So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ブロッコリー ブログトップ

9.6 ブロッコリーの栽培 [ブロッコリー]

 以前、お隣の専業農家さんからブロッコリーの苗をもらったり、もらわなかったりで、気まぐれ的に今は亡きおふくろが自宅前の畑で数株栽培してきた。ブロッコリーは冬野菜として欠かせないものであり、須賀前の畑に空き畝が出てきたので、2012年から半畝(約5m)ないし1畝の栽培を始めた。なお、残りの半畝はカリフラワーである。
 2012年は、9月16日と29日の定植で、定植に当たり農薬オルトランを振っておいた。やっと1月下旬になって収穫を始められた。2月に鳥害が発生し、慌てて防虫ネットを鳥除けに覆ったところである。
 2013年は、9月5日と14日の定植で、定植に当たり農薬オルトランを振っておいた。この年から有機肥料だけを使用。葉を食われる被害に対し、9~10月に農薬(パダン、プレオ フロアブル)を噴霧したが、効果のほどは不明。11月18日に初収穫できたが、小さなイモムシがいっぱいいた。その後、3月初めまで順調に収穫でき、大成功であった。
 2014年は、9月7日の定植で、自然農法をなるべく取り入れることにし、既に立ててあった畝を少し低くし、どれだけかフラットに近い形状にした。昨年同様に有機肥料だけを使用。なお、オルトランを使用したが、その後の農薬噴霧はせず。11月29日に初収穫し、その後順次収穫でき、大成功であった。
 2015年は、自然農法をさらに取り入れ、無起耕とした。8月29日に定植穴に牛糞を入れて定植し、施肥は後日畝の法面に埋め込み。基本は有機肥料で少々化成を加えた。9月19日、念のため防虫ネット張りしたが、風が通らず、アブラムシが湧き、10月22日にネットを除去。11月17日に初収穫し、その後順次収穫できたが、生育が悪いものが多かった。原因不明なるも、無起耕とネット張りが良くなかったのかも。
 2016年は、自然農法をいったん白紙に戻し、通常の畝立て(有機肥料敷き込み)をし、雑草皆無からスタートさせた。8月25日にオルトランを振ってから定植。生育が良く、11月中に主玉を全部収穫し、脇芽も順調に収穫でき、大成功であった。
 2017年は、別の自然農法に挑戦することに。今回は「たんじゅん農」(炭素循環農法)であり、施肥は炭素素材を重点とし、極力窒素素材を避けるというものである。炭素素材(容易に入手できるのは刻み藁)の投入が不可能で、雑草の枯草を入れ込むしかなかった。無肥料栽培したトマト跡に苗を定植することし、半畝弱を使い、残り半畝強はカリフラワーとした。施肥しなくても順調に成育し、平年作であった。虫食いは例年どおり。2月になってから鳥害が発生し、ネット張りした。

<2018年>
 昨年のブロッコリー、前作のトマト、そして今季のブロッコリーと、年2作を同じ畝で連作し、かつ、無肥料・無農薬(自然農法)栽培とする。参考としたのは次の農法である。
 「たんじゅん農」との出会い、そして河名秀郎さんの「自然栽培」との出会い
 三浦伸章「ガッテン農法」を知る
(8月13日)
 前作の自然農法によるトマトがまだ未収穫の数本を残し、後作ブロッコリーのため雑草をきれいに削り取り、法面に溝立てし、雑草を埋め込み。
 スコップで畝起こしもどき(スコップを差し込み、前方に軽く押し、隙間を作り、空気を入れる。後退しながら、20cmピッチで順次行っていく。参照:三浦伸章「ガッテン農法」の一手法)。
(8月20日)
 残りののトマトを片づけてスコップで畝起こしもどきを行い、畝全体の両側の法尻も同様に行う。
(8月31日)
 強い台風が9月4日頃に来そうなので、苗を事前に確保しておくべく、8株をJAで購入し、台風後に定植することに。
(9月6日)
 4日昼間に台風が通過し、5日は晴れたから、今日、8株を所定の畝(カリフラワーと共用畝)の南側に定植。
 「ガッテン農法」によると、「植えつけ前に酢水(合成酢でないもの、300倍散)に漬けて10~15分間、底面吸収させる。有機酸によって土壌微生物が活性化し、根の活着を助ける」とあり、もらいものの竹酢液で、これをやってみることにした。
 「ガッテン農法」によると斜め植えがよいとのことであるが、苗が小さいので深植えするにとどめた。株間は目分量で約40cmとした。
 なお、植え付けに当たっては、「ガッテン農法」によると土の表層は土壌細菌が違うから、これをはねておき、植え付け穴に入れないようにすることとなっており、これに従った。
 そして、コンパニオンプランツとして春菊がよいとのことで、畝の法尻に粗くスジ蒔きしておいた。雨模様につき覆土せず。
(9月30日)
 再び大型台風が襲来する。株元に手で土寄せし、ぐらつき防止。
(10月15日)
 雑草抑えと後作のトマトのため、休耕田から枯草を持ち込み、畝に敷き詰める。
 コンパニオンプランツの春菊が少しずつ生長しており、株周りの草をざっと引く。
(12月2日)
 今日、一番大きい球を初収穫。昨年の11月は低温が続いたが、今年はずっと高温続きであったものの、収穫時期は昨年とほぼ同じ。
(12月10日)
 今日、2玉収穫。順調に玉が膨らんでいる。評価★★★☆☆

<2017年度の記録>
(8月25日)
 本日、畝作り。須賀前のトマト跡の畝に枯れた雑草が乗せてあり、これを畝下にテンワで退ける。小型ビッチュウで土を移動させ、雑草を覆い隠し、畝の峰を若干ずらす。再びテンワを手にし、畝整形。
 これにて畝作り完了。前作のトマトは施肥なし。今回も施肥なしでいく。肥料らしきものは枯れた雑草だけであり、これは堆肥化し、土壌細菌の餌となる。「たんじゅん農」(炭素循環農法)のやり方を概ね踏んでいるつもり。
 なお、苗の植え付けは昨年より1週間遅らせ9月2日を予定する。カリフラワーと同じ畝とし、南3分の1強を予定し、8株とする。カリフラワーは16株を予定。
(9月2日)
 昨日JAで苗を8株購入。今朝、定植。
 土はほどよく湿っているが、今後好天が続くので、植え付け穴に水をたっぷり差す。少々土を戻し、ポット苗を定位置に置き、防護壁を当て、土を壁の内外に入れ、軽く転圧。
 なお、防護壁とは、ネキリムシ対策にペットボトル(500mlから2個、円筒状に切り取り、後で外しやすいように2分割)を城壁のようにしたもの。地面から2cm埋め込めば効果があるとのことだが、3cmは埋め込んだ。
(9月3、4、5日)
 ずっと晴天が続くので今日(3日)念のため水やりに行く。少々しなびていたのでちょうど良かった。防護壁に溜まった水が真下に浸み込んでいくから効果的だ。4日、5日も水やり。5日夜から雨。
(9月9日)
 活着し少し大きくなった。1株がネキリムシの被害に遭う。2、3日前にやられたようで、30cm四方を探ってみたがネキリムシは見つからず。
(9月10日)
 また1株ネキリムシの被害に遭う。30cm四方を探ってみたがネキリムシは見つからず。
(9月11日)
 9日間で随分と大きくなった。欠損2株に購入苗を防護壁を当てて植え付け。
(9月17日)
 先植えがかなり大きくなった。もうネキリムシは大丈夫だ。防護壁を外し取り、株元に手で土寄せし、ぐらつき防止。
(9月18日)
 昨夜の台風で大半が傾いた。再度、株元に手で土寄せし、ぐらつき防止。
(9月24日)
 補充した2株が随分と大きくなった。もうネキリムシは大丈夫だ。防護壁を外し取り、株元に手で土寄せし、ぐらつき防止。
(10月1日)
 細かい草が生えてきている。手で畝を削り上げながら株元に土寄せ。
(10月9日)
 畝の両面から削り上げ。
(10月23日)
 台風の吹き返しで若干傾き、手で土寄せし、起こしておいた。
(11月10日)
 実が少し大きくなったものあり。カリフラワーを収穫したので、その葉っぱでブロッコリーの実に被せておいた。葉っぱの虫食いは例年どおりどれだけかあり。
(11月29日:初収穫)
 大きくなりつつあるブロッコリーの玉の上に収穫して処分したカリフラワーの葉を乗せておいたら、玉と葉の間にイモムシがおり、少々玉を齧ったようだ。そうしたことが2、3度あり、今日、1玉収獲したとき、葉は全部外しておいた。今後、順次、1玉ずつ収獲できよう。
(12月22日)
 葉っぱ乗せは、すぐに止めた。今日1玉を収獲し、残りは1玉。
(2018年1月7日)
 最後の1玉と、脇芽で大きそうなものを数個収獲。あとは2月すぎにならないと収穫できないだろう。今のところの評価★★★☆☆
(2月12日)
 真冬でも少しずつ大きくなる。昨日、大きそうな脇芽を収獲。
 外葉を鳥にけっこう食われており、防鳥ネット掛け(2枚つなぎ5m)。
(3月18日)
 その後、脇芽を2回ほど収穫し、本日も収獲。質の良いものがまだ採れそう。
(3月25日)
 脇芽の玉がばらけだしてきた。最終収獲し、切り刻んでその場で処分。
 その畝に刻み藁を少々ばら撒き、畝間の土を薄く掛けて、夏野菜用の畝とした。

<2016年度の記録>
 昨年取り入れた自然農法をいったん白紙に戻し、今年は通常の畝立てをし、雑草皆無からスタートさせた。
(8月7日)
 肥料(苦土石灰、種粕、鶏糞)をばら撒いてから、ビッチュウで起こし、均して、鍬で畝立てをしてある。
(8月25日)
 少々早いが、昨日キャベツ苗を買いに行ったので、ついでにブロッコリーの苗も8株購入。
 24日は良いお湿りがあり、3、4日後から雨模様だから、ちょうどいい。
 今朝定植。テボで大きめに穴を掘り、牛糞を少々入れ、軽くかき混ぜ、農薬オルトランを振り、定植。
 2013年以来のオルトランの使用である。3週間ほど残留性があり、初期の虫害に効果があろう。
 なお、苗売り場に「ブロッコリーは初期肥料は少な目に。生長してから追肥するがよい。」と説明書きがあった。よって、牛糞堆肥を入れるのをためらったが、追肥なしでいきたいから、当初予定どおり牛糞を入れることにした。 
(10月16日)
 順調に生長している。畝の両側の削り上げ。
(11月6日)
 1株だけ大きな玉になっている。本日、それを収穫。
(11月30日)
 主玉の収穫は終わり、脇芽の収穫を全部したが、大した量はない。成長が止まった感がし、次回は初春になろうか。
(2月24日)
 真冬にあっても少しずつ脇芽が膨らみ、何度か収穫できている。
(3月15日)
 蕾がばらけだし、最終収穫。評価★★★★☆

<2015年度の記録>
<2015年の記録>
 エンドウ栽培の跡地で作付けすることにしたのだが、なるべく自然農法に近づけようと草ボウボウにしておいた。凄まじい茂りようで、作付け準備に往生した。
(8月2日)
 鎌で草刈した。
(8月15、16日)
 枯草を畝間に除け、まだ生き残っていた草を刈り、あまりに根張りの凄いものは引き抜いた。
(8月23日)
 テンワ(手鍬)で細かい雑草を叩くとともに、飛び出した根っこをつまみ出す。
(8月29日)
 一昨年や昨年より1週間早く苗(ブロッコリー8株、カリフラワー12株)をJA売店で買ってきたが、ここのところ連日雨模様で畑に入れなかったが今日は薄日も差し、何とか畑に入れたので、午後4時頃から一連の作業を開始。
 まず、苦土石灰を振る。次に、ブロッコリー8株は株間を広めに取り、カリフラワー12株は株間を狭くして位置決めする。
 テボで大きく穴を掘り、牛糞をたっぷり入れる。土と適度に混ぜ合わせてから、植え付け。
(9月10日)
 先日、ネキリムシに株元から食い千切られたものが3株あった。本日、苗を購入し補充。
(9月15日)
 西面を鍬で溝を立て、施肥(鶏糞、種粕、有機肥料粒、化成)
(9月19日)
 虫に葉っぱを食われる被害は全く出ていないが、念のため防虫ネット張りした。
※1か月後ネットがためにアブラムシが湧いた株を複数発見。
(9月20日)
 ネキリムシに株元から食い千切られたもの1株を補充。ここまで8株のうち4株に被害あり。
(10月22日)
 草木灰を畝全体にばら撒く。そのためにネットを除去した。概ね順調に生育中。
(10月23日)
 草引きと畝の手入れ。ネットがためにアブラムシが大量に湧いていた株あり。
(11月17日頃)
 1株のメイン塊が食べ頃になり、収穫。
 成長ぐあいがバラバラで、年内収穫は無理か?何にしても今年は生育が悪い。原因不明。
(12月28日)
 その後、大きくなったものを順次収穫。本日、主球が小さいもの、脇芽のまあまあ大きそうなもの全部を収穫。あとは、春になてからの収穫となろう。
(3月4日)
 2月中頃から脇芽を鎌で刈り取って収穫。
 皆、育ちが悪く、大した収穫はできず。また、塊とならずバラバラに開いた株が大半で、もう終了間近といった感がする。
(3月27日)
 2株はまだ何とか玉になっているが、他は開き切り、処分。
(4月2日)
 本日ほんの少々最終の収穫。処分し畝壊き。

<2014年度の記録>
 半畝(12株)は多すぎるので、今年は8株に止め、残りはカリフラワー14株とした。
 畝は8月末に既に立ててあり、肥料も畝の下に入れ込んである。使った肥料は、有機肥料粒、牛糞、鶏糞、種粕であり、化成肥料は昨年の夏野菜から使わないことにしている。
 さて、9月になってから、急きょ自然農法を順次なるべく取り入れることにした。よって、植え付けに当たっては、既にできている畝を少し低くし、どれだけかフラットに近い形状にしたい。例年、生長するに従って畝の両面を土寄せしていたが、これを止めることにしたので、植え付けは畝の峰に少々窪みを付けて行うこととし、生長してぐらつくようであれば、株周りに手で土を軽く寄せることとする。
 さて、自然農法となれば当然に無農薬となるが、初期に虫食いがけっこうありそうで、在庫があるオルトランを使うことにした。20日間(?)程度の残留性がある農薬である。これを植え付け穴に適量振り、根から農薬を吸わせるのである。当面、どれだけかは防除効果があろう。
<苗の植え付け>
 9月7日、JAで買った「緑帝」なる品種8株を定植。
<ネキリムシに株元から食い千切られる被害>
 10月1日に1本あっただけ
<イモムシか何かに芽を食われる被害>
 昨年は2株発生したが、今年はなし。
<葉を食われる被害>
 生長に影響することはなさそうで農薬噴霧は全くせず。
<収穫>
 11月29日に初収穫。その後、順次収穫し、1月上旬には主玉の収穫を終る。
 1月半ばに脇芽の玉を初収穫。3月8日には脇芽の玉が随分と大きくなり、どっさり収穫。
 4月9日に少々を最終収穫。
 今年は8株に止めたが、ちょうど良い量であった。

<2013年度の記録>
 昨年の定植が遅すぎたので、今年は9月初めに苗を定植することとし、9月5日と14日に苗をJAで買ってきた。
 畝はあらかじめ立ててあり、肥料も下に入れ込んである。使った肥料は、有機肥料粒、牛糞、鶏糞、種粕であり、化成肥料は今年の夏野菜から使わないことにしている。
 植え付け手順は、かまぼこ型の畝の法面に窪みを付け、農薬オルトランを振り、植え付け。防虫ネット掛けはしない。面倒だから。
<ネキリムシに株元から食い千切られる被害>
 1本あっただけ
<イモムシか何かに芽を食われる被害>
 2株発生。10月13日に新たな苗を植え付け。
<葉を食われる被害>
 9月25日、10月13日、28日に農薬(パダン)を噴霧。11月9日に農薬(プレオ フロアブル)を噴霧。効果のほどは不明。
<追肥、土寄せ>
 10月6日に畝の両面とも土寄せし追肥(ようこん[動物残渣ペレット]、種粕)。11月24日に草木灰を撒き、両面から土寄せ。
<水やり>
 雨が降らず、9月末に2度ほどと10月7日に水やり。
<収穫>
 11月18日に1個を初収穫。小さなイモムシがいっぱいいた。
 その後、主玉は年内に半分ほど収穫でき、2月にほぼ終る。
 年明け後、脇芽の小玉を少々収穫でき、2月から3月始めまで順調に収穫。
 4月1日、いっぱい脇芽が出ているがほとんど開いており、一部は花が咲き出した。少々収穫し、処分。
 それにしても、2年目の今年は調子よく収穫できたものだ。

<2012年度の記録>
 今年初めて小生が栽培に取り組む。
 苗の植え付けは、お隣さんの話ではお彼岸の中日辺りでよいとのことであった。JAの売店で2回に分けて苗を買い、9月16日に8株、29日に7株を定植し、その後、根元から虫に食い千切られた株がカリフラワーを含めて3株生じたから、10月14日にブロッコリーの苗を3株買い補充した。
 なお、定植に当たり、農薬オルトランを振っておいてのだが、心配した虫食いは大したことなくホッとしたところである。ただし、2月に鳥害が発生し、慌てて防虫ネットを鳥除けに覆ったところである。
 年内に収穫できないかと思っていたが、全くダメで、やっと1月下旬になって収穫を始められただけである。これは11月12月の低温にもよるだろうが、遅植えが原因していよう。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ブロッコリー ブログトップ