>
生でかじってみたところ、シャキシャキしゃりしゃりとしていて、梨を少しだけ硬くしたような食感であった。味は意外にもほんのり甘い。
蒸かしてみると、とろっとしていて煮込んだ玉ねぎのよう。甘みも玉ねぎのそれを思い起こさせる。強いてその味を他の芋で例えるなら、甘みはサツマイモに近いが、香りは山芋のムカゴに近いといったところ。
きんぴらにしたら、かなり水気が強く、柔らかい仕上がりとなったが、ほんのり甘くておいしい。
(別の例)風味が、どこかちょっと日本のゴボウに似ている。
(別の例)菊芋自体に味はあまりない。生で食べると食感はシャキシャキとしており、大根やかぶなどの根菜類のイメージでしょうか。
<アピオス>
味はジャガイモ、サトイモにサツマイモをあわせたようで、さわやかに甘く、アズキアンに似た風味があります。
味は淡白ですが、ほのかに甘みがあり、上品なホクホク感が楽しめ、いろんな料理で楽しめます。

(2017.12.29追記)
 先日、ヤーコンの種芋を3月に差し上げた方からお返しにキクイモを送っていただきました。そこで、2、3個残しておき、それを春に植え付けて栽培しようと思っています。
 保存が難しいようで、干からびてもいかんし、凍みてもいかんですから、どうしたものか。栽培予定箇所に早めに埋め込んでおいたほうがいいかも。
 栽培法で参考にすることとしたのは次のサイト
 http://www.e-kikuimo.com/saibai.html
 http://organicfarming.ag.saga-u.ac.jp/kyosodate.html
 http://nakagawa-bio.com/archives/101

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビニールハウス前の草花畝3畝の改変 [草花一般]

<2016年>
 2015年8月におふくろが他界し、仏花用の畝はほとんど要らなくなったが、少しはあったほうがいい。
(3月20日:3畝整備)
 菊1畝(3m)を先に納屋南に新設したが、ビニールハウス前に草花畝3畝(各2m強)があり、今日、それを整備。
 南隣にシャクヤク畝があり、南畝は、北面を少々削り、南面を軽く土寄せし、気持ち南にずらした。
 中畝は、両サイドを削り上げ、整形。一人生えで何らかの草花が咲く。
 北畝は、南畝と同様の作業。ここも一人生えで何らかの草花が咲く。
 その北側には切り株があり、そこを若干開墾したのだが、そのときユリ球根が出てきたので、北畝に埋め込んでおいた。
 これにて、菊以外の草花畝が3畝完成。
(5月末?)
 背の低い黄色のユリが何本か咲いたが、日持ちしないとのことで、全部引き抜いて処分。
 また、グラジオラスは不用であるから、引き抜いて処分。
(7月11日)
 整備した3畝のうち北畝には、昨秋枯れたヒャクニチソウを置いたり、種をこぼしてやったら、大半がヒャクニチソウで埋まり、今、花盛りとなった。
 ヒャクニチソウはやはり雑草に強いようであり、一人生えするようだ。
(10月3日)
 整備した畝のうち、中畝は菊しか生育していない。この菊は、開花したあとに新設の菊畝で咲いていない色のものを移植し、その他は処分しよう。
 ヒャクニチソウの畝は今まで花を十分に咲かせたが、倒れるものが多く、具合が悪い。そこで、今日、種取りを行い、種を保存することに。その種は来春に垣根に蒔き、垣根をヒャクニチソウ栽培の場所にしよう。
 よって、シャクヤクはそのままだが、整備した畝は、いずれは野菜畝に変更しよう。
(12月5日)
 シャクヤク:枯れているので鎌で伐採。シダ、スギナを除去。
 菊:菊を全部除去。
 ヒャクニチソウ:枯草除去。
<2017年>
(夏)
 春に二十日大根を1畝蒔き、二十日大根の跡は、ヒャクニチソウを自生させた。
(12月9日)
 須賀前の畑のグラジオラスが1畝少なくなるから、草花用に整備した3畝の場所は、北西区画畑全体の整備し直しとともに改変し、グラジオラス用2畝に仕立て直す。
 
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017.12.1 エンドウ栽培で早々と冷害が発生 [台風の被害など災害]

 毎年種取りして繰り返し栽培している絹サヤエンドウの種蒔きは、今は亡きおふくろが言うには11月1日が良いとのこと。ところが、2012年にそうしようとしたところ、お隣の専業農家の老主人から、昔と違って最近の11月・12月は暖冬気味だから、ちょっと遅らせたほうが良いとアドバイスを得た。冬越しさせるには、少々背が低い方が雪が降ったときに痛まないからとのこと。
 そこで、2012年は月初めが大忙しであったこともあって11月9日に種蒔きをしたのだが、11月・12月が例年より寒く、どれだけも生育せず、これではたして冬越しができるか心配したのだが、翌春暖かくなってからグングン成長し、遅れを取り戻してくれ、例年どおりの作柄となったから安堵したところである。
 それ以来、毎年、遅らせ気味で種蒔きすることにしている。

 さて、今年(2017年)は少々遅れて、2012年と同様に11月9日の種蒔きとなった。
 ところが、その後、低温傾向が続き、11月末での発芽率は1%程度と悲惨な状態。
 気温を見てみよう。
 <岐阜気象台>   11月中旬              11月下旬
           平均   最高    最低    平均   最高    最低
    平年値  12.0  16.9   7.7    10.2  15.2   5.6
   2012年  10.4  14.7   6.4     9.6  14.3   5.2
   2017年  10.0  13.9   6.8     9.3  14.1   5.0
参考2002年   9.5  14.6   4.9     9.6  14.6   5.2

 こうしてみると、史上まれにみる低温である。これじゃ、エンドウ豆が芽吹かないのも分かる。
 さあ、大変なことになった。こんな経験は初めてのことである。
 そこで、遅ればせながら、保温対策を取ることにした。あまりに遅がけの発芽促進対応で、たぶん無理だろうが、打てる手は打っておくことにした次第。
 作業に先立ち、ジョウロで散水し、土を十分に湿らせた。
 まず、黒ビニール(ごみ袋)を芽吹いている所を避けて敷き、淵に土を少々乗せる。
 次に、透明ビニールトンネルを仕立てる。10mの畝だが、透明ビニールの長さが9mほどしかなく、端は露地のまま。
 なお、間違えて、あらぬ畝に種蒔きしてしまい、豆苗用にした畝も、同様に措置した。これは、芽吹いたものを春に本来のエンドウ畝に移植しよう。
 1週間ほど黒ビニールは敷いたままにしておく予定で、芽吹いてくれればもうけものである。まず、無理だろうが。(後日追記:黒ビニールはずっとそのままにしておいたが、12月24日に外してみたら、1%ほどヒョロヒョロした芽吹きがあった。まさか芽吹くとは、である。)
 なお、ビニールトンネルを張って冬越しさせたことはないが、今季は大雪が来るまでは掛けたままにしておこう。
 それにしても、恐れ入った「エンドウ栽培で早々と冷害が発生」である。
 発芽しない種は冬季に凍みてしまうようだから、エンドウの種はまだ十分に残っており、春になってから欠損箇所に種蒔きすることにしよう。
 春蒔きは根張りが不十分となり、収穫量が大きく落ちるらしいが、自家消費分は十分にまかなえるだろう。種蒔きの適期はいつか。ネット検索したがよくわからず。3月になったら、調べてみよう。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感