So-net無料ブログ作成
24節気毎の野菜収穫見込み ブログトップ
- | 次の20件

24節気毎の野菜収穫見込み:寒露から霜降まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養「寒露から霜降まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

 夏野菜は、もうほとんどが終わりましたが、ピーマンは収穫量が減るものの11月半ばまで収穫が続きます。
 秋冬ニンジンの収穫が始まります。
 9月に時差種蒔きした大根の選り葉が順次収穫できています。
 そして、昨年から栽培に取り組んでいるショウガが収穫できるようになります。
 薬味の類としては青シソ、三つ葉が収獲出来ますし、ニラは間もなく最後の刈り取りとなりましょう。
 果物は柿の木がありますが、昨年まで3年間は無農薬であったがためにヘタムシの被害がひどくて大半が落果してしまいましたが、今年は真冬に幹の皮をはぎましたので、ヘタムシの越冬をかなり阻止でき、けっこうな収穫ができる見込みが立ち、間もなく順次収獲の運びとなります。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:秋分から寒露まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養「秋分から寒露まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

 最後に、今回も、うちの自家栽培野菜などの状況をご紹介させていただきます。
 夏野菜は、もうほとんどが終わり、残すは白ナスとピーマンだけです。
 白ナスは寒露の頃まで収穫が続きそうです。
 ピーマンはとても足が長く、夏秋野菜と言え、11月半ばまで収穫が続きます。
 薬味となるミョウガ、青シソ、三つ葉はいつでも収獲可能ですし、ニラもまだ採れます。
 これから旬となる秋冬ニンジンの収穫が間もなく始まります。
 9月に種蒔きした大根の選り葉が順次収穫できるようになります。
 果物では今年はイチジク(ダルマティー)1本だけですが、鳥に全部突かれてしまい、無収穫となり、残念です。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:白露から秋分まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養「白露から秋分まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

 昨年の冬野菜の一部、今年の夏野菜の全部から、無肥料栽培に取り組んでいますので、その影響を受けて不作なものが幾つか出ていますが、思いのほか順調です。
 夏野菜は、もうほとんどが終盤となり、終ったものも多いです。
 キュウリは足が短く、3回にわたり時差栽培していますが、最終の第3弾がチョウ不作で、例年なら今頃盛りとなりましょうが、今年はもうダメです。十六豆(十六ササゲ)は第1弾、第2弾とも数日前にパタリと終ってしまいました。オクラ、ゴーヤももう終わりです。
 ナス(白ナス・紫ナス)は足が長いですが、紫ナスは今夏の猛暑と旱魃で生育が悪くて実がほとんどつかず何ともなりませんし、白ナスは多少収穫ができているものの無肥料栽培ゆえか、かんばしくありません。
 ピーマンは順調にいっており、これから収穫がピークとなります。 
 枝豆を時差栽培していますが、最終の第3弾の収穫が続いています。
 薬味として、ミョウガと青シソがあり、これはまだまだ収穫できます。
 てんぷら用に夏大根を栽培していますが、今年は猛暑で第2弾、第3弾が全滅し、第1弾の残りを土の中に埋めてあるのですが、もう傷んでいて食べられないかもしれません。
 夏キャベツも栽培していますが、猛暑がために成績が悪く、小さな玉にしかなっていません。
 なお、カボチャは納屋で備蓄していますが、今年は無肥料栽培がたたったようで、チョウ不作となって残り4個しかなく、冬至までもつことはあり得ず、残念なことです。
 果物は、今年はイチジクが1本だけで、夏生りもそうでしたが、今頃食べ頃となる秋生りも全部鳥に突かれてしまって無収穫に終わりました。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:処暑から白露まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養「処暑から白露」までについては、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

 夏野菜も、この時期になると多くが終盤となり、終ったものも多いです。
 キュウリは足が短いですが第1弾が思いのほか長く収穫できたものの、もう終わりました。期待していた第2弾は初めて栽培した品種で、初生りは苦味がきつくて食べられず、よって放置し、先日処分しました。最後の望みの第3弾は樹勢は立派なものですが、実がなかなかつかず、いつになったら収穫できましょうや、といった状態。
 普通の紫ナスはカラカラ天気がために水不足で生育が止まり、生った実もなかなか大きくならず、カチンカチンになり、ずっと収穫できませんでしたが、これから秋ナスとしてどれだけか収穫できるでしょう。うちのメインは白ナスで、紫ナス同様な傾向が少々あるも、何とか収穫できており、23日以降の台風の雨で実の膨らみが加速することを期待しています。
 ピーマンは順調に成育し、これから収穫がピークとなります。
 十六豆(十六ササゲ)は第1弾が復活し多収穫できていますし、小休止の第2弾もこれから復活することでしょう。
 猛暑にもかかわらずオクラは順調で、ゴーヤも何とか収穫できています。
 枝豆は第1、2弾の収穫が終わり、間もなく第3弾を収穫することになります。
 カボチャは不作で、収穫済みですが、保存食糧として備蓄しています。
 薬味として、大きく生長した青シソがありますし、ミョウガが取れ続けています。
 夏ニンジンは不作でしたが、まだ半分残っています。夏大根は第1弾が腐りはじめ、第2弾、第3弾ともに異常な猛暑がために全滅しました。
 夏キャベツは第1弾が終わり、第2弾、第3弾はずっと先になりそうです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
- | 次の20件 24節気毎の野菜収穫見込み ブログトップ