So-net無料ブログ作成

3.31 夏野菜などの苗作り・植え付け計画 [作付け計画]

 夏野菜の苗の多くは、例年、お隣の新家(分家)さんから分けてもらっているのだが、老夫婦ということもあって、2012年から苗作りを大幅に縮小され、自家用と末の弟の分そしてうちに世話してくださる分だけにされてしまった。それも2016年かぎりとなった。
 なお、2014年暮れにミニビニールハウスを作ったが、苗床にビニールトンネルを作って夜はさらに覆いをかけねば全然保温ができないことが分かり、それの代わりとしてヒーターをかける手もあるが設備投資や維持費がかかり、また、おふくろが2015年に他界して小生一人で全部は面倒みきれないから、ハウス育苗は見送りとした。
 ということで、2017年からは例年どおりにいかないものが幾つかでてきた。少々困ったのは、固定種で種取りした「白ナス」と「世界一トマト」の種蒔きがハウス育苗できなくなったことである。この2品種は当面手探りで冷床種蒔きか露地種蒔きするしかない。その他には、今までお隣さんからいただいていた、少々早すぎる夏野菜苗の植え付けを、ゴールデンウイークが過ぎたところでJAで苗を購入して、収穫を少々後へずらすこととした。
 ところが、2018年から無肥料自然栽培に取り組み始めたら、収穫時期が遅れるものが出てきて、ゴールデンウイークの初めにしたほうがいいと思え、2019年からそうすることにした。

<2019年>
      須賀前の畑用  自宅前の畑用  
 キュウリ           16   4.28購入苗植え付け  
 トマト            12   4.28購入苗植え付け
 紫ナス        12        4.28購入苗植え付け
 ピーマン            8   4.28購入苗植え付け   
 カボチャ      12        4.28購入苗植え付け
     
 白ナス      26+α        4.15冷床種蒔き(保温措置)  
 世界一トマト   50+α        4.15冷床種蒔き(保温措置)

 ゴーヤ             6   5.01露地ポット種蒔き(保温措置)
 メロン2種類  30+α   20   5.01露地ポット種蒔き(保温措置)   
 オクラ     25+α         5.15露地ポット種蒔き

 キュウリ#2         24   5.20露地ポット種蒔き
 キュウリ#3         16   7.01露地ポット種蒔き

 十六豆#1          28   4.15露地ポット種蒔き
 十六豆#2          35   6.15露地ポット種蒔き
 早生大豆#1   16         4.15露地ポット種蒔き
 早生大豆#2   16         5.15露地ポット種蒔き
 早生大豆#3   16         6.25露地ポット種蒔き
 晩生大豆     12         6.25露地ポット種蒔き

 ヤーコン     75        5.15苗植え付け
 サツマイモ   150   50   6.01ツルを購入(→6月半ば)
 里芋             60   4.15育苗床に植え付け(保温措置)
 ショウガ          1袋   4.23種ショウガ植え付け(シート掛け)
 山芋(むかご)  約40         4.22直植え
   (種芋)   約40         5.01種芋の直植え
  (新2品種)  各10         5.01種芋の直植え
 宇宙芋            5    5.01むかごの直植え

夏大根  第1弾       4m   3.30直播き(試しに残り種を3.9にも)  
     第2弾       3m   5.01直播き 

夏キャベツ 第1弾       3m   3.25苗植え付け(3.3)  
      第2弾       2m   5.1苗植え付け(4.23) 
      第3弾       2m   6.30苗植え付け 

ニンジン 第1弾  半畝        4.01直播き(4.8) 
     第2弾  半畝        6.30直播き 

チマサンチュ      柿の木の南   4.01直播き(来年は3.01)

トウモロコシ  第1弾           4.15ポットに種蒔き(保温措置)  
        第2弾           5.01ポットに種蒔き 
        第3弾           5.15ポットに種蒔き 

ネギ     2畝           4.20仮伏せ

<2018年>
      須賀前の畑用  自宅前の畑用  
(ゴールデンウイークが過ぎたところでJAで苗を購入)
 キュウリ           16    
 トマト            12
 紫ナス        7    
 ピーマン            8      
 カボチャ     12 
     
(ハウス育苗できなくなったもの)
 白ナス     26+α        4.15冷床種蒔き(保温措置)  
 世界一トマト   56+α       4.15冷床種蒔き(保温措置)
    冷床種蒔きに失敗したら     5. 01露地ポット種蒔き(保温措置)

(従前から露地育苗のもの)
 ゴーヤ        -    6   5.01露地ポット種蒔き(保温措置)
 メロン2種類   30    20   5.01露地ポット種蒔き(保温措置)   
 オクラ      28    ー    5.15露地ポット種蒔き

(遅植え) 
 キュウリ#2         24  5.20露地ポット種蒔き
 キュウリ#3         16  7.01露地ポット種蒔き

(豆類)
 十六豆#1         28  4.15露地ポット種蒔き
 十六豆#2         35  6.15露地ポット種蒔き
 早生大豆#1         12  4.15露地ポット種蒔き
 早生大豆#2   16        5.15露地ポット種蒔き
 早生大豆#3   16         6.25露地ポット種蒔き
 晩生大豆    12         6.25露地ポット種蒔き

(芋類)
 ヤーコン     90       5.15苗植え付け(5.7)
 サツマイモ   100   40   6.01ツルを購入し植え付け
 里芋            60  4.15芽だし育苗床に植え付け(保温措置)
 ショウガ               4.15種ショウガ芽だし(保温措置)
 山芋(むかご)  約40        5.01自然薯の直植え(4.23)
   (種芋)      約40  5.15種芋の直植え(4.23種芋作り、4.29芽だし)

夏大根  第1弾       3m   3.30直播き  
      第2弾      2m   5.15直播き 
      第3弾      2m   6.30直播き 

夏キャベツ 第1弾      3m   3.25苗植え付け  
      第2弾      2m   4.15種蒔き、5.15苗植え付け 
      第3弾     2m   5.30種蒔き、6.30苗植え付け 

ニンジン 第1弾   半畝      4.01直播き →4.11直播き 
     第2弾   半畝      6.30直播き 

チマサンチュ 柿の木の南       4.01直播き

トウモロコシ  第1弾         4.15ポットに種蒔き(保温措置)  
         第2弾         5.01ポットに種蒔き 
         第3弾         5.15ポットに種蒔き 

ネギ                 4.20仮伏せ(4.23)

<2017年>
       須賀前の畑用 自宅前の畑用  
(ゴールデンウイークが過ぎたところでJAで苗を購入)
 キュウリ              16    
 トマト               12
 紫ナス        7    
 ピーマン               8      
 カボチャ     10 
     
(ハウス育苗できなくなったもの、今年初めて栽培するもの)
 白ナス      13          4.15冷床種蒔き(保温措置) 
 白ナス      13          5. 1露地ポット種蒔き(保温措置)
 世界一トマト   24          4.15冷床種蒔き(保温措置)
 世界一トマト   24          5. 1露地ポット種蒔き(保温措置)
 ペポカボチャ          8   4.15冷床種蒔き(保温措置)  
 ペポカボチャ          8   5. 1露地ポット種蒔き(保温措置)

(従前にハウス育苗をあきらめたもの)
 ゴーヤ        -     4   5. 1露地ポット種蒔き(保温措置)
 メロン3種類   30          5. 1露地ポット種蒔き(保温措置)   
 オクラ       28    ー    5.15露地ポット種蒔き

(遅植え) 
 キュウリ#2         24    5.20露地ポット種蒔き
 キュウリ#3         16    7. 1露地ポット種蒔き

(豆類)
 十六豆#1          28   4.15露地ポット種蒔き
 十六豆#2          35   6.15露地ポット種蒔き
 早生大豆#1         24   4.15露地ポット種蒔き
 早生大豆#2   12         5.15露地ポット種蒔き
 早生大豆#3         12   6.25露地ポット種蒔き
 晩生大豆            12   6.25露地ポット種蒔き

(芋類)
 ヤーコン     84          5.15苗植え付け
 サツマイモ   180    40   5.15ツルを購入し植え付け
 里芋&ショウガ        60   4.15芽だし育苗床に植え付け
 山芋(2種類) 約80         5.15種芋・自然薯の直植え
 宇宙芋             3   4.15むかごの植え付け<凍みて発芽せず>

(夏大根)
 第1弾            4m   3.30直播き  
 第2弾            2m   5.15直播き 
 第3弾            2m   6.30直播き 

(夏キャベツ)
 第1弾            2m   3.25苗植え付け  
 第2弾            2m   5.15苗植え付け 
 第3弾            2m   6.30苗植え付け 

(ニンジン)
 第1弾     半畝         4月初め直播き  
 第2弾     半畝         6.30直播き 


<2016年>
       須賀前の畑用 自宅前の畑用  
(5月上旬:お隣さんのハウス栽培の苗を植え付け)
 トマト      ※54    
 キュウリ            *10+6(JA)    
 紫ナス     *8    
 ピーマン             *8      
 カボチャ            *6      
 白ナス     ※26          
<注>*印は、お隣さんからいただく分
     ※印は、自分で苗づくりし、お隣さんのハウスで管理

(ハウス育苗をあきらめたもの)
 ゴーヤ        -   3か所 5月初め:定植位置に直播き
 メロン4種類   40        5月8日:ポットへ種蒔き   
 オクラ       28    ー  5月中頃:ポットへ種蒔き

(遅植え) 
 キュウリ#2         16   5月20日:ポットへ種蒔き
 キュウリ#3         24   7月 1日:ポットへ種蒔き

(豆類)
 十六豆#1          28  4月15日:ポットへ種蒔き
 十六豆#2          32  6月15日:ポットへ種蒔き
 早生大豆#1         10  4月20日:ポットへ種蒔き
 早生大豆#2   10        5月20日:ポットへ種蒔き
 晩生大豆           10  6月下旬:ポットへ種蒔き

(芋類)
 ヤーコン     84         5月中旬:苗植え付け
 サツマイモ   180    60  5月中旬:ツルを購入し植え付け
 里芋              30  5月中旬:芽吹き芋植え付け
 山芋(2種類) 約80         5月中頃:種芋・自然薯の直植え

(夏大根)
 第1弾            少々  3月末:直播き  
 第2弾            少々  4月末:直播き 
 第3弾            少々  5月末:直播き 
 第4弾            少々  6月末:直播き 

(夏キャベツ)
 第1弾            少々  3月末:ポット苗購入  
 第2弾            少々  4月末:ポット苗購入 
 第3弾            少々  5月末:ポット苗購入 

(ニンジン)
 第1弾     半畝         3月末:直播き  
 第2弾     半畝         6月末:直播き 


<2015年>
       須賀前の畑用 自宅前の畑用  
(5月上旬:お隣さんのハウス栽培の苗を植え付け)
 トマト      ※48    ※16
 キュウリ            *12    
 紫ナス               *8    
 ピーマン      *8     - 
 パプリカ     ※8      
 白ナス     ※26          
<注>*印は、お隣さんからいただく分
     ※印は、自分で苗づくりし、お隣さんのハウスで管理してもらう分(一部は自宅のミニハウスで管理)

(ポットへ種蒔き=早蒔きは自宅のミニハウスで管理)
 オクラ       35    ー  (5月半ば)
 ゴーヤ        -    3  (4月20日種蒔き=自宅のミニハウスで管理)
 メロン4種類   20        (5月半ば)   

(遅植え) 
 キュウリ#2(四葉)     16   5月27日:ポットへ種蒔き
 キュウリ#3         16   7月 1日:ポットへ種蒔き

(豆類)
 十六豆#1          28  4月20日頃:ポットへ種蒔き=自宅のミニハウスで管理)
 十六豆#2          28  6月15日:ポットへ種蒔き
 早生大豆#1    6        4月20日頃:ポットへ種蒔き=自宅のミニハウスで管理)
 早生大豆#2          6  5月末:ポットへ種蒔き
 晩生大豆      6        6月下旬:ポットへ種蒔き

(芋類)
 ヤーコン     91         5月中旬:苗植え付け
 サツマイモ    90         5月中旬:ツルを購入し植え付け
 里芋              45  5月中旬:芽吹き芋植え付け
 山芋(2種類) 約80         5月中頃:種芋・自然薯の直植え
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4.1 チマサンチュの栽培 [チマサンチュ]

 4月になると、これからしばらくの間、青物野菜の端境期となるが、40年前ぐらいまでは一人生えの「チシャ葉」が貴重な青物野菜であった。これがいつしか絶えてしまった。
 そのチシャ葉を食べたくなり、2016年4月にチシャ葉の種をネットで探し出して購入しようとしたが、値段を見ると送料が600円を超え、こりゃどういうこと?種代を足すと1000円を超えるじゃないか、暴利を貪るこんなものはパス!ということで、やむなく類似品のチマサンチュ(結球しないリーフレタスの一種で韓国料理で焼き肉をこれに巻いて食べることで有名な野菜)の種を購入することにした。価格は送料込みで180円と正直価格<みつぼ商店「チマサンチュ 青葉種 (韓国カキチシャ)」>。なお、後から知ったのだが100円ショップでも手に入るようだし、JAやホームセンターでも売っている。
 栽培は案外簡単で、初年度の2016年から成功した。
 2016年の収穫終了後、放置しておいたら、花が咲き、種ができ、栽培した畝に種がこぼれ、念のため枯れだした頃に引き抜いてその畝に横倒しにしておいたが、自然発芽はしなかった。

<2019年>
(2月17日)
 同じ畝(柿の木の南淵)で2カ年有機肥料栽培、昨年無肥料、今年は草木灰振りでの栽培とし、今日、両側から土寄せし、畝を大きくした。
(3月31日)
 雑草がかなり生えているので、埋まり込んだ雑草とともに草引き。
 一人生えと思われるチマサンチュが2株かたまって生えている。様子見しよう。
(4月1日)
 昨年の残り種を全部畝にばら撒く。畝の両側にこぼれている土をほぐして覆土。たっぷり散水して作業終了。
 好光性種子であることを今年も忘れていた。けっこう覆土したが芽吹くだろう。
(5月5日)
 しっかり芽吹いており、びっしり生えている。大幅に選り、若菜を収穫できるようにしておいた。
 一人生えと思われたチマサンチュ2株は、まさにチマサンチュであった。近いうちに収穫しよう。

<2018年>
(4月1日)
 2年連続、同じ畝で有機肥料栽培したが、今年は、東の柿の木の南淵で、無肥料による自然栽培をしてみることにする。今日、草叩きし、簡単な畝を作ったおいた。
(4月9日)
 本日、種蒔き。1袋の2割ほどを使う。「・1cm間隔に種まきをし、好光性種子なので土は種が隠れる程度にごく薄くかけます。」とテキストにあるが、これを忘れており、適当にばら蒔き、軽く土を掛け、テンワで転圧し、ジョウロで散水。たぶん発芽してくれるだろう。
(5月8日)
 全部発芽したのではなかろうか。3cm間隔ぐらいに第1回選り。
(6月3、16日)
 第2、3回選り。食用に。
(7月7日)
 少々遅れたが、7日から、かき葉を収穫。豪雨とどれだけかの風で葉がこすれて汚くなったものがけっこうあり、それはそのままに。
(7月17、23日)
 きれいな葉っぱになってきた。少しずつ摘む。無肥料につき葉っぱが小さい。

<2017年>
(3月20日)
 チマサンチュの畝は、そのままにしてあり、今日、草叩きをして畝を整備し、芽吹きを待つことにした。昨年は4月8日種蒔き、15日発芽確認であったから、4月半ばを楽しみにしていよう。
(4月3日)
 いまだ芽吹きはない。雑草を抜いておいた。しばし様子見。
(4月21日)
 どうやら自然発芽は無理なようで、JAで種を購入。
(4月23日:種蒔き)
 昨年と同じ畝で栽培。
 畝に苦土石灰、草木灰、混合(種粕、鶏糞、有機肥料粒)を振り、小型ビッチュウで細かくはつり、足で畝を粗整形。
 峰を鍬で押さえて平らにし、筋蒔き。籾殻とほぐした土を軽く乗せ、散水。籾殻が少ない感がし、再度軽く振る。散水は15時頃にもう1回。
(5月5日)
 土が乾かないよう、数回散水したが、数日前に十分に芽吹いた。
(5月17日)
 草引きと選り。6、7cm間隔とした。
(5月31日)
 食用に選り第1回
(6月4日)
 畝の削り上げ。
(6月19日)
 だいぶ遅れたが、今日から順次最終選り。随分大きくなっており、食べ終えるのに随分と日数を要しよう。6がつ24、25日に連続して行い、選り終了。
(7月4日)
 少々株間が狭い1株を収穫。他は、下部の枯れた葉をもいでおいた。これから幾らでも収穫できる。葉先が黒くなるものがけっこう目立つ。
(7月6日)
 豪雨で半分が寝る。土を寄せて立たせる。
(7月10日)
 畝周りの削り上げ。 
 6月下旬に選りを大阪に差し上げたが、好評であり、かき葉を収穫。でも、葉の淵が黒くなっているものがあったりし、半分は捨てる。
(7月14日)
 12、14日の雨で寝るものが数株あり、立て直す。良品のかき葉を収穫。
(7月23日)
 そろそろ終わりかけになった。自家用に収穫。
(7月30日)
 自家用に収穫。これでもう終わりだろう。評価★★★★☆
 
<2016年>
(4月8日)
 注文しておいた種が昨日届き、雨が上がった今日早速種蒔きした。いつものことながら我流で種蒔きを終え、その後でネット検索し、正しい種蒔き方を調べる。
<正しい種蒔き:ワンポイント>
・1cm間隔に種まきをし、好光性種子なので土は種が隠れる程度にごく薄くかけます。
・発芽したら株間2~3cmに間引きし、本葉が3~4枚になったら最終的な株間に間引き、もしくは定植をします。
・茎が15cm以上に生長したら下のほうから収穫を始めます。上の方に5~6枚の葉を残しておくと、葉の再生力が維持されるので、長く収穫することができます。冬季はビニールで囲って保温しましょう。
・収穫期間が長いので、収穫後期になったら追肥を施しましょう。
 いやぁー失敗。ニンジンと同様に好光性種子だったのだ。でも、1袋全部蒔き、適当に土を掛けたから、薄く土がかかった所もあろう。どれだけかは芽吹くだろうから、きっと大丈夫だ。
 種蒔きの作業手順は次のとおり。
 場所の選定が弱った。作付け計画でびっしり植え付けを予定しているから場所がない。もっとも基本的に1畝置きだから、空いた畝を使えばいいが、これでは面白くない。そこで、予備的に里芋を予定していた南区画の一番西(切り株が幾つか残っている)の南半分(4m弱)とした。
 既にできている畝を鍬で凹状にし、施肥(苦土石灰、鶏糞、種粕、有機肥料粒)し、元の状態に戻す。
 頂を手で転圧し、種を適当に蒔いていく。1袋全部使ったからけっこう密に蒔いた。最後に再び手で転圧し、乾燥防止。土がたっぷり湿っているから当分は水やり不要。
 さあ、うまく芽吹くだろうか。
(4月15日)
 種蒔きした翌日には、もう乾きかけており、13日の雨まで4日連日水やり。
 1週間後の今日、十分なる芽吹きを確認。
(4月20日)
 芽吹いたら2~3cm間隔で間引きせよとあり、本日間引き。
(4月26日)
 4cm間隔程度に間引きし、草引き。
(5月26日)
 その後1回間引きして捨て、本日また間引き。
(6月5日)
 本日、5、6本を残し、最終間引き。
(6月11日)
 間引きしたものを、今までに4回食した。味噌和え、おひたし、野菜炒めの具、焼き肉(牛タン)に巻いて食べた。どれもうまいが、やはり焼き肉に巻いて食べるのが一番だ。
(6月22日)
 葉っぱの虫食いが生じだした。朝取れを女房が早速ゆでたら虫が2匹いたようだ。
 下のほうは枯れ葉が混じり、それを捨て、良い葉を3枚ぐらいずつ摘んだ。これから1週間か10日ごとにかなりの量が収穫できそうだ。
(6月28日)
 6日後の今日収穫したら、北株にコゴメが少々湧いていた。水洗いすれば取れた。良い葉を3、4枚ぐらいずつ摘んだ。
(7月19日)
 少々コゴメが湧いたものがあるが、葉の虫食いはなし。いくらでも摘むことができる。評価は★★★★☆
 随分と背が高くなり、花芽がかすかに出だした。
(7月25日)
 背丈は1mを超えた。だいぶコゴメが湧き、本日の収穫は半分は捨てた。花芽が大きくなった。そろそろ収穫終了。
(12月19日)
 その後、花が咲き、種ができ、倒れて種がこぼれた。ずっと放置してあったチマサンチュの畝であり、夏の雑草が枯れ、冬草がけっこう生えている。そこで、枯れ草や冬草を引き、細かい冬草は土をかき混ぜて大方絶やしておいた。
 こぼれた種が来春に芽吹くのを楽しみにしているが、はたして期待どおりにいくか?
(翌年4月21日)
 どうやら自然発芽は無理なようで、JAで種を購入。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏大根の時差栽培 [夏大根]

 大根は年中あってよい。夏場は大根おろしが必要となるからである。よって、2014年から試行錯誤しながら、2~4回の時差蒔き栽培を始めた。
 うちでの栽培に適した種を探したいのだが、1つ見つけたものの翌年以降売っておらず、行き当たりばったりで種を買っている。
 なお、2018年からは、自然農法を取り入れ、無肥料・無農薬とする。
 → 「たんじゅん農」との出会い、そして河名秀郎さんの「自然栽培」との出会い

<2019年>
 昨年に引き続き、南区画の西第2畝1畝を使って連作する。昨年から無肥料であり、晩秋に休耕田から集めた枯草を被せてある。今年の予定は、昨年の残り種を使って、次のとおり計画した。なお、畝はもう1mあるが、種取り用絹さやエンドウで占めている。
  第1弾  4m  3月下旬 直播き  
  第2弾  2m  4月下旬 直播き
<第1弾>
(3月9日)
 今年は例年よりずっと暖かいので、3月下旬予定の種蒔き(種袋にもそう説明がある)を早めて今日種蒔きを決行。種は昨年の残り種「春大根」で、思いのほか少ししかなかった。
 よって、後日、種を購入せねばならぬから、今日は“究極の自然農法”で種蒔きした。枯草の上に種をばら撒き、手で叩いて下へ落とす。全部が地面に落ちなかったろうが、どうせ間引きするのだから、これでよし。あっという間に種蒔き終了。蒔き幅は約1m。(北端)
(3月30日)
 今日、見てみたら、6本ほど発芽し、枯草を押しのけて伸びだしていた。
(3月31日)
 「ミニ大根 四季姫」をネット注文し、すでに届いている。
 畝の南端は60cmほど種取り用エンドウが生育中で、その続き半分に種蒔きすることにした。
 畝の峰当たりの枯草を跳ね退け、細かな草を引き、粗く均し、2cm間隔で種を置いてから、指先で埋め込む。さらに足で転圧。
 枯草を薄く敷き、念のために水やり。
 畝下や畝法面の目立つ雑草を引き、畝間の枯草とともに畝の法面に敷き詰める。
(4月12日)
 幾分まばらではあるが、けっこうな大きさに芽吹いていた。
(5月5日)
 3月9日種蒔きのものは明らかに多いくなっている。3月31日種蒔きのものも順調だ。ともに第1回選りを行う。方法は、ハサミでチョン切った。
<第2弾>
(5月6日)
 忘れていて遅くなったが、今日、種蒔き。「ミニ大根 四季姫」の残り全部を使い、余った種は10cmほど離して2列植えとし、これは葉食とする予定。
 夕刻から雨模様だから水やりせず。

<2018年>
 昨年は夏キャベツと同じ畝で半々の栽培としたが、今年は丸々1畝を使う。南区画の西第2畝(概ね昨年の大根・キャベツの畝)を予定。無農薬とするが、昨年の残量肥料があろう。
  第1弾       3m   3.30直播き  
  第2弾       2m   5.15直播き 
  第3弾       2m   6.30直播き
<第1弾>
(3月24日)
 予定より6日早いが、暖かい日がずっと続くから、今日、種蒔き。種は「アタリヤ:春大根」で、半分ほどを使う。7m畝の3mほどを使う。
 畝の峰を凹型に削り、鍬で転圧後、3~4cm間隔で種を置き、1cm弱土を掛け、再度鍬で転圧。
 程よく湿っているが、晴天が続くので、ジョウロでたっぷり散水。
(3月29日)
 ずっと晴れた暖かい日が続くから、毎日、お昼に水やり。今日、わずかに芽吹き。
(5月8日)
 かなり大きくなっており、第1回選り。選り葉は炒め物に。
(5月17日)
 第2回(最終)選り。12本を生育させる。
(6月9日)
 順調に生育しており、6月半ばには収穫できそう。
 第2弾を含めて畝全体に寒冷紗で防虫ネット掛けトンネルを作る。
(6月24日)
 初収穫2本。まずまずの太さで、葉も食べられるが葉はちょっと硬い。
(7月12日)
 大阪へ送るため2本収穫。十分な太さに順々になってきた。評価★★★★☆
(8月11日)
 2本収穫したが、1本は下のほうに腐りが来ていた。
(8月26日)
 畑に残っていた3本を甘夏の陰に埋め込んでおいた。これにて収穫終了。寒冷紗防虫ネット掛けトンネルを片付ける。
<後始末:第1~第3弾まとめて>
(10月14日)
 紐タイプ草刈り機で繁茂した雑草を刈り取った。
(10月28日)
 枯れた雑草を畝間に退け、スコップで畑起こしもどき。10cmピッチでスコップを刺し、畝間も一部同様に。
(10月29日)
 昨日草刈りをした休耕田の草を一輪車で運び、雑草抑えに畝全体を覆う。 

<第2弾>
(5月14日)
 残り畝の約半分(2m)に種蒔き。雨上がりにつき、テボで畝の峰を軽く凹型に削り、2~3cm間隔で種を置き、1cm弱土を掛け、手で転圧。
 種が大幅に余るので、葉食用に、畝の法面にも同様に種蒔きしておいた。
(6月9日)
 間もなく第1回選りの時期が来た。葉の色が少々薄いのが気になる。
 第1弾を含めて畝全体に寒冷紗で防虫ネット掛けトンネルを作る。
(6月16日)
 葉の色がまずまず普通の色になり、第1回選り。
(7月1日)
 最終選り。8本程度を残し。
(7月30日)
 雑草で負けそうになったので、ざっと草引き。少々虫食いがある。
(8月18日)
 猛暑のせいか、溶けてなくなってしまった。評価☆☆☆☆☆

<第3弾>
(7月1日)
 第2弾の続きに種蒔き(約2m)し、7m畝全体が春夏大根となる。奇麗に草を引きながら、手で軽く転圧し、2~3cm間隔で種を置き、1cm弱土を掛け、手で転圧。
 種が大幅に余るので、葉食用に、畝の法面にも同様に種蒔きしておいた。なお余りが出て、これは処分した。
 なお、防虫ネット掛けトンネルは6月9日に作り、ずっとその中での栽培。
(7月21日)
 梅雨明けして10日以上経ち、猛暑もあって土がからからに乾いてきた。そこで、ホースを延長してたっぷり水やり。
(7月30日)
 草引きしながら、最初で最後の選り。たいして虫食いはない。
(8月18日)
 猛暑のせいか、溶けてなくなりそうな状態に。評価☆☆☆☆☆
(8月26日)
 完全に溶けてなくなった。寒冷紗防虫ネット掛けトンネルを片付ける。


<2017年>
 今年の夏大根も何回かの時差蒔き(計画は3回、実際は2回)でいこうと思うが、夏キャベツも苗を時差栽培するから、2品種を同じ畝で同時栽培することにした。
<第1弾:3月30日種蒔き>
(3月24日)
 北東区画のニンニクの直ぐ隣の空き畝で畝づくり。苦土石灰、混合肥料(種粕・鶏糞・有機肥料粒)を少々撒き、牛糞をたっぷり撒いて、小型ビッチュウで細かくはつり込み、鍬で両側からざっと土寄せし、畝を粗整形。たっぷり散水し、土を十分に湿らせておいた。
(3月30日)
 カーマでアタリヤ農園「作りやすさ抜群!春大根」(税込203円)を買った。主な説明書きは次のとおり。
 蒔き時 3月下旬から6月いっぱい
 収 穫 6月10日から8月いっぱい
 株間30cm、2~3粒蒔き、覆土1cm 
 暖かくなったら防虫ネット掛け
 直径7cm、葉が垂れるようになったら収穫
 キャベツを6株(2m)植えた残り4mの畝を使用。
 草木灰を入れ忘れていたので、畝に適当に撒き、土ほぐしと雑草・藁除けしつつ手で叩き、台形に整形。
 種を2、3cm置きに並べていき、ちょうど1袋がなくなった。
 覆土1cm行い、再び手で叩き、ジョウロでたっぷり散水。 
(4月30日)
 順調に発芽し、ぐんぐん成長してきた。本日、最初にして最終の選り。10本ほど成長させることに。
(5月8日)
 残した本数が10数本と多すぎたから、半分選り、8本とした。その後の生長も著しく、葉の虫食いも少ない。
(5月20日)
 順調に成育しているが、全然雨が降らないので、ついでに水やり。
(6月9日)
 1本はもう十分な大きさとなった。葉っぱの虫食いも少なく好調である。
(6月18日)
 晴天続きで草はあまり生えていないが、削りあげ。
 どんどん太くなり、19日、23日に1本ずつ収穫。評価★★★★☆
(6月25日)
 その後2本進呈用に収穫し、残り4本。
(7月23日)
 やっと1本収穫。残り3本。
(8月13日)
 1本は腐った。他の2本は食べられそうになく処分。
 
<第2弾:5月17日種蒔き>
 種を先日JAで購入。品種は「アタリヤ 白首夏大根」
(5月17日)
 畝作りを行ったのだが、雑草を埋め込んで1年間遊ばせた畝と勘違いし、肥料を敷き込まなかった。後から確認したら昨年里芋を栽培した畝であった。無施肥でもまあよかろう。選り葉の炒め物と大根おろしに使うだけだから。しかし、待て待て、随分前に肥料を敷き込んだような気もする。日記を見たら、4月3日にやっていた。なんだ、やっていたのか、である。いつもこの調子だ。やる前にちゃんと確認すべし。
 これから先、当分、雨が見込めないから、予定した半畝を台形に整形し、少々凹型にした。ジョウロでたっぷり散水し、十分に土を湿らせた。
 1時間後に種蒔き。2、3cm間隔で種を置いていき、細かくした土を振りかける。 覆土5mm程度とし、再びジョウロで軽く散水。種は3分の1も使わなかった。
(5月20日)
 全然雨が降らないから、連日2回水やり。少々芽吹きかけたようだ。
(6月2日)
 順調に芽吹いたが、昨夜の雷雨で大半が寝ている。草引きしながら土を指で寄せ、立て直す。
(6月9日)
 グングン伸び、第1回選り。
(6月15日)
 大根畝の南半分に夏キャベツ苗の植え付けを行い、1畝全部に防虫ネットを掛けた。
(6月19日)
 最終選り。残したのは12本。
(7月23日)
 順調に成育しているが、収穫はもう少し先。
(8月14日)
 数日前に、ネットにつかえ、雑草も繁茂しているのを知り、今日、同じ畝のキャベツはそのままにし、大根部分だけネットを外す。雑草に負けたのか、高温にやられたのか、半分以上は溶けてしまったり腐ったりしている。あまり太くないが、大根おろしには使えるだろう。なお、葉っぱの虫食いは少ない。評価★★☆☆☆
(9月4日)
 今日てんぷらを食べることになったが収穫を忘れる。しかし、残っていた4本のうち1本は腐ってしまったし、他の3本もか細くスジだらけであろう。食べられない恐れが大だ。
(10月12日)
 1本も食べずに、今日残っていた2本を処分。試しに切ってみたら、中から腐りがきていた。

<2016年>
 今年は作付け規模を半減させ、昨年と同様に4回の時差蒔き(毎月月末)を北西区画の一番北でしてみようと思っている。
<第1弾(3月末種蒔き)>
(3月29日)
 既に畝立てしてある畝を全部壊して畝下に肥料敷き込み。
(3月31日)
 テンワ(手鍬)で畝を台形にし、3度にわたり水を貯め、湿らす。
(4月1日)
 半畝に「ミニ大根 四季姫」を種蒔き。3cm間隔に埋め込み、手で転圧。ホースで散水。
(4月8日)
 1日、3日少々の雨。4日、7日は本降り。8日に芽吹き確認。
(4月30日)
 順調に生長。ウリハムシが集っていた。葉の穴あきが所々にあるが、彼らのせいか?
(5月5日)
 20cm強の間隔で選り。8本ほどを残す。
(6月7、17日)
 2本ずつ収穫。十分な大きさ。初回は葉っぱも食べられたが、2回目は葉枯れが進み、少々無理かと思ったが、何とか食べられた。
(6月22日)
 1株に花が咲き出した。他も葉っぱの伸びがいい。よって、残っていた4本とも収穫。なお、葉っぱは虫食いがひどく、食べられないことはないが、他に葉野菜があるから捨てる。評価は★★★★☆

<第2弾(4月末種蒔き)>
(4月30日)
 種を昨日JA売店へ買いに行ったのだが、「ミニ大根 四季姫」が売ってなく「おろし夏大根」を購入。
 既に畝下に肥料が敷き込んである。残っている半畝の2/3を使用し、本日種蒔き。
(5月4日)
 連日水やりし、本日一斉に芽吹き。
(5月29日)
 最初で最後の選り。5株を残す。葉の虫食いは案外少なく、葉食に耐える。
(6月30日)
 1株に花芽が伸び、千切り取る。まだ収穫には早い。
(7月11日)
 第1弾に比べ生長が悪いが1本を収穫。評価は★★☆☆☆
(7月24日)
 2本目を収穫。かなり巣が入り、上のほうと下のほうは十分大根おろしになった。
(8月20日)
 残り2、3本は完全に枯れ、食べられそうにない。

<第3弾(5月末種蒔き)>
(5月31日)
 種箱を見たら、なんと「ミニ大根 四季姫」がまだ残っていたから、それを全部使用。
 既に畝下に肥料が敷き込んである。残っている1/4畝を使用し、本日種蒔き。
(6月26日)
 すぐに芽吹き、順調に成育。本日、最初で最後の選り。5株を残す。葉っぱの細かい虫食いがけっこう多い。
 選り葉は裏に白いポツポツがかなり付いており、食すには気持ち悪いから、それらは捨てたので、選り葉は少量しか採れなかった。
(7月24日)
 けっこう虫食いがあるが、少しずつ生長しているようだ。たっぷり水やり。
(8月20日)
 まだ中くらいの大きさだが、葉が完全に枯れ、食べられそうにない。評価は☆☆☆☆☆

<第4弾(6月末種蒔き)>
(7月1日)
 第1弾の収穫跡に種蒔きすることに。畝の整備がてら、鶏糞・種粕と牛糞を畝下に少々入れ込む。
 種は今年買った「「おろし夏大根」を全部使い、葉食用にもできるから3列蒔きとした。
(7月8日)
 きれいに芽吹いている。
 葉っぱの虫食いがひどくなるのが予想されるため、防虫囲いを網戸の端切れでおこなうことにした。
(7月19日)
 どんどん伸びて防虫囲いに当たるようになったから、外す。囲った箇所と野ざらしの箇所ともに小さな虫食い穴が数多くあり、囲いの効果はなかった感がする。
(7月23日)
 本日選り。たっぷり選り葉が食べられそう。
 株元に土寄せし、ぐらつきを防ぐ。
(8月20日)
 葉がほとんどなくなった。これではダメ。大失敗。

<2015年>
(4月4日)
 今年は、夏大根を4回に分けて、1か月おきに種蒔きすることにした。
 場所は自宅前の畑で、東の柿の木の北側にある短い2畝。昨年から自然農法を可能な限り取り入れたいと思っている小生。そこで、雑草は邪魔にならない程度に叩くに止め、起耕も必要最小限に止めたいと思っている。
 なお、施肥は、ほぐした土に牛糞を混ぜたものを当初に行い、間引き後に各種有機肥料を株間なり畝の法面に埋め込むこととしたい。

<第1弾種蒔き>
(4月9日)
 本日、2畝のうち南側の1畝に第1弾を種蒔き。
 当初は種蒔き位置に幅10cm、深さ10cm程度の起耕で止めようと思ったが、あまりにも雑草が多く、その草叩きがために幅25cmほど土を露出させた。
 次にテボで幅10cm、深さ10cm弱の土ほぐしをし、テンワ(手鍬)で両サイドに軽く土を移動させ、牛糞を撒き、手で元の状態に戻し、再び軽く牛糞を振る。
 畝の頂を手で軽く押さえ、順次種を並べていく。間隔は3cmほど。西から順に、夏大根「ミニ大根 四季姫」、春冬兼用「耐病総太り」、冬大根「青首宮重 総太り大根」の順。
 最後に、畝の法面にこぼれ落ちている土をほぐし、種周りを覆っていく。根が付いた雑草は跳ねだし、そうでないものは覆いとして使用。蒔き終わったら、鍬で転圧。
(4月15日)
 種蒔き6日後の今日、芽吹き確認。西から順に、夏大根「ミニ大根 四季姫」は所々土を持ち上げて少し芽が見える、春冬兼用「耐病総太り」は既に2葉が綺麗に揃っている、冬大根「青首宮重 総太り大根」は2葉が揃いはじめた。
(4月24日)
 2品種は順調に生長しているが、「ミニ大根 四季姫」は芽吹いたものが少なく、ほとんど選りなしで成育させることになる。なお、「ミニ大根 四季姫」は生長が悪い。
(4月30日)
 本日選り。株元周りの細かな雑草を引き、軽く土寄し、ぐらつかないようにする。
 北面にテボで筋目を作り、有機肥料(種粕、鶏糞、有機肥料粒の混合)を埋め込み。
(6月4日)
 春冬兼用「耐病総太り」の2本に花芽が伸び、蕾ができていた。元から千切りとる。
(6月10日)
 残りの「耐病総太り」も「青首宮重 総太り大根」も皆、花芽が伸び、蕾ができていたので、2、3日前に千切り取った。3品種の中で「ミニ大根 四季姫」は花芽も出ず、一番太くなっている。よって、今日「ミニ大根 四季姫」3株を初収穫。
(6月25日)
 その後、どれだけか太くなった「耐病総太り」を数本、「ミニ大根 四季姫」を1本収穫したが、これ以上は太くならないようだ。まだ、半分も収穫していない。
 「青首宮重 総太り大根」は冬大根専用品種だから、3種類の中で一番細く、一部に腐りが出てきた。
 また、「ミニ大根 四季姫」以外は切っても切っても花芽がグングン伸び、ちょっと油断すると花が咲く。これでは、根っこの部分に巣が入るだろうし、味も落ちよう。なお、2株残っている「ミニ大根 四季姫」も1株に花芽が成長しだした。

<第2弾種蒔き>
(4月30日)
 2畝のうち北側の畝の西半分(たったの2mほど)に第2弾を種蒔き。
 第1弾と同様に、雑草叩きがために幅25cmほど土を露出させた。第1弾と同様に苦土石灰を振るのを忘れたが、まあ良かろう。
 次にテボで幅10cm、深さ5cm弱(第1弾は10cm)の土を軽くほぐし、牛糞を撒き、手でかき混ぜる。
 畝の頂を手で軽く押さえ、順次種を並べていく。間隔は3cmほど。西から順に、夏大根「ミニ大根 四季姫」(最近買ったもの)、春冬兼用「耐病総太り」を半分ずつ。
 最後に、畝の峰際の土をほぐし、種周りを覆って軽く押さえ、枯れた雑草を乗せて乾燥防止。
 以上、第1弾とは若干やり方が変わってしまった。
(5月12日頃)
 第1回選り(=最終)を行い、10本ほどに。ぐらつきがあり指で軽く土寄せ。
(5月28日)
 忘れていた施肥を本日行う。両サイドにテボで軽く溝を立て、化成・種粕・鶏糞・有機肥料粒を撒き埋め戻し。最後に苦土石灰を振り、水やり。
(7月7日)
 その後順調に成育し、虫食いも少ない。成功。大きそうな4本を収穫。残り6本ほど。
(7月24日)
 弱りが来たのであろう、葉が大幅に減ってしまった。2本収穫。残り1本は翌日収穫。切ってみると黒ずみがきており、もっと早く収穫すべきであった。

<第3弾種蒔き>
 5月31日、第2弾を種蒔きした北側の畝の東半分(たったの2mほど)に第3弾を種蒔き。
 草ボウボウなため、鎌で根を半分は切りながら引き抜き、幅25cmほど土を露出させた。
 次にテボで幅10cm、深さ10cm弱(第1弾は10cm、第2弾は5cm弱)の土をテボで両サイドに退け、肥料(鶏糞、有機肥料粒、種粕)を敷き込み、概ね土を戻す。その上に苦土石灰を撒き、牛糞を入れ、軽く手でかき混ぜる。
 畝の頂を鍬で転圧し、順次種を並べていく。間隔は4cmほど。今回の種は「ミニ大根 四季姫」だけとした。 最後に、畝下の土をほぐし、種周りを覆って鍬で転圧し、枯れた雑草を乗せて乾燥防止。
 畑が乾いているのでジョウロでたっぷり水やりし、かつ、ダンボールで覆いした。
(6月2日)
 毎日2回水やりしダンボールで覆い。明日はやっと雨模様で水やり不用となる。
(6月4日)
 種蒔き4日後の今朝、一斉に芽吹きしているのを発見。
(6月25日)
 だんだん大きく成長してきたのは知っていたが、間引きするのを忘れてていて、本日間引き。
 ところが、東のほうは成長著しいが、西のほうは小さいから間引きを見送り。同じ品種の種なのに、なぜ?
 どうやら土壌が肥えていたようである。東端1m弱は耕作していなかった場所につき、多めに施肥したからだろうか、そうでもなさそうだし…
(6月28日)
 中よりのまだ少々小さい大根も選ることにした。
(7月19日)
 だいぶ生長してきたが、雑草に負けそうになってきたので株周りの草引き。
(7月30日)
 葉っぱの虫食いがひどい。
(9月11日)
 葉っぱの虫食いはその後も続き、葉が少ししかない。昨年に比べ大根が細い。食べられるかどうか不明。
 株周りの雑草を引いておいた。気休めに施肥(種粕、化成)
(9月27日)
 ここへ来て、青葉が茂り始めたものの、根は小さく収穫できない。
 昨年は今年の第3弾と同じ時期に種蒔きし、成功したのに、今年は虫食いが多く、何ともならない状況にある。
(10月14日)
 10月初めに1本収穫したが食さず。今日3本収穫し、1本を輪切りしたら食べられそうだ。2本を近日大根おろしにしてみよう。どれも、150~200g程度。
(後日追記:1本はおろすのに骨が折れたが、もう1本はやすやすおろせた。ピリッとするのは下部だけだ。)
(11月4日)
 目に見えて太くなってきた。本日3本収穫するも、若干ひび割れのある2本は捨てる。葉っぱが食えそうで、虫食いの少ない葉を女房に渡す。
(12月28日)
 半分は残ったままで、処分。

<第4弾種蒔き>
(6月28日)
 種蒔きに先立ち、畝の整備。第1弾の東半分を整備し、苦土石灰を振る。
(6月30日)
 今回は牛糞をまぶさず無肥料。
 鍬で転圧し、夏大根「ミニ大根 四季姫」を5cm間隔で並べ、畝法面の土をほぐしながら掛けていく。最後に鍬で再度転圧。
(7月19日)
 随分と葉が虫食い。少しだけ間引きし、ぐらつきを正すため指先で土寄せ。草引き。
(7月24日)
 畝の北側を鍬で溝立てし、混合肥料を施肥し、埋め戻し。
(7月30日)
 葉っぱの虫食いは止まった。
 最終の選り。株元に指で土寄せ。刈り取った雑草を畝全体に敷く。
(9月11日)
 その後、また虫食いがあり、葉っぱは少ない。根は随分と細い。気休めに施肥(種粕、化成)
(9月27日)
 ここへ来て、青葉が茂り始めたものの、根はまだまだ小さく収穫できない。
(10月14日)
 青葉が茂り、根もけっこう太くなった。そろそろ食べられそうだ。
(11月4日)
 10月下旬に2本収穫し、今日1本収穫。どれも、150~200g程度。目に見えて太くなってきた。
 第3弾よりも虫食いが少なく、葉っぱが食えそうで、女房に渡す。
(11月24日)
 その後収穫せず、今日2本収穫。ビタミン大根と収穫時期が重なり、もう収穫できないだろう。
(12月28日)
 半分は残ったが、処分。

<2014年>
(6月4日)
 先日、JAの売店へ行って夏用の小松菜の種を購入したとき、夏に収穫できる大根の種も見つけた。渡辺農事の交配種「ミニ大根 四季姫」である。ミニと言っても「葉根重量200~800gまで好みの大きさで収穫できる」とある。“これはいい”と衝動的に手に取り、買ってしまった。
 さて、これをどこに蒔こう。そうだ、自宅前の畑で何とか1畝取れそうだ。ネギ2畝では幅が広すぎるから、ここを3畝にすれば、大根が栽培できる。
 というわけで、延び延びになっていたが、本日、種蒔きしたところである。今夜から雨だからちょうどいい。
 4月に耕運機で起こして放置してある場所で、今までに2度ほど草叩きしてあるが、またまた雑草が生えてきている。そこで、テンワ(手鍬)で草叩きし、雑草をはねだす。
 種蒔き位置を決め、そこをクワで窪みをつけ、苦土石灰を振り、有機肥料(牛糞、鶏糞、有機肥料粒、種粕)をばら撒き、埋め戻して畝立てする。
 畝の峰をクワで押さえて平らにし、種を2列に少々密に並べて埋め込んでいく。土を掛け、再びクワで押さえる。これにて終了。
 なお、種を2列に少々密に並べたのは、順次間引きし、葉野菜として食べたいからである。
(6月8日)
 もう、ほとんどが芽吹いている。
(6月15、16、17日)
 芽吹きが遅れた小さなものが枯れかけている。大した雨が降らず、畝も乾いている。よって、タップリ水やり。翌16日、17日も同様に水やり。日に日に大きくなっていく感がする。幸い虫食いもほとんどない。
(6月24日)
 葉っぱの虫食いは、どれだけかは進んだが、生長に全く問題ない程度だ。
 抜き菜にして食べるのにちょうど良い大きさになった。きょう、大きいものから引き抜き、たっぷり収穫。
(6月29日)
 夏大根の成長は著しい。今日、2回目の選り。葉っぱの虫食いは、またまた進んでいるが、今のところ大丈夫そうだ。
 なお、6月12日に続き、今日も野菜畑周辺全体の雑草などに農薬噴霧し、虫絶やしを目論んでいるが、たいした効果は発揮できないでいる。
(7月13日)
 選りは既に終わり、少々密に成育しているが、今、4cmぐらいの太さになった。依然として葉っぱの虫食いがひどい。
(7月20日)
 東面に施肥(化成1:種粕3)し、削り上げ。順調に成育中。
(7月21日)
 庭木・雑草の全面消毒を行ったので、ついでに夏大根にも噴霧。使用した農薬はパダン。
(7月28日)
 本日、初収穫。500g超。(31日も1本収穫)
 葉っぱの虫害は止まった感がする。
 大根おろしにしたら、おろしにくい、と女房が言う。実が締まっているとのこと。夏大根特有なのか、畑が乾いているからか?
(8月9日)
 1本目は2回に分けて大根おろしにして食べたが、ほんの少し辛かっただけである。今日、2本目を摩り下ろして食べたらピリリと辛かった。ほぼ同じ時期に収穫したのに辛さが大きく違うとは、不思議だ。
(9月7日)
 その後順次収穫し、一部をお客様に差し上げた。残っている5本を本日収穫し、終了。
 なお、お盆頃までは虫食いがひどかったが、その後なくなり、新たな葉が伸びるようになった。一度葉を食べたが少々硬いものの、味は普通で、十分に楽しめる。今日も葉を食用にする。根の方は葉に栄養が吸い取られ、多少は巣が入っているかもしれない。
(9月18日)
 今までに3本ほど食べたが、葉がどれだけか茂ったから大根がスカスカになっていないか心配だったが、皆、大丈夫だった。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の農作業&3月の農作業 [月別農作業記録]

<2020年>
チマサンチュの種蒔きを早くすること(3月に入ったら直ぐに)

<2019年>
3.03夏ニンジン跡:連作用に畝作り
  夏キャベツ:畝作り・苗植え付け
  ジャガイモ:種芋2つ切り
  パンジー苗:プランター4個に植え付け
 <甘夏:全部収穫>
 <ツクシ:第1回ツクシ採り>
3.04使い捨てカイロ:金槌で叩き、酸化鉄取り出し
3.06ジャガイモ:植え付け
3.09夏大根:種蒔き(種不足)
3.18エンドウ:垣根作り
  大根2種類、カブ:全部処分
  山芋(2年物):草引き
  ニンジン:全部収穫し、草叩き、畝を粗整形
  ヤーコン第6畝:掘り
  ヤーコン第6畝跡:代替作物3畝仕立て
3.19種取り用エンドウ:垣根作り
  夏キャベツ:ネット掛け
3.20ネギ:最終収穫(種取り用に3株残す) 
3.24ヤーコン種芋:掘り出し、切り分け 
3.27ヤーコン:苗床づくり、種芋の植え付け、防寒覆い
  アスパラガス:大苗を定植、枯草・刻み藁で覆い
  ハクサイ、小松菜:処分
3.31夏大根:畝の草引き、種蒔き
  夏キャベツ畝:整備
  チマサンチュ:畝の草引き

<2018年>
3.4エンドウ:種蒔き
  自宅前:ビタミン大根を処分し、夏野菜の畝作り
  自宅前:ホウレンソウ第1弾跡、夏野菜の畝作り
  不要な庭木:伐採・堀り起こし
  ジャガイモ:種芋2つ切り
3.5使い捨てカイロ:木槌で叩き、酸化鉄取り出し
  冬越しベゴニア:株分けしてプランター(5鉢)に植え付け
3.11エンドウ:ネット外し・垣根作り
  ジャガイモ:植え付け
  金柑:収獲(5.2kg)
  ハクサイ:ネット外し
  <大根:全部収穫>
3.12ヤーコンのシートはずし
  大根跡:削り上げ、刻み藁入れ、ビッチュウではつり、鍬で土寄せ
  カリフラワー跡:削り上げ
  貸し畝の空地:削り上げ
  オクラ用の畝:削り上げ
  イチゴ:草引き、削り上げ
  タマネギ:草引き、削り上げ
  エンドウ:削り上げ
  自然薯:削り上げ・嵩上げ
3.18ヤーコン堀り、跡畝作り
  ヤーコン種芋:掘り出し
  防鳥ネット外し:小松菜、ホウレンソウ
3.19ヤーコン:種芋作り
3.24ヤーコン種芋:苗床に埋め込み
  夏大根:種蒔き(水やり26,27)
  夏キャベツ:苗植え、防虫ネット掛け
  ホウレンソウ・小松菜・カブ:処分し、畝立て
3.25ブロッコリー・カリフラワー跡:畝作り
  ハクサイ跡:畝作り
  須賀前:ほぼ全面:草叩き

<2017年>
3.05ヤーコンのシートはずし
   <ニンジン:最終収穫>
   畑起こし:須賀前:タマネギとエンドウの間、ニンジンの跡
   草引き:タマネギ
3.13<大根:須賀前2種類全部収穫>
   畑起こし:須賀前:大根3畝の跡
   草叩き:起こし済みの5畝
   野焼き:自宅前の休耕田&須賀前の畑
   休耕田:コスモスの畝<耕運機>起こし
   グラジオラス:購入球根植え付け
   <甘夏:1籠お隣さんへ>
3.15エンドウ:垣根作り
   使い捨てカイロ:ツルハシで叩き、酸化鉄取り出し
   野焼き草木灰:回収(自宅前)、散布(須賀前)
   ヤーコン畑:草木灰と米糠を撒く
   サツマイモ跡ほか:草叩き(再度)
   イチゴ:草引き&両サイド削り上げ
   タマネギ:西サイド削り上げ
   須賀前東角:起こし
  <ホウレンソウ最終収穫>
  <ハクサイ菜の花最終収穫>
  <ブロッコリー最終収穫>
3.19ヤーコン:収穫
   ヤーコン:種芋水洗い
   除草剤噴霧(神社、アパート駐車場、庭)
3.20自宅前畑:全面草叩き
   ヤーコン苗床づくり(起こし、粗整形)
   <自宅前の大根:最終収穫>
   <ホウレンソウ:最終収穫>
   <自宅前のハクサイ:菜の花を最終収穫>
3.23ヤーコン種芋全国発送
3.24夏キャベツ&夏大根:畝作り
   ヤーコン種芋:掘り出し、切り分け
3.25夏キャベツ:植え付け
   はつか大根:畝作り&種蒔き
   ニンジン:畝作り
   冬野菜跡:畑起こし(ネコブセンチュウ対策)<苦土石灰を振り忘れ>
3.27ヤーコン種芋:育苗床に植え付け
   小松菜:第1弾処分
3.29ヤーコン種芋(購入品):育苗床に植え付け
3.30春大根:種蒔き
3.31ネギ(自宅前):最終収穫
   3畝畝立て・肥料敷き込み(自宅前北東区画:キュウリⅠ、十六豆Ⅰ、トマト) 

<2016年>
3.06白ナス・世界一トマトの種蒔き
   休耕田:コスモスの畝直し<耕運機>
3.16ヤーコン種芋:堀り出し、水洗い
   野焼き:須賀前の畑
3.17ヤーコン種芋:切り分け
3.18ヤーコン種芋:発送
   野焼き:須賀前の畑
3.20 花畝(ビニールハウス前):畝整形、開墾部からユリ球根を移植。
   ミョウガ:果樹園に移植
   果樹:施肥(米糠):柑橘類3本、イチジク3本
3.21ヤーコン:種芋(第1弾)を苗床に埋め込み
   甘夏:南に出た枝をビニール紐で北側に引っ張り直し
3.27ヤーコン:最後の2畝堀り、種芋も水洗い
3.28トマト:ポット苗作り
   ヤーコン:種芋作り
3.29夏キャベツ:苗10株植え付け
   枯れた花木鉢植・盆栽:全部整理
3.31ヤーコン種芋:苗床に埋め込み
   除草剤散布

<2015年>
3.08 白ナス・世界一トマトの種蒔き
3.09 果樹に施肥(2月に草木灰、今日は米ぬか・鶏糞)
3.16 ヤーコン種芋:堀り出し、切り分け
3.20 追加種蒔き:白ナス、トマト、パプリカ
3.22 エンドウ:垣根づくり
    ヤーコン:2畝堀、食用芋&種芋水洗い
    ホウレンソウ:防鳥ネット掛け
3.27 ヤーコン種芋:苗床に埋め込み
3.28 保存里芋:掘り出し、種芋選別、苗床に埋め込み
    須加前の畑で野焼き
3.29 ニンジンの種蒔き(3分の1畝)
3.30 夏キャベツの苗12株を植え付け
    ニンジン別種の種蒔き(6分の1畝)
3.31 ニラ:種蒔き&昨年定植のもの畝整備

<2014年>
3/2 仏花畝の作り直し(畝間広げ)
3/9 白ナス:種蒔き <一緒に「八ちゃんナス」、「世界一トマト」も種蒔き>
   ホウレンソウ:1/3畝の種蒔き
3/16 ヤーコン:最新品種「アンデスの乙女」3株収穫し、種芋を持ち帰り保存
    須賀前の野焼き
    里芋:掘り起こし、種芋づくり、日陰干し
3/23 エンドウ:垣根づくり、両サイド施肥
    ヤーコン:2畝堀
    ヤーコン種芋:堀り出し(1畝分を残す)
3/24 コスモス:休耕田の溝の土上げ
    ヤーコン:種芋切り、陰干し
3/27 岩井地区:ヤーコン種芋1畝分掘り出し、種芋作り
3/29 ニンジン:1/3畝の種蒔き
    白ナス:ポット苗づくり(7ケース:250鉢)
    ヤーコン:苗床作り、種芋の植え付け
    里芋:苗床作り、種芋(60個)の植え付け
    イチジク苗木:定植

(2013年)
3.3 ウド:2株起こし、株分け、畝を伸ばし植え付け
   果樹・タラの芽:紐引っ張り直し
3.9 白ナス:種蒔き
3.15 ホウレンソウ:半畝の種蒔き
    須賀前の野焼き
    ニンジン:半畝の畝立て、種蒔き
3.17 須賀前の野焼き:灰の一部を回収(ヤーコン種用) 
3.22 ヤーコン:堀、種芋:堀
3.24 ヤーコン:種芋切り
3.30 白ナス:ポット苗づくり(8ケース:280鉢)
    ヤーコン:苗床に種の植え付け
    里芋:苗床に種の植え付け(朱じく15個、緑じく55個)
3.31 イチゴのワラ敷き
    休耕田:コスモスの畝直し<耕運機><土上げ(半分)>
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アスパラガスの栽培 [アスパラガス]

(3月26日)
 今年新たに栽培に取り組むことにしたアスパラガスの大苗が今日届いた。国華園に注文した「大株ウェルカム5株と大株スイートパープル5株」である。
 詳細な栽培法を見ておきたい。そこでネット検索。どんな野菜の栽培法も「やまむファーム」のサイトを見れば、まず間違いなく懇切丁寧に説明されている。
 このサイトは、ほんと重宝する。念のため、ネット検索した最初のページに出てくる他のサイトを2、3見てみたが、これに勝る内容のものは、今回もなかった。
 「やまむファーム」には、大苗の植え付け方も写真入りで書いてあり、大助かり。苗の植え付け時期も今がちょうどいい(ただし大苗は晩秋が最適)とあり、また、大苗といっても「大きなたくさんの根っこ」ばかりであるから乾燥に弱そうで、いつまでも放置しておくわけにはいかない。
(3月27日)
 早速、今日、所定の畝に植え付けることにした。
 予定した畝は、今までヤーコンを長年連作してきた畝(6畝中、一番東の畝)であり、あまりに広幅ゆえ2畝とし、1畝は山芋、もう1畝をアスパラガスの畝とし、10日ほど前に畝立てしてある。
 前年のヤーコンは無肥料栽培であり、畝にはヤーコン栽培畝で生じた多量の枯草が埋め込んである。
 10株あるから株間は約1mとなり、概ね均等に大苗を並べる。
 次に、所定の位置に鍬で40cm角程度を掘る。埋め込んだ枯草が固まって出てくるから、それを退けてから、大苗の根っこが概ね均等に広がるように置き、芽が出る箇所が概ね5cmの深さになるように土をかける。
 最後に退けた枯草、枯草があまりない箇所は刻み藁を足し、防寒覆いとする。土があまり湿っていないが、3日後が曇一時雨の予報だから、水やりせず。
 大半の野菜がここ1、2年、無肥料栽培だから、アスパラガスも同様とする。埋め込んである枯草が堆肥化すれば、それが肥料といえば肥料。雑草と共生させる予定。
(4月27日)
 植え付けてちょうど1か月が経った。一部で芽吹きあり。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:春分から清明まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 「24節気の健康と食養:春分から清明まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

<2019年>
 最後に、今回も、うちの自家栽培野菜などの状況をご紹介させていただきます。
 畑では各種の冬野菜が底を突き、残っているのは春菊とキャベツだけとなってしまいました。春菊はこれからグングン伸び、摘んでも摘んでも新芽が吹きますが、キャベツはパンクするものが出てきます。
 今年の2月、3月は暖かいですから、白菜と小松菜の菜の花はもう終わりです。
 今、盛んにブロッコリーの脇芽が成育していますが、これもそろそろ終わりそうです。
 甘夏の木陰で群生しているミツバが広く繁茂しだしました。
 なお、今が旬の甘夏も残すところ数個となりました。<主・酸味、従・甘味、添・苦味>この三味の組み合わせになっている甘夏です。皆さんも食後のフルーツにどうぞお召し上がりください。

<2018年>
 畑では各種の冬野菜が底を突きかけました。
 十分に残っているのはネギだけとなってしまいましたが、これも青葉がイキイキとしてきて、白根は硬くなりつつあり、薬味としてしか使えそうにありません。。
 玉を巻かなかったハクサイが菜の花として摘めますが、それも間もなく終わりです。今、盛んにブロッコリーの脇芽が成育していますが、これもそろそろ終わりそうです。今冬成績がいい春菊はこれからグングン伸び、当分の間収穫できそうです。
 遅植えしたキャベツ苗は生育が遅れに遅れ、4月になってもまだだめでしょう。
 これから旬となるミツバが取れ始めました。汁物に使えます。
 なお、今が旬の甘夏は収獲が終わりましたが、乾燥防止と甘味を増すために土に埋めてあり、4月半ばまで毎日1個食べられます。<主・酸味、従・甘味、添・苦味>この三味の組み合わせになっている甘夏です。皆さんも食後のフルーツにどうぞお召し上がりください。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3.18 今日は百姓日和だ [ファーマーの“一日一楽”日記]

別立てブログ「薬屋のおやじの“一日一楽”&“2日前”の日記」で投稿した記事で、ファーマーに関するものは、このブログで再掲することにします。

 今朝は寒くて早朝に目が覚めてしまった。もうエアコンは必要ないと思い、1週間ほど前から使っていない。時計を見ると6時だ。
 えい、起きてしまえ。身支度を整えて、外へ出てみると、霜が降りているし、寒い。これじゃあ、早速に畑へ行っても土が凍てついていて作業がしずらい。
 いったん店に入り、ネットで気象台の記録を見ると、最低気温が-0.1度。こんなに冷えたのか、である。
 よって、しばらく今月下旬に送付するDMの準備を行い、8時半となる。
 さあ、これから百姓だ。快晴で微風。良い百姓日和になりそうだ。
 畑に行っても寒くなく、すぐにジャンパー不要となる。
 今日は、伸びすぎたエンドウの垣根づくり、ヤーコン芋の収穫、その跡畝を別の野菜2種類のための畝づくり、各種野菜の収穫。以上を予定した。
 順調に進み、途中から作業着も脱ぎ、Yシャツ姿に。
 1日1食を止めて昼食を取るようになって2週間経つが、今日は食べないことにした。食べると食休めせねばならず、そんなことをしていると予定の仕事がこなせそうにないからである。
 午後3時半に全部の作業を終了。7時間の労働であった。口にしたのはペットボトルに詰めた水道水のみ。
 作業が終わって、バテバテに。でも、やっぱり空腹感はない。まだまだ胃腸は1日1食に順応したままで、胃腸君たちは、そのほうがいいと言っているようである。
 これじゃあ、なかなか太れないが、そう無理して体重を増やさんとていいだろう。ぼつぼついけばいい。 

(関連記事)1日1食を2食に戻して太ろうじゃないか!
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3.18 エンドウの垣根づくり [エンドウ]

 例年3月上旬に行っているエンドウの垣根作りであるが、年によって若干の違いがある。
 2013年は2月に鳥害に遭い、あわてて虫除けネットを鳥害防止に代用してトンネル掛けし、4月4日に実施。
 2014、5年は1月終わり頃に同様にネットを張り、ちょっと遅れたが、それを外して3月22、23日に実施。
 2016年は暖冬で生長が著しく1月15日実施し、過去3年続けた鳥害防止はせず。
 2017年も全年同様に鳥害防止はせず、少々遅れたが、3月15日に実施。
 2018年は晩秋の低温で生え損ない、ビニール被服とビニールトンネルを張り、2月22日に鳥害防止ネットに張り替え、3月11日に垣根作りを実施。
 2019年は鳥害防止はしなかったが、無被害。暖冬で生育しすぎ、もっと早く垣根を結う必要があったが、大幅に遅れて、3月18日に実施。

 なお、支柱は中長とし、間隔は過去30,40,50cmと適当にしていたが、両サイド2,3本をを20cmとし、あとは40cmで強風に耐えられる。30本程度準備すればよい。魚網は11m幅のエンドウ専用のものとする。
(参考)栽培と収獲は別途記事にする。
 → エンドウの栽培  エンドウの収穫時期の経年変化

<2019年>
(3月18日)
 今期は暖冬で、3月も暖かく、もう随分と伸びており、3月初めに行うべきであったが、やっと今日、垣根作りを遅ればせながら行う。
 金棒で40cmほどの間隔で株元より少々東側に穴を開け、太目の中程度の長さの支柱を差し込んでいく。使った支柱は約30本。なお、両サイド3本は20cm間隔とし、強風で傾かないようにした。
 次に、支柱の上部をビニール紐で連結させた後、魚網を張っていく。漁網の下端は、支柱3本ごとに結わい付け。
 さて、エンドウが伸びすぎているので、2mほどのビニール紐で倒れたエンドウを起こしながら、そのビニール紐を支柱に結わい付け、それを繰り返す。ビニール紐1段では起こしきれない所が多く、そこは2段とした。
 この作業中、伸びすぎているものがけっこう軸折れしてしまい、成育に悪影響を及ぼすが、いたしかたない。 

<2018年>
(3月11日) 晩秋に芽吹いたものはビニールトンネルで保温されたせいでヒョロ長くなっている。もう垣根作りをして這い上がらせねばならぬ。そこで、本日垣根作り。
 昨年と同じ手順で行う。まずは、東側に細く短い支柱を2m間隔程度に差し、ビニール紐で倒れたエンドウを起こしながらビニール紐を張っていく。
 続いて、金棒で40cmほどの間隔で株元より気持ち東側に穴を開け、太目の中程度の長さの支柱を差し込んでいく。使った支柱は34本。両サイドは3本を20cm間隔とした。
 そして、支柱の上部をビニール紐で連結させ、次に、仮に張ったビニール紐を外し、その紐で支柱の下部を連結。
 最後に魚網を張っていく。エンドウ専用の網だから、綺麗に張れた。これで、エンドウが伸びれば西風で魚網に押し付けられ、ツルが魚網に巻きつき安定する。
 なお、伸びすぎているエンドウのツルを支柱と網の間に挟み込んだり、ビニール紐で結わいつけたりしておいた。

<2017年>
(3月15日)
 もう随分と伸びており、垣根作りを遅ればせながら行う。
 伸びすぎているので、昨年と同様に、まずは、東側に細く短い支柱を2m間隔程度に差し、ビニール紐で倒れたエンドウを起こしながらビニール紐を張っていく。
 続いて、金棒で40cmほどの間隔で株元より気持ち東側に穴を開け、太目の中程度の長さの支柱を差し込んでいく。使った支柱は28本。両サイドは20cm間隔とした。
 そして、支柱の上部をビニール紐で連結させ、次に、仮に張ったビニール紐を外し、その紐で支柱の下部を連結。
 最後に魚網を張っていく。2、3年前にピッタリの長さに切っておいたから、綺麗に張れた。これで、エンドウが伸びれば西風で魚網に押し付けられ、ツルが魚網に巻きつき安定する。
 なお、念のため西側下部にビニール紐を張り、エンドウのツルが魚網に巻きつきやすくしておいた。
(4月3日)
 だいぶ伸びてきて、ツルが一部垂れ下がりだした。ビニール紐で両側とも緩く囲っておいた。
(4月10日)
 再びツルが一部垂れ下がりだした。ビニール紐で両側とも緩く囲っておいた。
(4月19日)
 今年は魚網の東側へ伸びるツルがいかにも多い。三度ビニール紐を張る。
(4月23日)
 本日、初収穫。支柱は全然傾いていないから、千切りやすい。
(撤去作業=5月31日)
 ほぼ完全に枯れ枯れになっており、本日、種取りに合わせて垣根壊し。

<2016年>
(1月15日)
 11月7日に種蒔きしたエンドウ。11月12月と異常な暖かさで、エンドウの生長が著しい。1月に入っても暖かく、2、3日前に見てみたら、もう30cm程度に生長し、皆、倒れて伸びている。
 来週に寒波が来て雪も降ろう。そうなると、このままでは雪で押さえつけられて、軸折れする恐れもある。そこで、急きょ思い立って、エンドウを立ち上げて垣根を早々に結うことにした。
 まずは、東側に細く短い支柱を1.5m間隔程度に差し、ビニール紐で倒れたエンドウを起こしながらビニール紐を張っていく。
 次に、エンドウが西側にお辞儀した格好になったので、気持ち上向きになるよう、ビニール紐を張っていく。
 これで、取りあえず立ち上がらせることができた。
 続いて、金棒で50cm弱の間隔で株元より気持ち東側に穴を開け、太目の中程度の長さの支柱を差し込んでいく。そして、上部をビニール紐で連結させる。
 最後に、魚網を張っていく。2、3年前にピッタリの長さに切っておいたから、綺麗に張れた。これで、エンドウが伸びれば西風で魚網に押し付けられ、ツルが魚網に巻きつき安定する。
 これにて、作業完了。
 ところで、このブログの過去記事を見ないで記憶だけで行い、2つの失敗をしてしまった。
 一つは支柱の間隔である。支柱の在庫本数とのからみがあり、また強風で傾かないよう、50cm間隔とするべきであった。(4月30日追記:強風で傾いたから。もっと密に支柱を立てたほうがいい。)
 もう一つは、2013年2月に鳥害で大変な目に遭ったから、1月下旬から2月いっぱいは防虫ネットを張ることにしていたのだが、それをすっかり忘れていた。もし、鳥が突きにきたら、防ぎようがない。失敗、失敗である。まあ、エンドウが随分と生長しているから、突かれても若干の生長遅れで止まることを願うしかない。
(1月28日)
 1月25日に最低気温ー5.0度と冷え込んだ。近年では4年前の2月3日のー5.0度に次ぐ。また、1月20日に積雪9cm、25日に3cmを記録した。でも、エンドウは大丈夫だった。
 ビニール紐でエンドウを支えて立ち上がらせてあったが、一部は西側を這っている。そこで、どれだけか堆肥化しかけた藁を株元に置き、立ち上がらせて置いた。
(4月30日)
 昨日は強風が吹き荒れた。岐阜気象台で18.8m(北西)を観測。垣根が全体に少々傾き、東側からは千切りにくくなり、また、エンドウの上部が折れた。
(5月5日)
 ビニール紐は物によって耐久性に差がある。1月15日に張った紐はボロボロになり、支柱があちこちで傾いてしまった。 

<2015年>
(3月22日)
 今年も遅がけの垣根作りを本日(3月22日)行った。鳥害防止ネットを外しての作業である。昨年以上にエンドウが随分成長しており、一部ネットにつかえている。
 作業手順は昨年どおり。
 今年の特記事項をメモしておこう。
 鳥害防止のためネット掛けをしてあったのだが、ネットの長さが足りず、数十cm分はむき出しであったものの鳥害は全くなかった。
 昨年以上にエンドウが随分成長していたために、ネットを外したら畝の3mほどが支柱とは反対側に寝てしまったので、全体を魚網にもたせかけ、ビニール紐を張って寝ないようにした。
(撤去作業=6月7日)
 完全に枯れ枯れになっており、本日、垣根壊し。

<2014年の記録>
 例年、エンドウの垣根作りは3月上旬に行なっている。でも、今年は昨年と同様に鳥害防止のためネット掛けをし、エンドウがネットにつかえるようになって、垣根作りすることにした。その作業が今日3月23日。なお、ネットの長さが足りず、数十cm分はむき出しであったが鳥害はなかった。
 例年、風で支柱が傾くことが多いので、一昨年は支柱の間隔を約30センチと狭くしたが、他の夏野菜用の支柱が不足してしまい、昨年は約40センチ間隔とした。今年は、約50センチとまた広げた。これでもたぶん大丈夫だろう。なお、一番長い支柱を使うことにした。
 鉄棒で穴をあけ、支柱を差し込む。ビニール紐での結わい付けは、上部に1段のみと、最小限にした。なお、ビニール紐張りは手が届くなるべく上の方にしたのだが、少々上すぎた感がした。もう数センチ下が魚網の幅からするとベスト。
 そして、荒目の魚網ネットを張る。上部は1本飛ばし、株は2本飛ばしでビニール紐でくくりつける。
 なお、エンドウの蔓がネットに絡みつきやすいよう、寝ているものは土で押さえ、もたせ掛けておいた。
 支柱やネットは、エンドウの株の東側にしたから、西風で自然に張り付き、上へと伸びてくれるのを期待している。ここ2年間、これでうまくいっている。
(4月13日追記)
 順調に成育し、花盛り。一部小さな実がついている。伸びた枝が垂れ下がりそうになっているから、両面とも少々下目の所にビニール紐を緩くかけておいた。
(4月19日追記)
 本日初収穫。明日、もう1段ビニール紐を緩くかけることにする。

<2013年の記録>
 今年は2月に鳥害に遭い、芽や葉っぱが齧られ、特に畝の南の方が被害がひどかった。そこで、急ぎ虫除けネットを引っ張り出してきて、これを代用し、トンネル掛けした。ただし、ネットの幅が足りず、4株は被せることができなかった。その4株はその後もかなり鳥に突かれた。
 でも、ネットなしの4株も、春の暖かさで芽や葉が伸び始め、鳥害は終わっているのが分かった。そして、ネットを被せてある株もグングン生長し、3月末にはネットにつかえるようになった。
 そこで、本日4月4日、ネットを外し、垣根作りを行うことに。例年、風で支柱が傾くことが多いので、昨年は支柱の間隔を約30センチと狭くしたが、他の夏野菜用の支柱が不足してしまい、今年は約40センチ間隔とした。
 鉄棒で穴をあけ、支柱を差し込む。ビニール紐での結わい付けは、例年3段としているが、今年は2段にした。そして、荒目の魚網ネットを張る。

DSCN0106.JPG

 例年、エンドウは、4月20日頃から採れ始め、ゴールデンウイーク前後の間がピーク。今年は鳥害で生長遅れしているから、はたしてどうなるか。
(4月23日追記)
 エンドウが随分と成長しだし、花盛りに。4月半ばに一部が風で倒れており、部分的にビニール紐でくくったが、今日見てみると、幸い倒れているものはなかったが、全体をビニール紐でくくり、倒れないようにしておいた。一部に実が生っていたが、今年は4月の低温傾向で収穫は遅れそうだ。
 
DSCN0127.JPG

(5月5日追記)
 あれからまた伸びて、東側は枝が倒れそうになっている。よって、東面はもう1本ビニール紐でくくりつけを行った。明日は、かなり収穫できそうだ。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3.9 物は試し、究極の自然農法 [ファーマーの“一日一楽”日記]

別立てブログ「薬屋のおやじの“一日一楽”&“2日前”の日記」で投稿した記事で、ファーマーに関するものは、このブログで再掲することにします。

 3日前の記事に次のとおり書いた。
 例年、夏大根は3月下旬に種蒔きしているが、今年は暖かな3月だから、今、種蒔きしても発芽するだろう。そうしよう、そうしよう。
 というわけで、今朝、種箱から夏大根の種を取り出した。昨年の残りがほんの少ししかなく、袋に書いてある説明では種蒔きは3月下旬以降となっているから、今日種を蒔いたら全然発芽しないかもしれぬ。いずれにせよ、種が不足するから、後日、JAへ行って買ってこねばならぬ。
 じゃあ、今日蒔く種は、“物は試し、究極の自然農法”とばかり、全然肥料を入れていない畝に、単に種をばら撒くだけとした。通常、大根の種は、畝に堆肥など肥料を入れて均してから種蒔きし5mmほど土を被せるのだが、予定している畝は、幸い雑草は生えておらず、晩秋に休耕田から運び込んだ枯草で覆われており、枯草が覆いにもなるから、そうしたところである。
 ただし、種の幾つかは枯草の上に乗ったままだ。よって、枯草を手で叩いて落としてやった。果たして地面まで落ちたかどうか定かでないが、全部が全部落ちなくてもいい。どうせ発芽したら間引かねばならぬから。
 こうして、あっという間に終わった夏大根の種の種蒔き。大いなる手抜き。楽ちん。もっとも発芽するかどうか、たいして期待できないが。 
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3.6 ワクワクする、今日この頃の野菜作付け [ファーマーの“一日一楽”日記]

別立てブログ「薬屋のおやじの“一日一楽”&“2日前”の日記」で投稿した記事で、ファーマーに関するものは、このブログで再掲することにします。

 3日前に夏キャベツの苗を買ってきて、所定の畝に8株植え付けた。1畝の半分ほどがこれで埋まり、2か月後に残りの畝にキャベツ苗を植える予定だ。時差栽培である。
 同日、ジャガイモ(1個100g)を2つ切りして、切り口に草木灰を付けておいた。用いたジャガイモは昨年10月にセールの景品に使った残り物10個である。けっこう芽吹いていて若干しなびていたが、十分事足りるであろう。
 そのジャガイモを今朝、所定の箇所に植え付けた。
 なんだかワクワクする。どちらも連作で無肥料栽培だから。
 他の野菜の多くもそうだが、夏キャベツ、ジャガイモともに昨年から無肥料で、それなりになんとか育ち、収穫もまずまずであった。
 今年はどうなるだろう。キャベツは連作に耐えるが、ジャガイモはだめだと言われるも連作することとしたから少々気になる。無肥料栽培は、土壌が良好になっていれば連作がダメと言われるものであっても、ちゃんと育つという。そして、耕さなくてもよいという。つまり自然農法ができるのである。
 我が百姓は、広大な畑を守りするのが目的であり、大幅な収穫減になったところで、夫婦2人分の野菜は十分まかなえるから、こうした冒険をしてるのだが、自然農法が成功すれば、おいしい自然の味の野菜がどっさり採れようというもの。娘や息子そして一族郎党に送ったり、当店のお客様にも差しあげることができる。ワクワクしてそうなることを待っているのだが、これを捕らぬ狸の皮算用という。
 そうだ、もう一つ近々にやろう。例年、夏大根は3月下旬に種蒔きしているが、今年は暖かな3月だから、今、種蒔きしても発芽するだろう。そうしよう、そうしよう。これも昨年に引き続き無肥料だ。うまくいくかなあ、自然農法。 

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:啓蟄から春分まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 「24節気の健康と食養:啓蟄から春分まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

<2019年>
 畑では各種の冬野菜がだいぶ少なくなり、まだまだ残っているのは大根、春菊、キャベツぐらいになってしまいました。けっこう残っていたハクサイ、小松菜、カブは、暖冬の影響で盛んに花芽を出しはじめ、菜の花として摘むしかなくなりました。
 他には、既に始めたブロッコリーの脇芽摘み、そして残り少ないネギとニンジンの収穫が細々と続くといったところです。
 年によっては、今頃から山から下りてきた野鳥が大挙して野菜を突つきにくることがあり、昨年はあらかたの野菜に防鳥ネットをかけたのですが、今年は面倒でこれをせず、です。
 果物では、春が旬の甘夏が今年は表作に当たり大豊作で200個も生り、とても自家消費できるものではなく、大半を当店のお客様に差し上げているところです。

<2018年>
 畑では各種の冬野菜がだいぶ少なくなりましたが、小松菜、春菊、ホウレンソウ、カブはまだまだ十分に残っています。ハクサイもたっぷり残っていますが、晩秋の低温で玉を巻かず“緑菜”です。ネギとキャベツが細々、ニンジンは終了、といったところです。これから収獲が期待できるのは、ブロッコリーの脇芽です。
 なお、この2月3月は、山から下りてきた野鳥が大挙して野菜を突つきにくる予感がして、あらかたの野菜に防鳥ネットをかけたところです。
 果物では、春が旬の甘夏が今年は裏作に当たり不作ですが、自家消費分はなんとかまかなえそうです。<主・酸味、従・甘味、添・苦味(薄皮)>この三味の組み合わせになっている甘夏です。皆さんも食後のフルーツにどうぞお召し上がりください。 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3.3 夏キャベツの栽培 [夏キャベツ]

 2010年から冬キャベツ栽培を始めたのだが、キャベツは年中料理に使う。そこで、2014年からは夏キャベツの栽培にも取り組み、種蒔きから栽培したり、苗を買ってきて植えたりした。これも、思いのほか順調だ。ただし、初期に葉っぱをやたらと食われたり、虫まるけになる株も出るが全滅することはなく、時差栽培すれば、何とかつながっていく。
 よって、時期は適当であるが、1畝に少しずつ(2、3m)1か月おきに苗を植え付けるのを基本にすれば自家消費分は十分に賄える。しかし、苗がいつも手に入るわけではなく、やむなく種を買って種蒔きから栽培するしかないこともある。
 栽培場所は、以前は須賀前であったが、連続して2回も野菜泥棒の被害に遭ったから、2016年からは虫食いがよりひどいが自宅前のみに変更した。
 なお、2018年からは、自然農法を取り入れ、無肥料・無農薬とする。
 → 「たんじゅん農」との出会い、そして河名秀郎さんの「自然栽培」との出会い

<自宅前での栽培における3月植え付け苗の鳥害、虫害の状況>
2016年:4月中旬から5月いっぱい、青虫や黒い虫でかなり葉を食われる。ネットなし。
2017年:4月23日、鳥にかなり突かれ鳥害防止ネットを張る。
2018年:虫害防止ネットをずっと張っておいた。
2019年:ネットなしでいったら鳥に突かれ、3月19日に鳥害防止ネット張り

<無肥料・連作による作柄状況>
2018年産:前作はチマサンチュで有機肥料栽培
 残留肥料があろうに無肥料のせいか生育が悪く、外葉が大きくならず、玉も小さかった。夏のまれにみる猛暑も影響したかも。虫害はなかった感がする。

<2019年>
 自宅前南区画の西端1畝での栽培で、無肥料2年目、連作1年目。
 第1弾:3月初め苗購入
 第2弾:5月初め苗購入
 第3弾:6月初め苗購入
<第1弾>
(3月3日)
 例年3月下旬に苗を買ってきて植えるのだが、今年は暖かい気候が続くから、昨日苗を買ってきて、今日、8株を定植。
 畝には昨年6月に定植した苗が生育したもの(玉は小さいが食べ頃に)が残っているが、南のほうは3月下旬植え付けで収獲済みだから、その部分とその続きの株間に植えることにした。
 植え付け部分の春草をていねいに削り、30cm強の間隔で植え付け。
 枯草(休耕田からの持ち込みを含む)で株周りを広く覆っておいた。
(3月19日)
 昨日、葉っぱの先が鳥に突かれているのを発見。本日、鳥害防止ネット張り。
(4月1日)
 幾分か大きくなった感がする。
(5月5日)
 第2弾に鳥害も虫害もなく、鳥害防止ネットを外す。なお、このネットは、種取り用絹さやエンドウの鳥害防止ネットの補強に使った。
 全体にざっと草引きと、枯草を株周りに寄せておいた。

<第2弾>
(4月23日)
 予定より1週間早いが、苗8株を購入し、定植。鳥害防止ネットはなし。
(5月5日)
 全体にざっと草引きと、枯草を株周りに寄せておいた。
  

<2018年>
 自宅前南区画の西端1畝(昨年は大根と半々、今年は丸々1畝)で次の予定
 第1弾  3m  3.25苗植え付け  
 第2弾  2m  4.15種蒔き、5.15苗植え付け→5.6定植、6.8購入苗補充 
 第3弾  2m  5.30種蒔き、6.30苗植え付け→6.8定植

<第1弾:3月24日苗植え付け>
(3月24日)
 昨日JAで苗を8株購入。本日、植え付け。株間30cm。
 畝は昨年チマサンチュを栽培した畝で、冬季に刻み藁や枯草を混ぜ込んで立ててあり、無肥料でいくも残留肥料がどれだけかあろう。
 虫害防止ネットを張る。土は十分湿り気があるが、晴天が続くのでジョウロで水やり。
(5月6日)
 随分と大きくなり、虫害防止ネットのお陰で虫食いは一切ない。雑草がけっこう生えてきたので草引き。
(6月8日)
 順調に育っており、虫食いは少ない。雑草もたいしたことなく、草引きせず。
 一番南の株が枯れ、第2弾の補充(購入)苗を植えておいた。
(7月12、20日日)
 玉の上面に虫食いが目立つ。まだ小さな球だが、これ以上に大きくなりそうにない感がする。12日に2個初収穫。20日に1個収穫したが、かなり小さい。
(8月18日)
 残り4個のうち小さいながら食べられるものは1個のみ。これを収穫。他の3個はパンクしたり腐りが中まで入ったりして処分。評価★☆☆☆☆

<第2弾:4月15日種蒔き&6月8日購入苗>
(4月15日)
 8ポット用意し、4粒ずつ種蒔き。軽く散水。種は昨年買った「アタリヤ 時なし甘藍」。
(5月6日:定植)
 10日ほど前にほぼ全部が発芽し、間引きして3本立てにしてある。なかなか大きくならないのは例年のことで、種蒔きから1か月後に定植しているが、今回は約20日後の定植とした。
 30cm弱の株間で、残り畝の半分を使う。
 選りはもう少し先に行い、ネット掛けもそのときに行う予定。
(6月3日)
 ネット掛けは定植1週間後ぐらいに行った。
 今日、見てみると、ネット掛けしてあるのに、葉っぱがずいぶんと虫に齧られてしまっている。
(6月8日)
 昨日、JAに行ったら、キャベツ苗が売っていたので6株を購入。葉っぱがひどく齧られた株4株を引き抜き、購入苗で補充。残り2株はその北側に1株、第1弾の枯れた株の補充に1株を定植。購入苗は第2弾より若干小さめ。
 なお、第2弾は3本立てにしてあったが、半分は虫に齧られて枯れていた。
(7月9日)
 ずっとネット掛けしてあるが、けっこう虫に齧られている。一番南は枯れた。
(7月30日)
 雑草に負けそうになっているので、ざっと草引き。株元に手で土寄せ。
(9月19日)
 小さな玉が巻き、パンクするものあり。パンクを含めて3個収穫。残りはまだ玉を巻いていない。
(9月30日)
 小さな玉でパンク1個。アリが随分と入り込んでおり、食用にならず。評価★☆☆☆☆
 今日、ネット外しを行い、草引きし、株元に手で土寄せ。
(10月15日)
 玉が巻いたもの、非常に小さいが1個だけあり、これを収穫。

<第3弾:5月30日種蒔き>
(5月30日)
 10ポット用意し、3、4粒ずつ種蒔き。雨に当てておく。種は昨年買った「アタリヤ 時なし甘藍」。
(6月8日)
 まだほんの小さな芽吹きだが、第2弾の植え直しのついでに8ポットを定植。3、4本立てのままである。なお、余った2ポットは予備苗とし、ポットのまま法面に埋めておいた。
 防虫ネットを畝全体に覆い直しておいた。
(6月18日)
 定植した8ポットのうち4ポットはネキリムシにやられてしまっているのを2、3日前に発見。予備苗を崩して移植。ペットボトルで作った防御壁でガード。
(6月24日)
 防御壁なしの株2株がネキリムシにやられてしまった。3本立ての株をばらして移植し、全株を防御壁でガードすることとした。
(7月9日)
 ネキリムシ被害なし。ちょっと早いかもしれないが、防御壁を外す。
 けっこう虫に齧られており、芽がやられた株1株あり、予備苗を移植。
(7月18日)
 ネキリムシに2株やられた。他の株は葉の虫食いが目立つ。
(7月21日)
 梅雨明けして10日以上経ち、猛暑もあって土がからからに乾いてきた。そこで、ジョウロで水やり。
(7月30日)
 雑草に負けそうになっているので、ざっと草引き。株元に手で土寄せ。
(9月30日)
 今日、ネット外しを行い、草引きし、株元に手で土寄せ。
 虫食いは少なそうで期待が持てそうだが、冬キャベツ第1弾と重なりそう。
(2019年3月3日)
 冬キャベツより遅れた。小さな玉が半分ほど巻いており、半分は小さ過ぎて何ともならない。評価★☆☆☆☆
(3月31日)
 残ったものは1個を残し、とう立ってしまった。本日処分し、畝にばら撒く。なお、畝間の枯草を寄せ集め、畝を覆う。
 1個のみ玉が小さいが、パンクしたばかりであり、これは食用に収穫。

<2017年>
 今年の夏キャベツは苗を時差植えするが、大根も何回かの時差蒔きで栽培するから、2品種を同じ畝で同時栽培することにした。計画は次のとおり。
 第1弾:3月25日苗植え付け(北東区画)
 第2弾:5月15日苗植え付け(南区画西側)→苗が売ってなく、止め
 第3弾:6月30日苗植え付け(同上)→5月17日種蒔き、6月15日定植(第2弾)
                        →7月10日種蒔き(第3弾)
<第1弾:3月25日苗植え付け>
(3月24日)
 畝づくり。北東区画のニンニクの直ぐ隣の空き畝。
 苦土石灰、混合肥料(種粕・鶏糞・有機肥料粒)を少々撒き、牛糞をたっぷり撒いて、小型ビッチュウで細かくはつり込み、鍬で両側からざっと土寄せし、畝を粗整形。
(3月25日)
 昨日、苗をJAで6株購入。今朝、植え付けすることにした。6m畝の東寄り2mを使用し、残りは夏大根を予定する。
 ところで、昨日の施肥で草木灰を入れるのを忘れており、植え付け穴をテボで掘ったところで草木灰を入れて土と混ぜ、ジョウロで水を差してから定植。株間は約30cm。
 なお、株周りにも草木灰を適当に埋め込んでおいた。
(4月3日)
 鳥害なのか虫害なのか、葉先がけっこう食われている。しばし様子見し、ネットを張るか否か決めよう。
(4月23日)
 今朝、またまた葉先がけっこう食われている。昨日まではどってことなかったから、これは鳥害だ。
 そこで、遅ればせながら鳥害防止ネットを張る。
(5月20日)
 随分大きくなり、ネットにつかえるほど。
 全然雨が降らないので、ついでに水やり。
(6月2日)
 今日、ネット外し。草引き。玉を巻きはじめた気配。
(6月15日)
 少しずつ大きくなってきたが、けっこう虫食いがある。
(6月18日)
 晴天続きで草はあまり生えていないが、削りあげ。
(6月27日)
 少しずつ玉を巻きだしてきた。西端の1株はだいぶ前に芽を食われてしまったようで玉にならないが、虫に食わせるため、そのまま残す。
(7月3日)
 初収穫1玉。まずまずの大きさで、ほとんど虫食いなし。
(7月14日)
 2個目を収穫。残りはまずまずの良品3玉。
(8月13日)
 最後の1玉を収穫。評価★★★☆☆

<第2弾:5月17日種蒔き>
(4月3日)
 南区画(西側)3畝(キュウリⅡ、十六豆Ⅱ、キャベツ・大根)とも畝立てし、肥料(苦土石灰、草木灰、牛糞、混合)を敷き込み。
 JAやカーマへ行っても今年は苗が手に入らず、面倒であるが、種を買って種蒔きから栽培するしかなくなった。買った種は「アタリヤ 時なし甘藍」。
 苗植え付けまで1か月近くかかるから、今年計画した第3弾の栽培と差はない植え付けとなってしまいそうだ。
(5月17日)
 12ポットに種を3、4粒ずつ軽く埋め込み、散水し、露天に置いて段ボールを乗せ乾燥防止。
(5月23日)
 全部綺麗に芽吹いた。
(6月15日)
 本日定植。畝は肥料敷き込み済みで大根Ⅱ北半分(種蒔き済)、キャベツⅡ南半分とし、植え付け穴に牛糞を少々入れ、たっぶり注水し植え付け。
 ペポカボチャの防虫ネットを外し、キャベツ・大根全体に被せる。
(6月19日)
 ずっと雨なしで畝が乾ききっているから、たっぷり水やり。
(7月7日)
 だいぶ生長したが、ネキリムシの被害に南の方で3、4株遭う。少し掘って、ネキリムシを1匹発見し、潰す。
 株がぐらつくから、ネットをめくって株元に土寄せ、草引き。
(8月18日)
 順調に生育中。ネットをめくり、草引き。
(10月12日)
 今日、ネットを外した。虫食いは極めて少ない。2、3株が小さいながらしっかり玉を巻いており、1個収穫。
(10月14日)
 2個収穫。他はまだ十分に玉を巻いていない。冬キャベツより遅れがある。評価★★☆☆☆

<第3弾:7月10日種蒔き>
(7月10日)
 第2弾の3分の1ほどがネキリムシの被害にあった。そこで、穴埋めに第3弾を栽培することにした。
 9ポット用意し、3粒ずつ種を蒔く。
(7月13日)
 ほぼ全部きれいに芽吹きかけた。
(7月30日)
 苗の生長がストップし、小さいながら定植。ネキリムシ被害を考え、密に植え、3本中1本を後日選る予定。
(8月18日)
 生育はのろく、冬キャベツより若干早いだけになりそう。ネキリムシに食われたものがあるが、十分に残り、1株を選る。ネットをめくって草引きし、引き続きネット栽培続行。
(10月12日)
 今日、ネットを外した。虫食いは極めて少ない。まだ玉は巻かず、冬キャベツに追い越されている。評価★☆☆☆☆

<第2弾、第3弾の生育遅れの株:移植>
(2018年1月7日)
 7、8株残っている。半分ほどは小ぶりながら収獲できる状態だが、冬キャベツも随分と残っており、収獲は当分先になる。
 この畝は今夏、自然農法での作付けを考えているので、早めに畝作りする必要があり、残っているものを里芋用の畝に移植した。
 こうして空いた畝を、枯草や刻み藁をビッチュウではつり込みながら起こし、小型ビッチュウで土移動させつつ畝整形。
(2月25日)
 移植はあまりうまくいかない。枯れたものもあり。
 鳥に激しく突かれだし、無傷の1個を収穫して終了。

<2016年>
 昨年まで須賀前での栽培であったが、今年は自宅前とし、苗購入で、第1弾を3月末、第2弾を4月末、第3弾を5月末を予定し、後日、第4弾、第5弾を追加。
<夏キャベツ第1弾:3月28日苗購入>
(3月29日)
 2品種各5株を自宅前南区画の所定の位置に植え付け。
 既に畝立てしてあるが、峰を崩して谷にし、施肥(苦土石灰、混合肥料)し、原形に復する。
 テボで30cm強間隔で穴を掘り、土が乾き気味だからジョウロで水をたっぷり差し、牛糞をたっぷり穴に入れる。土と牛糞を混ぜ込み、ポット苗10株を植えつけ、終了。
(4月26日)
 だいぶ大きくなった。株のぐらつきを防ぐため、草引きしながら手で土寄せ。
 北端の1本が虫食いがひどい。良く見ると小さな黒っぽい虫と青虫が1匹ずつ付いていたので潰す。他を見たが虫は付いてなさそうだ。
(5月3日)
 朝、見てみると虫の糞がけっこう付いている株あり。よく見ると青虫がいる。摘まんで潰す。数株がそうであった。
(5月14日~)
 その後1回、虫潰しを行ったが、今朝見てみると、北端はほとんど葉脈だけになっている。1株に2、3匹おり潰す。16日はもっと数多く見つかった。18日は少々。22日には全部で1匹。29日まで虫は発見できず。モンシロチョウのつがいが飛んでいたのには気になる。
(5月29日)
 その後、北端の1株は引き抜いて処分。他の9株は差はあるが少しずつ玉が巻いてきた。
(6月10、17日)
 ちょっと小さいが1玉初収穫。1週間でまた大きくなり、2玉目を収穫。
(6月22日)
 小さめだが2玉収穫。残り5株。25日1株収穫。第1弾は思いのほか好成績である。
(7月5日)
 残りの4玉を全部収穫し、お客様に差し上げることに。評価は★★★★☆

<夏キャベツ第2弾:4月30日:苗購入>
(4月30日)
 JAの売店を覗いたらキャベツ苗を売っていたので、8株を購入し、植え付け。
(5月18日)
 まだ小さいながら、もう虫が付いた。葉食いがあり、1匹潰す。
(6月10日)
 その後、どれだけかの葉食いが進むも放置していた。今日、点検したが青虫1匹しか見つからなかった。
(6月15日)
 ここ2、3日、青虫などのイモムシを毎日2、3匹潰す。
(6月22日)
 その後は虫がほとんど見つからなかったものの、全体に虫食いが多いが巻き始めた玉には虫食いが少ない。
(7月3日)
 玉の巻き方がすさまじく早い。もう全部収穫可能なほど順調に成育し、第1弾より玉が大きい。今日1玉収穫。
(7月22日)
 良品1個を娘に送付。腐りが来たもの3個で、うち1個を自家用に。残りは堆肥場へ。これにて収穫終了。評価は★★★★☆

<夏キャベツ第3弾:5月29日:苗購入>
(5月29日)
 昨日JAの売店を覗いたらキャベツ苗を売っていたので、6株を購入し、今日植え付け。
(6月15日)
 ネキリムシに2本株元を食い千切られ、昨日買った苗2本を欠損箇所に定植。
(6月22日)
 虫食いがひどく、芽を食われてしまっているものが多い。まともなのは2本だけ。
 第3弾は散々な目に遭っている。
(7月22日)
 第3弾は追加植え付けがあったりして第4弾と繋がってしまい、どれが第3弾だか分からなくなった。

<夏キャベツ第4弾:6月26日:苗購入>
(6月26日)
 昨日JAの売店を覗いたらキャベツ苗を売っていたので、8株を購入し、今日植え付け。
 第1弾の収穫跡(北の方)に5株、第3弾の虫食い処分跡に3株を植えて、畝が満杯になった。
 植え付けに当たっては、牛糞を入れ込んだ。
 なお、南北2株ずつに防虫籠を被せておいた。→7月2日にキュウリ苗用に1籠使用。
(7月3日)
 ネキリムシの被害が3株に発生。虫食いはない。
(7月22日)
 その後は虫食いはほとんどなく、順調に生育中。株元に手で土寄せし、ぐらつきを防ぐ。周辺の草引きをし、株元に乾燥防止のため敷き詰める。
(8月27日)
 成長は遅い。小さな玉が蒔き始めたといったところ。虫食いがけっこう激しい。
 今日、まあまあの1個と小さめに1個、ともに虫食いが少なめのものを収穫。残りは小さいもの3個。評価は★★☆☆☆
(9月24日)
 2個残しておいたのを忘れており、今日見たら1つは腐り、1つはパンクしていた。両方とも処分。

<夏キャベツ第5弾:7月6日:種蒔き>
(7月6日)
 第3弾、第4弾がひどく虫害に遭った。そこで、去年の種(四季取りキャベツ)を収穫が終わった第1弾跡や虫害で絶えてしまった跡にばら撒いておいた。
(後日追記)どうやら、全滅で終ったようだ。

<2015年>
<夏キャベツ第1弾:3月30日:苗>
 苗を買ってきた。極早生、早生、中早生と表示された3品種各4株である。植える段になって、どれがどれだか分からなくなってしまった。
 植え付け畝は須賀前のニンジン栽培の跡。かなり雑草が生えており、先日雑草を叩いたり引いたりして畝に被せてある。なるべく自然農法(無起耕、無肥料、無農薬)に近づけようと思い、畝は起こさずにいくことにし、雑草もその場でそのうち堆肥化するに任せることにしている。
 まず、畝の頂の雑草をよけてテボで穴を掘り、肥料(種粕、鶏糞、有機肥料粒を適当に混合したもの)を軽く1握り入れたあと、牛糞を2握り入れる。そこに苗を入れ、土を寄せて株元までしっかり雑草を敷き戻す。
 これだけでは肥料が足りないかと思い、株間に先の混合肥料を軽く2握りずつ入れ込んでおいた。なお、苦土石灰と草木灰は昨日畝に振っておいた。となると、少々肥料過剰となるかもしれないが、化学肥料は入れてないから、まあよしとしよう。自然農法は様子をみながら順次取り入ればよいのであって、まずは無起耕で行ってみようという段階だ。
 株間は30cm強にしたから、1畝の4割弱を使っただけ。
(4月30日)
 けっこう大きくなった。葉っぱの虫食いが少々あるが放置してかまわないだろう。
(5月5日)
 今朝、見てみると、南3分の1ほどの株は芯の部分の虫食いがかなりひどい。どんな虫か知らないが糞がたくさんある。一昨日、隣の畑の方はキャベツに消毒をしてみえたが、うちは無農薬でいってみよう。
(5月10日撮影)
DSCN0379.JPG

(5月21日)
 防虫ネット掛けを行う。第1弾、第2弾そして種蒔きから取り組んだ第3弾(これらを1畝栽培)にネット張りするも、長さが足りず、第1弾の南3株は露出。
(6月2日追記)
 激しく虫食いが進んでいるものと軽微なものとあり。
(6月9日)
 3品種買ったのだが、どれも同じように大きくなってきている。虫食いが半分、ほぼ無傷が半分といったところ。品種によって多少形が違う。今日は2品種各2個収穫。
 なお、ネット外に2玉あるがかえって虫食いが少ない。第1弾はネットを外す。
(6月14日)
 昨日3玉、今日2玉収穫。残りは2玉。12株中11株に玉が巻き、予想していた以上にうまく栽培できた。
(6月19日)
 1玉がパンク。よって2玉とも収穫し、第1弾は終了。

<夏キャベツ第2弾:5月2日:苗>
 5月2日にJAへ行ったらキャベツ苗が売っていた。4月30日にキャベツの種蒔きをしたばかりだから、それを第3弾とし、5月2日購入の苗(6株)を第2弾とする。5月3日に定植した。
(5月21日)
 防虫ネット掛けを行う。第1弾、第2弾そして種蒔きから取り組んだ第3弾(これらを1畝栽培)にネット張りするも、長さが足りず、第1弾の南3株は露出。
(6月9日)
 ネット掛けしてあるが虫食いがひどいし、雑草に負けそう。そこで、草引きし、畝の頂き全体に覆っておいた。
(6月19日)
 ネットを外し、草引き。外葉の虫食いはひどいが、小さな玉が巻きはじめ、これは虫に食われていない。
(7月5日)
 玉がどんどん成長している。虫にだいぶ食われた玉もあるが無傷の玉も多い。1個は1週間すれば収穫できそうだ。

<第3弾の栽培:4月30日種蒔き>
 昨年の残り種を使用。1ポットに5、6粒蒔き、13ポットができた。
 ダンボールで覆いをして乾燥防止。1日に2回は夏野菜苗のついでに水やりをしよう。
(5月3日)
 かすかに芽吹きが見られ、被せておいた段ボールを外す。
(5月18日)
 1週間前に選り、今日も選って1ポット2、3本とした。
(5月21日)
 まだ小さな苗だが本日1本に選って定植。雑草が繁茂しているので、まず草引きし、植え付けてから株周りに雑草を敷く。全部で9本を植え付け。
 その後で、防虫ネットを掛ける。2回に分けて苗を買って植えてある部分までネットを伸ばして掛けたが、長さが足りず、第1弾の南3株は露出。
(6月2日)
 定植後は全く雨が降らず、数日前に水やりしたが、枯れてしまったものが2本ほど出た。今日、たっぷり水やり。ネット掛けしてあるが少々虫食い。モンシロチョウが2匹ネットの中を飛んでいる。
(6月9日)
 ネット掛けしてあるが虫食いがひどいし、雑草に負けそう。そこで、草引きし、畝の頂き全体に覆っておいた。北の方に被害が多く、さらに2本ほど絶えてしまった。
(6月19日)
 スズメが1羽入り込んでいた。ネットを外し、草引き。北の方のひどい被害のもので葉脈だけになっていたものが、少し葉が広がってきた感がするも、かなり成長遅れ。
(7月12日)
 1株がまあまあの大きさになり、収穫。
(7月26日)
 ここのところ、ずっと虫食いが全くなく、助かる。まだ2つ目に収穫ができない。
(7月3一日)
 なかなか玉が大きくならないが、2つ目を収穫。虫食いはなさそう。
(8月23日)
 昨日1個収穫するも、あまり大きくない。虫食いなし。
(9月27日)
 あまり大きな玉にならなかったが、順次収穫し、残りは1株。

<第4弾の栽培:6月16日種蒔き>
 昨日、JA売店に行き、苗が売ってないか見てみたが、残念ながらなかった。そこで、種を購入。昨年とは違ったもので「四季どりキャベツ(トーホク交配)」。
 種は1ポットに4粒蒔き、8ポットを作ることにした。防虫籠を被せる。。
(6月30日)
 発芽率は高く、1週間ほど前に2本立てにした。
(7月12日)
 苗がなかなか大きくならない。よって、定植することに。
 畝の法面の草引きを行い、上面の小さな草は土にかき混ぜる。テボで植え付け穴を大きく掘り、牛糞を両手で軽く一握り入れ土とまぶす。11株植えられるから、2本立てのものを2つに割り、植え付け。4本余りが出て、これは南端に予備苗として植えておいた。
(7月26日)
 西面に溝を立て、混合肥料を埋め込み。
(8月23日)
 大して大きくなっていない。幸いに虫食いは皆無。
(9月27日)
 その後、外葉が順次虫に食われてきた。今日は、虫の糞がいっぱい付いている株がいくつかあった。
(10月1日)
 虫の糞がいっぱい付いている株がいくつかあった。
 4日前には気が付かなかったが随分と玉が大きくなった。順次収穫できそうだ。
(10月4日)
 野菜泥棒に遭い、大きい玉4玉が盗まれる。
(10月29日)
 第2回目の野菜泥棒。2玉盗まれる。こうして、過半が盗まれた。

<2014年6月18日の記事>
 夏キャベツの栽培に初めて挑戦、しかし収穫は秋キャベツに
 昨日、JAへ行ったときに種苗売り場を覗いてみたら、「6月~8月蒔き 夏蒔甘藍(かんらん=キャベツ)」があり、衝動的に買ってしまった。
 6月に種蒔きすれば、9月10月には採れそうな気がする。須賀前の畑は1畝空いているし、冬野菜の作付けも何とかなろう。
 しかし、である。うちに帰って見てみたら、袋の裏の説明書きに訂正シールが貼ってあり、「3月中頃~4月中頃に蒔き、6月中頃~7月中頃に収穫。7月10日頃~8月中頃に蒔き、11月前後に収穫」と図示してある。表面の「6月~8月蒔き」にあらずだ。シールをめくって見ると、「平暖地:3月中頃~7月初めに蒔き、7月~11月初めに収穫」とある。
 どちらにしろ「6月~8月蒔き」ではない。こんなのってあるの?
 でも、物は試し。今日は6月18日で、元の印刷では種蒔きして良い時期になっており、訂正シールではダメになっているものの、種蒔きすることにした。
 ビニールポット10個に培養土(土太郎)を入れ、種を2粒ずつ埋め込んだ。発芽率80%とあるから、マニュアルに5~6粒と書いてあるも、それを無視。種がもったいない。
 ところで、苗が生長して畑に定植したら、防虫ネットのトンネルを張ろうと思っているが、苗の段階で虫に食われる恐れが大であり、ビニールポットを防虫ネット(網戸のステンレス網)で覆うことにしたい。今現在、キュウリ第2弾10ポット、追加のオクラ7ポットがあり、これにキャベツ10ポットが追加になるから、先日作った枠つき防虫ネット(メロン用)と同じものを今日作り、これら3種類を苗トレイに入れ、スッポリ覆ったところである。

DSCN0296.JPG

DSCN0297.JPG

 なお、時差収穫を試みるのが面白いから、次回は7月中頃、3回目は8月中頃に種蒔きしてみよう。これは訂正シールどおりだから、きっとうまくいくだろう。(実施せず)
 ところで、3回目の種蒔きをして苗を定植する時期となると、毎年キャベツ苗を最初に買う時期と一緒になってしまう。
 ということは、今年からは苗を買わないで、種を2、3種類買ってきて、年間を通じてキャベツが収穫できるようにすればいいのだ。
 時期によっては虫食いがひどかったりしてダメなこともあろうが、何ごとも挑戦である。やってみようじゃないか。よし、やってやる!(意気込んだが、実施せず。来年はやってみよう!)
(6月24日) 
 2日前には全部が綺麗に発芽しているのを発見。
(7月5日)
 元気良く、皆、成長してくれている。
 須賀前の畑の作付け予定畝をビッチュウで起こしておいた。
(7月6日)
 半畝を準備。まず、苦土石灰を1畝全体に撒苦。次に、小型ビッチュウで土を両サイドに退け、施肥(鶏糞、牛糞、種粕、有機肥料粒)。最後に埋め戻して、畝を整形。予定としては、防虫ネットのトンネルを張り、その後の土寄せを省略することとしているから、台形の畝にした。
(7月12日)
 これまでずっと水やりを十分にし、また、ここのところの雨がため、苗は水分過剰でひょろ長い。少々遅れたが本日定植。
 たいてい2本立てになっており、定植時に1本を選る。選ったもののうち2本を比較実験のため少し離して植える。
 防虫ネット張り、裾にしっかり土を乗せ、虫が入りにくくした。
 選った2本はネットの外で、虫食いがどのように違うか見るためだ。根に土があまり付いていなかったから枯れてしまう恐れもあるが、止むを得まい。
 土は十分に湿っており、明後日からまた曇天の予報だから水やりは一切必要はなく、助かる。
(7月13日撮影)
DSCN0315.JPG

(7月21日)
 ネットの外・内とも虫食いの被害なし。ここのところ雨なしなので、水やり。
(7月28日)
 少し大きくなった。ネットの外・内とも虫食いの被害なし。本日から、本格的に水やり。
 なお、ネット内の1株が枯れたが原因不明。ネットの外は成長が悪く、これは無肥料のせいと思われ、本日、有機肥料粒と鶏糞を株脇に埋め込んだ。
 ところで、株元が不安定で水やりすると倒れる。近日、ネットをめくって土で押さえねばならぬ。(7月31日実施)
(8月7日)
 ほぼ連日の水やりと8月5日の良いお湿りで、葉っぱがグングン伸びだした。ネット外のキャベツは所々虫食いがあるが、ネット内は綺麗なものだし、成長がいい。
(8月11日)
 昨日の台風でネットが心配であったが大丈夫であった。南端に重しにしておいた泥が流れてしまったので再度土を乗せておいた。また、弛みを取っておいた。
(8月24日)
 順調に成育しているようだ。ネットに大きい葉が当たって下向きになり、玉に巻けなくなっているので上向きにしようとしたが葉折れして出来なかった。
 ネット外のキャベツの生育はイマイチ(ゴーヤの陰になるからか?)だが、大して虫に食われていない。
(8月27日)
 ネット外のキャベツ2株のうち、1株の芯が虫に食われてしまった。引き抜いて処分。もう1株も少々被害(後日確認:大丈夫だ)がある。
(9月2日)
 ネット内はグングン生長し、外葉がネットにつかえ、巻くような形になってきた。ネット外はまだまだそのようにはならない。
 ところで、外から虫が入り込んだわけはないが、1株だけ葉が随分と食われている。ヨトウムシが地中から乗り移ったのであろう。
(9月12日)
 巻き方が進んだが、虫食いが広がり、順次ひどくなった。
(9月13日)
 本日、消毒。使った農薬は、プレパゾン。
(9月27日)
 その後に虫食いが進んだかどうかは定かでない。
 まだ小さいながら虫食いが少なく綺麗に玉を巻いたものがある。このまま大きくなってほしいものだ。
 なお、一番大きそうなものを1株初収穫するも、大した大きさではなかった。まだ早い。
 ところで、引き抜いてオクラの畝に放置しておいたキャベツが1か月経っても元気だ。辛うじて根を伸ばし生きている上に小さな玉を巻きかけている。よって、これを収穫した跡に植え付けておいた。なお、このキャベツの虫食いは少ない。
(10月24日)
 10月初めに1株収穫。中頃に1株パンクし、食べ頃のものがほとんどの状態になっていた。その後、貰い物があったので収穫せず。今日、見てみると2株がパンク。
(11月3日)
 これ以上のパンクは嫌だから、パンパンに巻いている3株を収穫。うち1株は腐りが来ていてボツにしたが、脇に芽キャベツの親玉が数個付いており、大きい3個を持ち帰った。(見た目が良くても1玉は中から腐りが来ていて半分弱しか使えなかった。)
<夏キャベツの総括>
 6月18日の種蒔きは「〇」。7月12日の定植は「△」で、もう少し早くすれば生長が早まろう。
 7月12日の定植であれば、収穫は10月上旬から順次行い、10月いっぱいで終了させる。
 訂正シールに「3月中頃~4月中頃に蒔き、6月中頃~7月中頃に収穫」とあるから、次回はこれをやってみよう。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3.3 ニンジン(夏収穫)の栽培に着手 [ニンジン]

 2012年に始めたニンジン栽培。種蒔き後の水やりが大変だが、2、3年したら慣れてきて、まずまずの収穫ができるようになった。ただし、施肥のしすぎか、巨大なものになることが多い。
 2014年から、夏収穫と秋冬収穫と2回に分け、同じ1畝で半々に作付けしている。ここでは夏収穫ニンジンについて記す。

 施肥については当初から各種有機肥料そして使い捨てカイロの酸化鉄を砕いたものを使っていたが、2016年に石灰窒素の情報(下記)を得たので、これも加えた。
 石灰窒素の特性(日本石灰窒素工業会)
 ニンジンの栽培:
 ニンジンは根菜類のなかで色沢や形状の良否が一番問われることから、窒素肥料より、りん酸、カリなどに視点がおかれるむきがあります。
 しかし、石灰窒素を施用すると肌は、滑らかで艶があり、鮮紅色で色づきがよく、増収に結びつくことなどで主産地では欠かせないものとなっています。
 また、連作圃場で問題となるネコブセンチュウなどの被害についても、いろいろな施用事例から軽減される効果が認められております。(引用ここまで)
 なお、ネコブセンチュウ対策としては、ニンジンとサツマイモのために、これらを輪作する箇所に2016年11月から順次、本格的に菌剤2種類をすき込んで、一順したところで対策を終了。効果のほどははっきりしなかった。
 
 ところで、2017年には新たな自然農法「たんじゅん農」と出会い、2018年からは無肥料・連作でいくこととした。
 そうしたところ、天候のせいもあって2018年はひどい不作となった。なお、同じ畝の北半分の秋冬ニンジンは無肥料のせいか生育速度は鈍かったものの、平年並みの収穫となった。
 2019年の夏収穫ニンジンが好成績となるよう、2018年秋に畝を抜本的に改良することとした。参考としたのは、三浦伸章「ガッテン農法」を知る で、硬盤くずしである。

<2019年産>
(2018年9月19日)
 草刈り機(紐タイプ)で草刈り。
(10月7日)
 三浦伸章「ガッテン農法」に基づき、硬盤くずしを行う。
 まず、テンワで畝間も含めて草叩きをし、畝に乗せる。次に、ビッチュウで表層15cm程度を削り、畝の西側に山積みする。次に、20cm程度の土を畝の東側に山積みする。
 これで窪みができ、スコップを差し込んで空気を入れ、10~15cm間隔で後退していく。これを往復し、硬盤くずしができた。
 休耕田から運んできた枯草を敷く。東側に山積みした土を半分入れ、再び枯草を敷き、残りの土を入れる。最後に西側に山積みした表層の土を戻す。
 かなり幅広の大きな畝ができた。5mの畝ながら、けっこう疲れた。
(2019年3月3日)
 春草がけっこう生えてきているので、テンワで草叩きしておいた。
 そして、ニンジンは鉄分を欲しがろうと思い、使い捨てカイロから取り出した鉄粉(よく砕いたもの)を軽く散布しておいた。
(3月18日)
 畝の形が少々歪んでいるので、真っすぐになるよう若干の畝整形。
(4月8日)
 その後、1回畝の雑草叩きをし、今日、少々の草を丁寧に草引き。
 テンワで均し、淵に城壁を作り、水や籾殻が流れ落ちないようにする。
 鍬で丁寧に転圧し、種をばら撒く。3月購入の種「春蒔五寸人参」を3、4割使用。
 籾殻をざっとばら撒き、水やりで流れないようにするため、軽く土で覆う。もう一度籾殻を撒き、たっぷり水やり。3時間後に再度軽く水やり。
 これにて作業終了。好光性の種につき覆土ができないので、これから毎日水やり。
(4月22日)
 水やりを欠かさないようにしたが、適度に雨が降ったりして土が乾くことはなく、今日、14日目にして発芽を観測。今しばらく、水やりが必要だろう。
(5月12日)
 その後、適度に雨が降ったりして、ほとんど水やりせず。
 ここのところ雨がなく、土が乾いている。丁寧に草引き。明日は水やりしよう。

<2018年>
(3月26日)
 夏収獲ニンジン跡の畝を昨年10月末に起こし、藁を敷き込んでおいた。ここで連作することとし、無肥料とするが、残留肥料(各種有機肥料と石灰窒素)があることだろう。
 なお、畝作りに当たり、グラジオラスは固定畝とし、ヤーコン6畝と野菜3畝の全部を扇形に展開することとしたので、南端は同じ位置だが北端は若干のずれを生じさせた。
 種を注文するのを忘れており、昨日、「野口のタネ」に「春蒔五寸人参」を注文したところであるが、10日~2週間かかるようだ。
 ここ1週間は雨なしの予報で、細かい雑草の草叩きをしておいた。
(4月9日)
 まだ種は届かない。種蒔きできるよう、畝を台形状(気持ち凹形)にし、均しておいた。
(4月11日)
 やっと種が届き、お昼前に早速種蒔き。半分弱の種を使った。残りは秋冬ニンジン用。
 鍬で軽く転圧して平にし、両サイドに少々淵を付け、凹形にする。これで、雨が降っても種や籾殻が流れ出ない。
 大ざっぱに種をばら蒔き、籾殻を土が見えなくなるほどに被せる。去年は、ほぐした土をほんのわずか気休め程度に撒いたが、今年は少々籾殻を多く撒き、土は撒かなかった。
 そして、ジョウロで3度水を撒き、土を十分に湿らせ、土が露出した所に籾殻を軽く乗せた。午後から少雨の予報。降ってくれるのを祈るのみ。
(4月27日)
 種蒔きから2度ほどまとまった雨があり、水やりは連日しなくてもよかった。
 数日前にかすかな芽吹きがあったが、今日、けっこうな芽吹きあり。ただし、水やり時に流れて偏ってしまったかもしれない。
(5月12日)
 まだまだ細かな芽吹きだが、丁寧に草引き。固まって生えている個所は間引き。全体に偏りが大きく、過半は空地といった状態で、収穫本数は例年の3分の1程度となろう。
(5月28日)
 法面に雑草が繁茂しだしたので、畝の淵(小高くしてある)を削り落とし手から削り上げ。法面で芽吹いているニンジンは残すこととし、その部分だけ土寄せしておいた。
 全体にざっと草引き。
(6月24日)
 ていねいに草引き。去年は今頃に初収穫できたが、今年は大幅に遅れそう。
(7月20日)
 大きそうなものはないかと探すも小さなものばかり。娘に送るため数本抜くも、やはり小さいし、半分は先割れ。
(7月21日)
 梅雨上げ後10日以上経ち、ここのところの猛暑でからからに土が乾いている。少しは大きくなってほしいから、たっぷり水やり。(22、23、24日も)
(7月31日)
 25日に20mmほどの雨があったが、その後は軽い夕立だけで、再び土が乾きだした。生長を祈って水やり再開。(8月2日も)
(8月11日)
 葉先が枯れ始め、もうこれ以上の成長は望めない。半分強を収穫するも、皆、細い。過半を捨て、何とか食用になりそうなものを持ち帰る。水もらいしてお隣さんに差し上げるほどの良品は皆無。お隣さんには秋冬ニンジンを差し上げよう。
(8月28日)
 残り全部を収穫。形のいいのはたったの2本。不良が半分。残り半分の小さなものまで持ち帰る。
 無肥料、連作、旱魃の3つの悪条件が重なったからだろう。評価☆☆☆☆☆ 

<2017年>
(3月25日)
 今日は畝作り。秋冬用を含めて1畝全部、今日実施。
 ニンジンは須賀前の畑、東ブロックで輪作するが、平行四辺形の畑だから、今まで3畝半となっていて使いにくかった。よって、畦に直角にしていたのを斜めにし、土手に平行の形にした。もっともグラジオラスは固定畝であるし、その隣のヤーコンも直ぐには斜めにできない。よって、北側の畝幅90cm、南側の畝幅110cmという扇形にした。
 今年のニンジンは東ブロックの新3畝の中央となる。両側の畝境に小支柱を差し、畝の峰となる部分を鍬で土退けし、くぼみを作る。
 ここに施肥。苦土石灰、石灰窒素、混合肥料(種粕、鶏糞、有機肥料粒)、草木灰を気持ち少なめに撒き、 ビッチュウではつり込む。
 両サイドから鍬で土寄せし、台形に粗整形。
 これで、肥料はある程度の深さに収まったから、石灰窒素の根への害も防げよう。
 次に、牛糞堆肥を適当量振り、テンワではつりながら土と混ぜ合わせ、埋まっていた刻み藁や雑草を跳ね出す。酸化鉄を振るのを忘れていた。
(4月3日)
 酸化鉄を振り、テンワで混ぜ混み。
(4月5日)
 昨日「(野口のタネ)春蒔五寸人参」が届き、今朝、半量を半畝に蒔くことにした。
 鍬で畝の頂を抑えて平にし、両サイドに少々淵を付け、気持ち凹形にする。これで、雨が降っても種や籾殻が流れ出ない。
 大ざっぱに種を蒔き、籾殻を土が見えなくなるほどに被せる。
 そのあとで、去年まではしなかったが、ほぐした土をほんのわずか気休め程度に撒く。これはジョウロで水を撒くとき、籾殻がけっこう流れて偏ったから、これがどれだけか防げないかと思ってのこと。
(4月6日)
 朝、ほんの少しの雨があり、種が濡れた程度。夕方から再び雨となり、明日以降4日間雨模様だから、水やりせずにすみ助かる。
(4月19日)
 土は十分湿っているが、その後、水やり。12,13,14,16,17,19日とやったが、本格的な水やりは14日だけ。
 コスモス(ニンジンとよく似ている)や雑草が先に芽吹き、2週間経った今日ニンジンらしきものが芽吹きだしたようだ。
(4月23日)
 綺麗に発芽している。先ずは一安心。土が乾いていたから念のため水やり。
(4月24日)
 丁寧に草引き。
(5月16日)
 順調に生育中。細かい草をきれいに引きながら、最初にして最後の選りを行う。芽吹きが多かったから、選りは迷うことがなく、楽であった。
(5月29日)
 またまた雑草が繁茂しだした。きれいに草引き。
(6月23日)
 少々早いが、大きそうなものを10本ほど収穫。クズは2本。
(7月9日)
 今年はなかなか成績が良い。ネコブセンチュウ対策を施したからか? 大きそうなものを20本収穫。クズは4本(捨てる)。
 種蒔き後の水やりで水道水をいただいた隣家に半分、残り半分は大阪へ送付予定。
(7月23日)
 先日は大宮へ、明日には川口へ送るため、けっこうな量を収穫。クズは1割程度で好成績。まずまず大きいものがこれで収穫終了。残りは半分ほどになり、まだ小さい。
(9月1日)
 その後、どれだけか収穫し、今日残りを全部収穫。腐りは思いのほか少なかったが、小さなものばかりであった。評価★★★☆☆
(10月31日)
 半月前に刻み藁を乗せておいた。それを退け、鍬で畝を軽く凹状にし、田んぼから持ち込んだ稲藁と退けた刻み藁を入れ込み、ビッチュウではつり込んでおいた。「たんじゅん農」にのっとり、無肥料で連作予定。

<2016年>
(3月20日)
 今日は畝作り。秋冬用を含めて1畝全部、今日実施。紫ナスなどの夏野菜の畝を使用。
 テンワ(手鍬)で枯草を削り落とし、鍬で土を両サイドに動かし、窪みを作る。
 肥料の敷き込み。苦土石灰、混合肥料(有機肥料粒、鶏糞、種粕、化成)、牛糞を振り、均しビッチュウではつる。
 テンワで土戻しをし、台形の畝を整形。本日ここまで。
(4月3日)
 ずっと雨なしで種蒔きできなかった。3日と4日に少々の雨という予報だから、2日に畝を台形に整形し直し、淵を少し盛り上げ、たっぷり水を打つことにした。
 ところが、細かな雑草がかなり芽吹きかけており、特に種蒔きを予定していた北半分に多い。2、3日前に畝の上面をかき混ぜておかねばいかんかった。そこで、比較的雑草の芽吹きが少ない南半分に種蒔きすることに変更。
 そして本日種蒔き(野口のタネ:春蒔五寸人参)し、籾殻を被せジョウロで散水。
(4月7日)
 予報どおりの雨があり、今日もしっかり雨。ここ当分は水やり不要であろう。助かる。
(4月9日)
 もう乾きかけている。水やり。コスモス種が芽吹き、引き抜く。以後、毎日水やりせねばならぬ。
 ところで、今年は一番大きいジョーロを使ったせいか、籾殻が偏ってしまう。これでは種も流れて偏ってしまうかもしれない。
(4月19日)
 毎日のように水やりしているから雑草の芽吹きが凄まじく、3、4回草引き。
 数日前からニンジンらしき芽吹きがほんの少し見られるようになった。今日で17日目になるが、それらしきものが増えてきて、どうやらニンジンの芽吹きが始まったようである。
 昨年、一昨年の例からして、この時期の芽吹きは、10数日後にポツリポツリと始まるようだ。今しばらく毎日水やりせねばならぬ。
(4月21日)
 昼から雨の予報で、今朝、最後の水やり。
 発芽率は非常に悪く、間引きをほとんど必要としない程度だ。
(4月24日)
 今年の水やりは一番大きいジョーロを使ったせいか、籾殻が偏ってしまい、種も一部が流れて畝の際で芽吹いたものもけっこうある。
 それにしても、ここは放置してあった畑だから雑草がすごい。今日もまた草引き。コスモスも芽吹いており、ニンジンと良く似ているから、果たしてどれだけのニンジンが芽吹いたのやら、定かでない。
(5月1日)
 かなり疎らながら何とか芽吹いて生長しつつある。ていねいに草引きし、畝の法面を削り上げ。
(5月2日)
 カラッカラに乾いている。農作業の合間に4回も水やり。
(5月8日)
 細かい草をきれいに取り除く。
 種が流れ落ちて芽吹いたもの数本あり。後日、移植しよう。←実行せず。
(5月25日)
 細かい草をきれいに引く。
 最初にして最後の選りを行う。一部疎らな所があるが、まずまず良い間隔に仕上がった。 
 法面の雑草をテンワで削り落とす。
(6月11日)
 細かい草をきれいに引く。
(6月26日)
 ほぼ同じ頃に種蒔きして、収穫できるようになったのは2014年は7月6日、2015年は6月19日。今年はまだ小さい。随分と差が出るものだ。小さいながら、今日、4本初収穫。
(7月11、19日)
 各回、10本ほどを収穫するも、大きなものは1本しかなかった。先割れなど不良が2、3割程度あり。
 例年より生長が悪いのは、家庭菜園に貸していた土地で、やせた土壌であったからか? 
(7月22日)
 10数本を収穫。小さめのものしかない。
(7月31日)
 10数本を収穫。やはり小さい。5本を水もらいした隣家へ。残りは3割。
(8月27日)
 残りを収穫。皆、小さい。評価は★★☆☆☆

<2015年>
(3月29日)
 昨年のこと。過去2年間のニンジン栽培の経験をもとに、3年目からは3回に分けて時差蒔きし、第1弾から第3弾まで順調に収穫できると踏んだ。ところが、昨年は夏の長雨で腐りが出たりして、あまりいい成績は残せなかった。
 そうしたこともあって、昨年の栽培途中で、翌年の作付け方針として、[2015年の作付け方針:第1・2弾を統合し、第3弾との2回種蒔きとしよう。そして種2種類で成長比較。]と、ブログに書き込んでおいた。しかし、これをすっかり忘れており、今日の種蒔き後にブログを書くにあたり、かようなメモの存在を知ったところである。加えて、なぜにかかる方針変更をしたのか、そのわけがよく思い出せないし、過去記事を読み直しても理由はどこにも書いてない。何ともお恥ずかしい限り。
 雨の直前が都合がいいとばかり、過去記事を見もせずにバタバタと今日種蒔きしてしまったのだが、何のためのブログなのかと言いたくなる。過去の反省を踏まえ、よりいい栽培法へと持って行くためのブログなのだから。自分で自分を叱ることしきり。
 済んだことはしゃあない。もう種蒔きをやり直すことはできず、今朝、実施したことをここに記録として残す。今後何かをやるときは、事前にしっかりブログ記事を見ることを肝に銘じて。
 ニンジンの種蒔き場所は、既に作成済みのダイヤグラムに従って、ネギ4畝のうち一番西の畝の収穫跡。
 まず、鍬で平べったい谷を作り、各種肥料(苦土石灰、草木灰、種粕、牛糞、鶏糞、有機肥料粒)を撒き、小型ビッチュウで軽くはつる。今日の種蒔きは第1弾(南3分の1畝=そう思い込んでいた)だから、その分だけ肥料の入れ込みをしようかとも思ったが、面倒だから第2弾、第3弾の分まで全部行うことにした。
 次に、鍬で土を戻し、台形の畝に大まかに整形する。
 そして、南3分の1畝を綺麗に整形し、鍬で転圧し平らにする。
 ここでニンジン「野口のタネ:春蒔五寸人参」(去年の残り種)を種蒔きし、モミガラで覆う。種は今回使った量と概ね同じ量が残ったから、第2弾なり第3弾で使えよう。
 お昼頃から雨となる予報だから、ちょうどいい。
 ということで、無事に種蒔きが終ったと思っていたのである。ちょっとだけ心配したのは去年の残り種だから、うまく芽吹かないかもしれないということ。昨秋、まさかと思っていたホウレンソウでこの失敗をした。
 さて、去年の反省の真意はどこにあったのか、もう1品種「野口のタネ:黒田五寸人参」を蒔こうか蒔かまいか、これについては2、3日考えてみよう。
(翌30日)
 よく思い出せないが、1番の理由は「3回にも分けると芽吹くまでの毎日の水やりが大変なこと」、2番目に「3回にも分けると途中で在庫欠乏の恐れがあること」である。よって、2回に分け、各回2品種で栽培比較し、適した方の品種を探り出すのが良かろう、ということではなかったか。
 そこで、今日、もう1品種「野口のタネ:黒田五寸人参」を6分の1畝に種蒔きした。これで、第1弾は2分の1畝の作付けとなる。
 ところで、昨日の雨は大したことなく、お昼過ぎには土が乾きかけている。よって、ジョウロでたっぷり水やりをした。昨年と同様に明日以降も毎日水やりがかかせないことだろう。
(31日)
 今日も暑いほどの陽気。ジョウロで水やり。明日は午前中雨模様だから水やりは不要になるか?
(4月1日)
 まずまずのお湿りであり、明日は晴れるが、その後5日間連続雨模様だから、水やり不要で大いに助かる。もっとも芽吹きまでに20日間ほどかかろうから、容易ではない。
(4月12日)
 3月29日に種蒔きした「野口のタネ:春蒔五寸人参」はけっこう芽吹きが見られた。14日目の芽吹き観測。翌日の「野口のタネ:黒田五寸人参」はまだのようだ。
(4月18日)
 春蒔五寸は順調な芽吹き、黒田五寸はまばら。連日雨模様が続き、これからまだ芽吹くだろう。選りは当分先。
(4月24日)
 本日、第1回選り。ただし、黒田五寸はまばらな芽吹きにつき、ほとんど選らず。
(5月5日)
 本日、第2回選りと草引き。
(5月10日)
 左が黒田五寸、右が春蒔五寸
DSCN0381.JPG

(5月16日)
 本日、最終の選り。若干の草引き。
(6月9日)
 うっそうと生い茂ってきた。法面に手ごわい雑草が勢力を増してきたので、法面のみ草引き。
(6月19日)
 「春蒔五寸」の太そうなもの10株ほど初収穫。いずれも良品。
(6月28日)
 「黒田五寸」の太そうなもの8株ほど初収穫。2株は先割れ。
(7月7日)
 「春蒔五寸」の太そうなもの20本程度を収穫。2割は割れが入り処分。残りはまだ細め。
(7月12日)
 「黒田五寸」の太そうなもの10数本収穫。3割は割れ、腐りで処分。
(7月26日)
 これ以上の生長は見込めないと思われる。
 「春蒔五寸」を10本程度収穫。2本は下のほうが少し腐っていた。残り20本ほど。
 「黒田五寸」は収穫せず。残り10数本。
(9月15日)
 ニンジンはたくさんは食べられない。3回ほど少しずつ収穫してきたが、今日残りの10本ほどを全部収穫。うち半分は先が腐っていた。
 お盆以降、ずっと長雨であったわりには腐りが少なかった感がする。まずまずの成功であった。
 夏収穫は「春蒔五寸」が「黒田五寸」より好成績であった。

<2014年の記録>
 一昨年初めて挑戦したニンジン栽培。何年か前に、おふくろに“ニンジンを作ってくれんか”と頼んだところ、”買やぁえぇ。”とつれない返事。
 百姓が超ベテランのおふくろ。うちの畑(沖積層)がニンジン栽培に最適ではないことを知っているからだろう。
 と言うのは、当地から3キロ東へ行くと、そこは各務原台地(洪積層・赤土)で、ニンジンの一大産地となっているからだ。
 でも、ニンジンは頻繁に料理に使うから、自家栽培したい。
 沖積層でも十分できるはずだ。
 3年前の秋、当時93歳のおふくろが体調を崩し、須賀前の畑への往復600mがきつくなり、一昨年は、畑仕事の全部を小生が行なうことになって、自分で自由に作付け計画が立てられるようになったから、ニンジン栽培に挑戦することにした次第。
 その結果は、先割れするものが多く、見た目には悪いが、味は良好であった。
 先割れの原因は、生長点が砂粒など当たって割れることも一因しているようだが、土壌菌のいたずらによることが多いようである。それを退治するのは容易なことではなさそうで、あきらめるしかない。
 昨年は、2年目の栽培となり、一昨年よりは少し上手にでき、まずまずの収穫を得た。種を3種類用意し、成長比較もしてみた。
 アタリヤ:極早生系三寸人参、アタリヤ:時なし五寸人参、野口のタネ:春蒔五寸人参(こだわりの旧来品種)の3つである。うちの畑には、野口のタネ:春蒔五寸人参が合うようで、発芽に大きな違いがあったし、収穫した根の大きさも断然大きかった。
 なお、昨年の作付けは次のとおり。
   第1弾 3月15日種蒔き  半畝
   第2弾 5月27日種蒔き 1/4畝
   第3弾 7月 2日種蒔き 1/4畝

 さて、3年目の今年。やはり3回に分けて種蒔きすることにするが、1/3畝ずつとしよう。そして、ホウレンソウの最終種蒔きをこの畝を使って1/3畝作付けすることにしたい。
 今年の作付け計画は次のとおり。
   第1弾 3月下旬種蒔き 1/3畝
   第2弾 5月下旬種蒔き 1/3畝
   第3弾 7月上旬種蒔き 1/3畝(この部分に先行して3月にホウレンソウを種蒔き、跡地に施肥し直して作付け)
 種は、昨年の3種類比較実験の経験で「野口のタネ:春蒔五寸人参」が芽吹きが良く、育ちも良かったので、その残りから使用し、冬越しは不向きとあるから「野口のタネ:黒田五寸人参」を第3弾の遅採り用に使ってみることにする。

 [2015年の作付け方針:第1・2弾を統合し、第3弾との2回種蒔きとしよう。そして種(たね)2種類で成長比較する。]

 1畝全体の下ごしらえを本日(3月2日)に実施。
 まず、施肥。肥料は、苦土石灰、牛糞、有機肥料(粒)、鶏糞、種粕を適当にばらまく。
 次に、ビッチュウで起こし。雑草がけっこうあり、何日か前にテンワ(手鍬)で叩いてあるが、なかなか枯れてくれず、隣のエンドウの畝に跳ね出す。後日、エンドウの畝の土寄せで埋め込むこととする。
 最後に、クワで畝の曲がりを直して、本日は終了。
(3月9日)
 使い捨てカイロから取り出した酸化鉄を撒き、軽くはつり、混ぜ込む。クワで畝を整形しておいた。
<第1弾の栽培>
(3月29日) 本日、1/3畝に種蒔き。
 野口のタネ:春蒔五寸人参を使用。ちょうど種袋が空になった。
 種袋の指示通り土を掛け籾殻だけを掛ける。明日は雨だから散水せず。
(4月2日)
 種蒔きの翌日はけっこうな雨で、籾殻と一緒に種が流れなかったか心配であったが、籾殻は流れていなかったから一安心。土も乾いておらず、明日の晩からまた雨模様だから散水の必要がなく、助かる。 
(4月の水やり状況)
 その後雨がなく、まだ土は湿っているが、念のため8日に水やり。少々乾いてきた10日からは17日まで連日たっぷり水やり。18日は小雨で水やりせず。19日は薄曇~晴れで多少乾き気味たが、まずまず芽吹いており、水やりせず。
(5月26日)
 その後は水やりは不要で順調に成育。ちょっと遅れたが、本日間引き。約10cm間隔になるようにした。併せて、草引きをしておいた。
(7月11日)
 7月6日に太そうなものを5本初収穫。皆、型が良い。今年はうまくいったようだ。
 昨年より2週間遅れで種蒔きし、初収穫も2週間遅れ。
(7月25日)
 まだ成長中であるが、本日、大きそうなもの10数本を収穫。8割がたが良品である。ニンジンはそうそう食べられるものではなく、お客様にもらっていただくしかない。
(本日、店内で撮影。Pタイルの寸法は30cm角ですから、大きさの見当が付きましょう。普通の大きさより少し大きめ?)
DSCN0322.JPG


<2013年の栽培記録>
 3月3日、下ごしらえと畑起こしをすることに。
 栽培する畝は長年グラジオラスを栽培し、化成肥料を与えていた畝であるから、まず苦土石灰を振ることにした。そして、有機肥料ペレット、種粕、酸化鉄(使い捨てカイロから取り出したもの)を撒いた。なお、牛糞も入れたかったが、まだJAから届いておらず、これは畝立てのときに入れることとする。
 施肥してから、畑起こし。ビッチュウでの人力作業である。
DSCN0051.JPG

 3月15日、予定を2週間ほど早め、昨年とほぼ同様な時期になってしまったが、本日、半畝に種蒔きすることとした。
 半畝に牛糞を撒き、小型ビッチュウではつる。クワで上部を均して台形に整え、種蒔きする位置をクワで押さえて平らにする。2列蒔きとし、幅は20センチとした。
 2種類の種袋には、3~5粒を10センチ間隔で蒔くとなっており、これに従う。
 種は3種類あり、成長比較のため、南から次の順番で種を蒔く。
 アタリヤ:極早生系三寸人参、アタリヤ:時なし五寸人参、野口のタネ:春蒔五寸人参(こだわりの旧来品種)
 さて、覆土であるが、アタリヤは種袋の説明では覆土するとなっており、種が隠れる程度に薄く覆土したが、野口のタネは覆土すると芽吹かないとあり、覆土せず。
 次に、モミガラを土が見えなくなる程度に撒く。(なお、野口のタネはモミガラを掛けよとなっている。)
 最後に、ジョウロで散水し、土を湿らせて発芽を促すとともに、モミガラが風で飛びにくいようにする。
 ここのところ雨が少なく、畑が乾き気味だから、毎日水やりが必要になろう。翌16日、17日と水やり。その後、雨。
DSCN0088.JPG

 3月31日になっても、まだ、芽吹きはしてなさそうである。畝が乾いており、ジョウロで散水。そしたら、直ぐに雨が降り出してきた。無駄骨。なお、モミガラが風で吹き飛ばされているので、再々度蒔いておいた。
 4月19日:4月第1週にまとまった雨があったが、その後は雨なしで発芽がほとんどなく、ここ数日、隔日や連続で水やり。疎らにどれだけか生えるも、昨年のようには芽吹かず。
 固まって生えたところを数株移植し、草引き。追加種蒔きが必要。
 4月23日:21日の雨で、明らかに伸びた。でも、疎らであるから、今日、追加で種蒔き。
 また、2センチ程度に伸びたもので、1箇所に2本かたまって生えているものは、選って1本にした。
 5月5日:まだ芽吹かず。あれ以来、雨なしで、ジョウロで散水。
 5月10日:どうやら生え損なったようだ。野口のタネはまずまずの芽吹きで、これを間引きするとき、数株を移植。
 5月26日:メロンの水やりのついでにニンジンにも水やり。草引きと併せて、間引き。引っこ抜いたものを移植したが、うまく成長するか?
 5月31日:前々日の久し振りの雨で、水やりの必要がなくなった。
 なお、引っこ抜いて移植したものは、ほとんど枯れてしまった。
 また、追加種蒔きしたものを今日選るとき、移植した。
 6月23日:その後、順調に成育し、第2弾の種蒔き後の水やりと併せて第1弾にも時折水やりし、選ったりした。そして、本日、初収穫。収穫したのは、成長が早かった野口のタネ:春蒔五寸人参である。
 やはり、先割れするものが多く、見た目には悪いが味に変わりはない。
DSCN0175.JPG

 7月1日:第2回目の収穫。10本強。3割は何ともならず捨てる。良さそうなのは5割程度。
 7月22日:雑草が繁茂。大きくなったニンジンは良いが、追加種蒔きや移植したものは小さくて雑草に負けそう。よって、全面的に草引き。
 消費が少なく、まだ7割方が残っている。
 8月2日:当初に生長した分は本日をもって収穫終了。追加種蒔きなどは生長中。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジャガイモの自然栽培を目論む [ジャガイモ]

 ジャガイモは買えばいい。北海道の北見産男爵がうまい。毎年当店の10月初めのセールで景品に出しており、好評でもある。これをどれだけか残しておけば、発芽が進む前の3月ぐらいまで食すことができる。その後は9月いっぱいジャガイモ料理が食卓に登ることがないのだが、夏場に有っても良かろう。3月に残っている芋を植えれば、6、7月に収穫できるというものである。
 ということで、2017年11月にジャガイモ栽培を画策したところである。そして、全滅してもかまわないから、自然栽培を導入することとした。

 その基本は、福岡正信氏の農法つまり「不耕起・無施肥・無農薬、雑草との共生」に従うこととする。氏の著『無「Ⅲ」自然農法』によると、果樹園でのジャガイモ栽培(野草化栽培)について次のように書かれている。
 ジャガイモは一度果樹園の中に植えておくと、その場所に毎年出来るようになって、地上を1、2メートルはって強大な生育をして、雑草にも負けないものである。…小芋だけを掘って…多少掘り残しておけば、種切れすることはない。
 野菜の野草化栽培は果樹園…とか空地利用が主目的であって、…多収を目指すと失敗しやすい…。それはたいてい病害虫の被害によるものである。…混植されて雑草とともに共存共栄させるという形になると、その被害はわずか…。
 野菜が出来ない所は雑草も出来ないのがふつうで、雑草の種類とその生長量を見れば、その場所が痩せているか、特別な欠点があるかもわかるものである。その欠点を自然に解消せられるような手段をとっておけば、案外巨大な繁茂した野菜を得ることができる。(引用ここまで)

 ということで、慣行農法では連作を避けねばならない(4、5年空けよ)とされているジャガイモを少々作付けし、同じ場所で永年栽培することにしたい。
 なお、「たんじゅん農」(無施肥・無農薬、若干の耕起と若干の除草)によれば、土壌改良として炭素素材をすき込むとよいとのことであり、晩秋に藁を入れ込んで土壌作りをしようと思っている。

 また、これも別の方の農法(福岡正信氏に近似)だが、「協生農法 実践マニュアル2016年度版」によると次のように書かれている。
 「P.20 野菜は半日陰でよく育つ。果樹との混合栽培が望ましい。」というものであり、その部分を以下に抜粋する。
 <野菜はなぜ半日陰でよく育つ?>
 一般の常識に反して、無肥料状態では野菜は日向より半日陰でよく育つ。これは、野菜の原種がもともと他の植物との混生密生状態で進化し、樹木の半日陰などの適した光合成効率を進化させてきたことに由来する。
 野菜類中心の収穫をする場合、果樹は育っても2~3m高に収まるよう剪定し、…果樹については収穫が目的ではなく、野菜が育ちやすい環境づくりが優先である。果実の収穫は副産物と考える。果実中心の収穫をする場合、果樹を他種混生し大きく育ってしまってよい。野菜類は果樹園の下草として補助的に生産できる。(引用ここまで)

 よって、うちでは柿の木エリアの果樹園(柿2本の西側)の淵を使い、西面(半日陰)と南面(若干日陰となるが、ほぼ良好な日当り)で栽培することとする。

<2019年>(連作2年目)
(2018年12月16日)
 夏ジャガに引き続き秋ジャガの栽培に取り組んだが秋ジャガは見事に失敗。
 跡地に柿の葉や枯草を埋め込みながら起こし、来春の畝づくりをしておいた。
(2019年2月3日)
 休耕田で焚火した草木灰のまだ熱いものを畝にばら蒔いておいた。
(2月17日)
 西側の南北方向畝の位置修正のためビッチュウで土起こしをし、畝の立て直し。
 南側の東西方向畝は畝が小さすぎるので、柿の木側から土を寄せ、大きくする。
(3月3日)
 保存しておいた10月購入のジャガイモ10個(1個100g)を2つ切りし、草木灰を付けておく。どれも1か所からかなり元気な芽吹きがあり、2つ切りした片方はほんの小さな芽しか出ていない。
(3月6日)
 柿の木の西側と南側に20片を植え付け。芽が大きいものは切り口上に、芽がほとんど出てないものは切り口を下にした。
(4月12日)
 今日見てみたら、元気良さそうな芽があちこち出ていた。順調そうだ。

<2018年>
(2017年11月13日)
 本日、予定の位置をビッチュウで起こし、枯草と藁を3段重ねで敷き込み。
 なお、南西の角に桑の木を移設したから、将来的には、より日陰が多くなろう。
(11月28日)
 畝をテボで少々崩し、手で刻み藁を混ぜ込む。これで、たっぷりと藁が入ったことだろう。
(2018年1月2日)
 畝が若干小さい気がして、果樹園側からビッチュウで土を少々削り上げておいた。
(2月25日)
 種芋は植え付け前に少々日に当てると良いとのことで、若干芽吹いている保存しておいたジャガイモ(10月購入のもの)9個を持ち出し、半日陰に置く。
(3月4日)
 種芋を2つに切り、草木灰を付け、半日陰干し。
(3月11日)
 1週間放置したから、だいぶ萎びた。40cm間隔で柿の木の西淵と南淵に植え込む。切り口を下にし、5cm程度土を被せた。
(4月7日)
 なかなか芽吹かないと思っていたが、今日、3割程度がけっこう芽吹いていた。
(5月22日)
 その後、1株は芽吹かなかったが、他は順調に生育。今までに1度、畝の削り上げを行ったが、今日、2度目の削り上げ。
 柿の木の南渕は、柿が茂ってきて、ほとんど日が射さなくなってしまった。
(5月28日)
 1週間前までは、きれいな葉っぱをしていたと思うが、ここへきて葉に黄色い点々が過半の株に現れ、どうやら夏疫病のようである。対処法はなさそうで放置するしかない。
(6月8日)
 その後の病変は大したことなさそうだが、全体に枯れそうになってきた株が幾つかある。
(6月11日)
 ほとんど枯れた数株を掘ってみた。50~100g程度の芋が30個ほど。樹体が小さかったから収穫量も少ないのであろう。
 2、30g程度のものは、畝に埋め戻しておいた。芽吹いて秋に収穫できるかも。枯草で畝を覆って雑草抑えにしておいた。なお、病変は止まったようだ。
(6月17日)
 収穫適期は6月20日頃だそうだから、残りを今日掘る。
 良い出来を期待したのだが、大半が柿の木の枝で日陰となり、散々な出来だった。1株に50~100g程度の芋が1~3個ほど。なお、前回同様に小さな芋を畝に埋め戻しておいた。
<引き続き秋ジャガの栽培>
(7月8日)
 畝の草引きを行ったところ、埋めてある芋が浮き上がってきていた。浅かったのか、雨で土が流れたのか。埋め戻すととともに、手で軽く土寄せをしておいた。
(7月19日)
 テンワで草削りし、畝下の雑草を叩き、削り上げ。
(10月8日)
 畑の畦を草刈り機で草刈りしたら、ジャガイモ畝の1株を刈り取ってしまったが、雑草と競争しながら幾株かジャガイモが生育していた。
(11月26日)
 今日現在で大半が芽吹いている。生育具合は悪く、地上部は6月に比べて、うんと小さい。今年は冷え込みもなく、イキイキ元気。枯れ始めたら掘ってみよう。
(12月16日)
 先日の冷え込みで地上部が凍みて枯れた。今日、掘ってみたところ、埋めた小さな種芋と同程度のものが2、3個できていただけで、全部処分。作付け失敗。
 柿の葉や枯草を埋め込みながら起こし、来春の畝づくりをしておいた。
(2019年2月3日)
 休耕田で焚火した草木灰のまだ熱いものを畝にばら蒔いておいた。
(2月17日)
 西側の南北方向畝の位置修正のためビッチュウで土起こしをし、畝の立て直し。
 南側の東西方向畝は畝が小さすぎるので、柿の木側から土を寄せ、大きくする。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感